September 21, 2017

【SFC】SD機動戦士ガンダム2 の情報

SD機動戦士ガンダムの続編。
「ガンダムⅡ」といえば哀・戦士だけど、これは「ガンダム2」でZガンダムのゲームだ。そして当たり前のように発売されないZZの「3」。

ゲームシステムは、1作目をほぼ踏襲。難易度は見直され、今回の方が易しめになっている。使用できるキャラが3種類に増えて、それぞれでステージが違うのでボリュームがある。

SDガンダムだからパイロットは存在せず、それ自体が生命体なので、ゼータの原作通りにストーリーが進んでエンディングでは全員お亡くなりになる。それでいいのかw

01_title

SD機動戦士ガンダム 2

スーパーファミコン
発売日:1993年9月23日
開発:トーセ
ジャンル:強制横スクシューティング(アクション寄り)
ステージ数:6 x3 (+3 BL)= 21
セーブ機能:なし
難易度選択:3段階
コンティニュー制限:最大3回(無限にできる)
2人対戦可
2人協力可

資料価値2
クリア時間1
クリア難度5
個人的好き度3

・TV準拠のステージ構成になっているが、ストーリーには全く触れられていない。台詞もないし、ゲームとしてはストーリーなんて あってないようなものだ。注目ポイントは原作にはない黒いMk2が主役のステージの存在。なんとなくストーリー仕立てに見えるのだが、台詞もないので内容の詳細は想像するしかない。
今回のも説明書に漫画が載ってる。

・前作はアムロ視点の一年戦争のみだったが、今回は「Zガンダム」を3つの視点に分けてステージ構成されているので、プレイ時間は前作の3倍程に伸びた。それでも1本20分程度だから2時間あれば全クリアできそう。

・クリア基準問題で悩みました。難易度をHARDにするとエンディング後のスタッフロールだけ変化。そのスタッフロールは全キャラ共通。一番難しいのは百式HARDなんですが、簡単なMk2HARDのクリアでも同じものが見れると考えれば、百式HARDをクリアしても得るものはないです。その百式HARDの難度だけで5点を付けました。NORMALまでのクリアは相当簡単なんだけど、HARDになると難易度が跳ね上がる。というわけで平均難易度は低いです。

・「V作戦始動」に比べるとゲームの戦略性が薄れたと感じる部分が多々ある。とはいっても基本的には同じものだし、音楽かっこいいし、ステージ数増えたし、プラスになっている面も多々ある。

03_sd

これがプチモビだとしたらSDのサイズ感が分からない。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2017

【SFC】SD機動戦士ガンダム V作戦 の情報

ゲームのタイトルは"SD"機動戦士ガンダムですが、機動戦士"SD"ガンダムのアニメのロゴと文字の位置が全く同じなので混乱します。
公式ガイドブックの背表紙が機動戦士"SD"ガンダムになっていて、本人が混乱してるくらいです。

01_title

SD機動戦士ガンダム V作戦始動

スーパーファミコン
発売日:1992年9月12日
開発:トーセ
ジャンル:強制横スクシューティング(アクション寄り)
ステージ数:7
セーブ機能:なし
難易度選択:3段階
コンティニュー制限:最大3回
2人対戦可
2人協力可

資料価値2
クリア時間1
クリア難度4
個人的好き度3

・対戦モードで使える2Pキャラの色が独特。また、2Pの使うプロトタイプガンダムが赤色なのもこのゲーム特有。説明書に横井著のマンガが載ってる。

・30分あればエンディングまで行ける。強制スクロールなのでクリア時間はだいたい決まっている。難易度イージーだとステージ数が少ないのでもっと早く終わる。

・エンディングを見るには難易度ノーマル以上でクリアする必要がある。そしてハードにしてもエンディングの内容は変わらない。ということでクリア難度は4にします。クリア条件がハードなら5を付けたでしょう。
ボス戦は無敵ありきの調整なので、それを知らないと厳しいバランス。
ステージ戦は構成を知ってる前提=初見はNTじゃないと攻略できないバランス。


・ガンダムの こういう横スクロールのタイプのゲームって、作るの簡単そうなのに意外と無いものですね。あとはセガサターンでも出ているやつも好きです。
こっちはSDガンダムなので、ダメージ表現だったり、しゃがみアクションがコミカルでビジュアル的にも楽しめました。

見た目はコミカルでも敵の攻撃は激しいゲームバランスに。
ボス戦にもなると、直前のタイミングで無敵になる準備をしておかないと対応できないんじゃないかと思えるほどでした。シューティングなので、その辺のタイミングは何度かやって覚えておいた方が良いでしょう。やりごたえのあるゲームといえます。
2人で協力プレイもできるし、ボス戦のアクション形式を使った対戦モードもできるし、良作。

 
【簡単に紹介】

Photo

アイキャッチやサブタイトルの音楽を再現
ゲームの流れはファーストガンダムのシナリオ通りに進んでいく。
しかし実際にはSDの征服を企む3番目の宇宙基地が云々というオリジナルストーリーなのだが、そんなことは知らなくて良い。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2017

【WS】Gジェネ ギャザービート1 その2 ストーリーまとめ

ストーリーはシンプルな方で
ギャザビ2よりはまとめやすかった。

ストーリーの成分はファーストが大半。
ウイングは敵として頻繁に出てくる割には登場人物が少ない。
0083と08MSの成分も少しある。これは敵がジオンという理由が大きいのではないか。
あとのシリーズの成分は些細なもの。
 
 
【勢力図】

01_giren

1話の時点
連邦軍 vs ジオン軍+ロームフェラ財団

最終話
連邦軍+ムーレィス+ジオン軍キシリア派 vs ジオン軍ギレン派+兄弟
ドモンやヒイロは個人的に協力


宇宙世紀0079年の科学レベルはムーンレィスの技術を吸収したロームフェラがジオンに協力したことで宇宙世紀0093年くらいのものになった。

ドクターJの所属は不明
ウイングガンダムを作る技術力は異常だけど、原作から異常だったから、これが通常運転なんだろう。
ドモンのガンダムはカッシュ博士とミカムラ博士が開発。ウイングほどの能力はないものの、アルティメット細胞なんてものを作り出した。
ちなみに今作には操縦タイプが存在しないので、乗り換えで誰でもモビルトレースシステムを扱える。

 

【ストーリー要約】
4ブロックに分けると分かりやすい
 
[
ステージ内訳]
1~5 ホワイトベース編 (ジャブローに到着するまで)
6~9 グレイファントム編 (ジャブローを取り返すまで)
10~16 アーガマ編 (ミカムラを探してムーンレィスに出会う)
17~20 ネェルアーガマ編 (ラスト OZやジオンとの決着)

・ホワイトベース
ザクがサイド7に侵入したとこから
ほぼ史実通りに進行
何度か戦闘になりながらジャブローに到着
アプサラスによる攻撃でジャブロー司令部は壊滅
レビル将軍はジャブローを放棄してベルファウストに撤退

・グレイファントム
正式な部隊となったブライトの部隊
ジオンが集結しているというオーストラリアに行く任務
トリントンで核装備のガンダムを奪われてしまう
追撃して打ち上げ前のガンダム破壊に成功する
レビル将軍はジャブロー奪還作戦を決行し、これに勝利

・アーガマ
科学者の失踪が多発している件を受けて
各地の科学者を保護しに行く任務に就く
何度か戦闘を繰り返しミカムラ博士と合流
サイド6で軍備を増強していたOZと衝突
ミカムラ博士からOZ発足の原因としてムーンレィスの存在を明かされる
ムーンレィスに会いに行き協力を得る

・ネェルアーガマ
ソロモンを攻略
レビル将軍はOZの捕虜となる
キシリアは暗殺される
シャアはキャスバルとしてギレンに宣戦布告
ブライトの隊が単独でレビル救出のついでにOZを壊滅させる
キャスバル派ジオンに協力を求める
アバオアクーで決戦
ギレンはドロスごとフロスト兄弟に沈められる
グロムリンはAI操作で、フロスト兄弟はガンダムで別にいるラスボス3体構え
フロスト兄弟を倒して、その野望は阻止された
 
 
【解説】

この世界のムーンレィスは宇宙世紀以前から月に住み着いており、高い技術力を持つ。世間から隠れ住んでいて、その存在は未だ確認されていない。
5年前にムーンレィスと遭遇したミカムラ博士が技術を盗用し発表してしまう。
そこで勘付いたのかロームフェラ財団がどうにかしてムーンレィスを発見し、技術者を誘拐して戦争に利用する。
ジオン軍はロームフェラから軍事力の提供を受けて、史実より早いペースで、オデッサ作戦よりも早くジャブローに侵攻できた。

今もなお技術者は誘拐されていて、1話で拉致されるテムレイはAI開発に利用されて、ライゾウカッシュはグロムリンの再生機能に利用されたと思われる。
ロームフェラ財団は当初は連邦とジオンの潰し合いを傍観していたようだが、OZの戦力を危険視されてブライトの独立部隊との戦闘で壊滅した。
ギレンの方もいづれはOZを叩くつもりだったようだ。
戦いは三つ巴にはならず、連邦とジオンの戦いで幕を引いた。
ムーンレィスは今後、表に出てくるようだし、ジオンの子のキャスバルの組織も存在する。
とりあえず危険分子を排除したといったところでゲームは終わり。

ギレンの目的は人類を1/3にすることらしい。
フロスト兄弟の目的は世界を滅ぼすことらしい。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2017

【WS】Gジェネ ギャザービート(1)の情報

0080のブルーレイのブックレットに書いてたことなんですが、「ハイゴッグ」ってデザイナーはハイザックと同じニュアンスで「ハイゴック」と名付けていたと知って衝撃でした。
いつからハイゴッグになったのかって、世に出た時には既にハイゴッグでしたけど、ゲームでハイゴックの誤植がやたら多いのって、この影響があったってことですよね。
01_back_stage
ギャザビは内容少ないから1周するだけでいいかと思ってたはずが、検証したいことが増えた結果3周もすることになった。イベントを起こさないパターンの別イベントがたくさんあったりするから、その辺は丁寧に作られてるのかな?

ガンダムゲームに限定したとしても、まだまだプレイしたいゲームはたくさんあるのに、予想外に時間使った。

02_title

SDガンダム Gジェネレーション ギャザービート
(G generation gather beat)

ワンダースワン
発売日:2000年7月13日
開発:ヴァンガード
ジャンル:シミュレーションRPG
ステージ数:20+ex6
セーブ箇所:3
通信ケーブル対応:対戦
ワンダーゲート対応:ユニットとキャラの追加
ワンダーウェーブ対応:GジェネF用データ作成

資料価値4
クリア時間3
クリア難度2
個人的好き度4

魅力的なオリジナルシナリオ。暗躍するフロスト兄弟やデルマイユ侯の目的とは。
入口は同じなのに、いろいろと違ってくる一年戦争を体験できる。
サイコミュ実験機ジャグラーやEz8の改造機など、後のシリーズにも継続して登場するオリジナルのMS/MAが登場した最初の作品。

・1ステージ毎に掛かった時間の印象は短い。EXステージなら10分くらい。それでも20以上のステージ数があるから全体で見れば短くない。プレイ時間は記録されないので実時間は知らない。シナリオにルート分岐はないけど、2周目からは多少の特典を追加してプレイできる。

・ギャザビ2をクリアした後にプレイした感想としては敵からのダメージは低いし、ID使える回数は多いし、買い物ポイントはドンドン溜まるし、捕獲するまでもなく買えるMSが強いので簡単だった。必要に迫られるイベントも少なかったから強迫観念に駆られることも少なかった。

ガンダム好き歓喜のオールスターシナリオなゲーム
基本的に一年戦争の時代がベースなので、別作品からのキャラが別の立場になっていて、そういう原作との差を感じられるのが良い。
オールスターものに共通して言えることなので今更だけど、別作品のキャラが協力して戦うのは燃える。
別作品のキャラが仲良く会話してるのを見るのも楽しい。
そこまで絡みがあるかというと、そうでもないけど。

あとMSの種類はGジェネを名乗るにしては随分少ない。ゲームバランスとしては問題ないし、種類が多くなっても性能差を付けられなかっただろうが、仲間になるキャラの主役機すら登場しないのは寂しい。(F91とかヴィクトリーとかエックス)

 

03_gundam

 
・キャラクター参戦作品
ファースト
ゼータ
ダブルゼータ
ポケット
スターダスト
08MS
F91
V
G
W
X

外伝ブルー
ギレンの野望

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2017

コマ送りしつつ見た、ガンダム00 (2期)

セカンドシーズンは、ファーストシーズンに比べると、CBの戦力的な立場が弱くなって防戦になる展開が多いように思えたので、その辺で爽快感が欠けてます。1期で打ち出した「武力介入」というイメージから遠くなった。これはまあ1期との対構造になっていると捉えてもいい。
しかし武力で介入する組織っていうとイメージ悪いけど、頼もしさがあったことは確かだ。

後半部分ということで話のまとめに入る必要から、1話完結のエピソードが少なくなっているという歯切れの悪さもあった。これというのも紛争根絶という目的がアロウズという敵を倒すという具体的なものに変わったことによる。小競り合いから大局的な戦闘にシフトしていった感じだ。
歯切れが悪いと言えば、エンディング明けのパートが追加されたけど、見た後にすっきりしないから嫌いだ。放送局側の事情だろう。

あと敵のMSがジンクス・アヘッドに統一されたのはバラエティが減って残念だと思ったし、太陽炉搭載機になったから燃料タンクに被弾して水が漏れる描写も1回しか無かった。

1-2 ダブルオーの起動
3-4 アレルヤ救出作戦
5-6 カタロンから協力の申し出
7 無人島でピーリスの過去話
8 パーティーでイノベイドの存在を確認
9 補給のため宇宙に出る
10-13 メメントモリ
14 刹那の放浪
15-17 ブレイクピラー
18-20 イノベイター捕獲作戦
21-25 ヴェーダ奪還作戦

02_19m
ツインドライブを持つダブルオーガンダムは2話で登場する。
このツインドライブが強すぎるんで、いかに能力を発揮させないかで話を保たせていた。
サポートマシン無しの状態だと太陽炉は6割の出力をだすとツインドライブシステムが86%で安定した。この解釈であってるか自信ない。
この場合、100は太陽炉の出力の2乗を意味するんだろうか?

11_20m
これは11話
オーライザー装備状態で MAX という表示になった。ツインドライブの能力を100%出し切ってるよってことだろうか。

17_09
そしてこれが17話
さっき100だったとこを300に直しているけどトランザム状態じゃないはずだけどトランザムなら3倍になるけど理論値を越えてるとか言ってたからこうなったのか?外のゲージはライザーシステム(トランザム)を起動した時用。既に24%なのはなんでか。




» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2017

細かいとこをコマ送りしつつ見た ガンダム00 (1期)

ガンダムダブルオーが今年10周年と聞いたので全話見返しました。
通しで見るのは4周目くらいか
もともと好きだったけど、そもそもアニメとして出来が良い上に、ガンダムとしても面白い。
TVシリーズでこの完成度なら文句ないですよ。

 
 

2周目以降ということで、謎めいたキャラについて把握した状態で視聴に臨めるのは利点だ。
敵か味方かチームトリニティについては敵も味方もなくアレハンドロに踊らされてただけだし、なんでも知ってる風な国連大使は何者なんだについては野心を持ってしまった 計画を監視する一族にすぎなかった。ラグナに関しても気にするまでもなく消えた小物であった。ワンリューミンも便利な情報屋以上の役割は無かった。緑の髪の子は終始意味深なままでセカンドシーズンまで居なくても同じ。とにかく謎めいたキャラが多くて混乱を招きがち。そのために複数回の視聴に耐えうると言っていいのかもしれない。

で、何回も見てると、もう主要キャラとか気にならなくなる。本質以外の余計なものの方が気になったりする余裕が出てくる。
ガンダムの動きを追う時期はもう終わって、量産機に目が向いてくるようになるわけですが、ダブルオーって敵側のメカにも ちゃんと力を入れてくれてるから見応えがあって良かった。

それとコマ送りしてモニターの文字を読むつもりだったけど、ダブルオーのモニターテキストって文字がボケてることが多くてブルーレイじゃ読めなかった。まあ大体NULLって書いてんだけど。読めるものは全部まじめ文章で、スタッフの落書き系は見つからなかった。
博士号取得者の名前とか、エレベーターに取り残された人のリストとか情報として、わざわざ作られてるんだなって見るのは楽しかった。
 
 

 
01_heli
1話で注目したいのは、ヘリオン宇宙型。しかもテロリスト仕様だとか。
イナクトの前期モデルでレアな宇宙タイプで色が黒くて、MSV心をくすぐられる。
ヘリオンといえば捕獲タイプに陸戦タイプと頭部の形状が違って、どれがどれだか分かりません。19話には黄色のライデンラカラーヘリオンも登場。

02_jnn
これも1話。
絹江という主要キャラの姉が報道局の人間だったことで、ニュース画面がやたら多かったガンダム00。そんなJNNのアナウンサーを女性だけ集めてみた。
同じ人が7話と14話にも登場していた眼鏡の人。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その4/4 立てておきたいフラグリスト

ギャザビ2は交信コマンドを使って仲間が増えて自軍が増強されてくのが楽しいんだけど、条件を知るのが難しいので攻略本が必要になると思う。

イベントを起こした分、ボーナスで経験値がもらえたり、強力なユニットやキャラが加入するけど、それを知らない場合の難易度には結構な差が出るんじゃないかと思う。

だから隠しキャラの存在は許せるけど、
ゲームとしては、隠し要素を知ってる前提で評価してよいものかどうか迷う。
隠してあるんだから、それらが無い前提で評価するというよりは、原作ありきの作品なのだから、仲間になりそうな雰囲気を察して条件を見つけることを前提に作られているだろう。

01_four
フォウは仲間になる気配はするのに条件が変則的なので辛いよね。

今回の調査用に3周目はあえてイベントを控えめでプレイしましたけど、代替イベントは最低限辻褄を合わせる程度で面白くは無かった。

Sd_gundam_g_generation_gather_beat_
こんな風に画像でまとめてもみたけど、まあ初心者には分からんだろう。
ここにいるのは最終的に仲間になるキャラで、変化とか強化とか絡んでくるので、とっつきにくい複雑なゲームだなと、まとめながら改めて思った。
以下に文章で詳しく書きました。

ただの会話イベントは飛ばして、最低限やっておけばいい、仲間にするためのフラグを書き溜めておきます。
「その他」で書いてるのは必須ではないやつ。

» Continue reading

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 03, 2017

祝90万

8月2日時点でアクセス数が90万を超えました。
80万を超えたのが今年の2月で、10万まで6カ月かかりました。

前回からペースは落ちてるけど、まあまあの結果。

 
2017年2月~2017年8月のアクセスページランキング
1. GジェネDS (→)
2. ロックマンエグゼ6 チート集 (3↑)
3.
Gジェネオーバーワールド (↓2)
4. タクティクスオウガ 台詞集1 (5↑)
5. タクティクスオウガ 台詞集2 (↓4)
6. ガンダムvs.Zガンダム (17↑)
7. GジェネF (21↑)
8. タクティクスオウガ 重要パラメータ (9↑)
9. GジェネNEO (↓6)
10. タクティクスオウガ 敵ステータス (↓7)

ほぼ前回と変わってない。

 
11位に入ってたのはFF12の弱くてニューゲームの記事
どう考えても明らかにPS4移植版の影響です。
7月13日発売だったんだって。

15位にはナイトガンダム物語3の記事
ファミコンのガンダムゲーム情報をまとめ終わったわけだけど、ナイトガンダム3に注目が集まったのはどういうわけだろう。

 
ゲームの情報載せた記事ばっか書いてるけどさ。
「ゲーム攻略サイト」っていうと、フローチャート作って道につまづかないように誘導して攻略方法を書いてるとこでしょ。でも多くのプレイヤーが知りたい情報って本当にそれだとは思ってないから「攻略サイト」を作ってるつもりはないんですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その3/4 感想

02_menue

中古品に残ってたセーブデータ見たら2周目のラストステージまで行ってるのに、シャイニングもウイングもいなかった。縛りプレイなのか仲間にする方法が分からなかっただけなのか。情報が足りないと難易度が激変するゲームだと思う。

01_title

SDガンダム Gジェネレーション ギャザービート2
(G generation gather beat 2)

ワンダースワンカラー
発売日:2001年6月14日
開発:ヴァンガード
ジャンル:シミュレーションRPG
ステージ数:22+ex6+α
セーブ箇所:3
通信ケーブル対応:ユニット交換
ワンダーゲート対応:シナリオ・ユニット・キャラ・パーツ追加

資料価値4
クリア時間4
クリア難度3+
個人的好き度4

・ガンダムオールスターのオリジナルシナリオが楽しめる お祭り的な作品。
ゲームオリジナルのMS・MAも登場する。
ジョニーライデンやユウカジマのようなアニメ原作じゃないキャラの出番が多いのも注目すべきポイントだ。

・セーブデータのプレイ時間を見たら1周25時間程度だった。
編成画面を眺めたりフリーバトルに出たりしたから遅かったのかな。
2周目には追加要素がある。どうせ分岐の存在もあるので最低2周はすることになる。そうなると50時間は掛かるのか。あとゲーム速度が少し遅い。

・1回行動する毎にセーブできるので、セーブロードを前提とすれば難易度は落ちる。
そうでない場合、自軍の戦力が少ないので、誰かが撃破されてしまうと戦力が急激に低下するのが問題。MSが撃破された時の修理費が高いので複数撃破されたらやり直した方が良い。少ない戦力を使って捕獲の失敗なんてしたらロードしてやり直さずにいられなかった。
また、イベントを起こすためには敵を倒さないようにする必要がある場面もあるので、イベント回収との両立も難しかった。
イベントを起こさないと加入しないパターンが多いので、ある程度隠しイベントを起こさなければ戦力が整わない。逆にイベントを全部回収していくと、それなりに簡単になる。
面クリアで進行するゲームだけど、稼ぎ用ステージに何回も行けるので詰むことはない。
序盤から中盤はビグザムがあるだけで楽だった。

・ガンダム好き歓喜のゲーム
バーニィが生き残ったり、ガトーが生き残ったり、敵だった死んだキャラが仲間に加えられるのが、ゲームの良いところ。今シナリオ調べてる最中だけどもGジェネDSがあるからGB2じゃなくても良い気がする。ギャザビ系は同じGジェネでもMSの種類は少ないので注意。その代わりキャラの掛け合いが面白い。

サービス終了したワンダーゲートが無いと遊べないシナリオがあるのが大きな欠点。
そのせいで図鑑に空白ができたまま埋めることはできない。

前作に比べるとグラフィックがポリゴン取り込みの2Dになってグレードアップしている。ただカラーになっただけじゃない。BGMは前作から継続して主題歌が多めで音楽も優秀。

ゲーム部分に若干の詰めの甘さ。カーソル移動が遅い。ユニットの移動が遅い。戦闘スキップができない。イベントで敵を全滅した時にフリーズするようなバグが多い。

03_all

キャラクター参戦作品一覧
ファースト
0080
0083
08ms
ゼータ
ダブルゼータ
逆襲のシャア
F91
V
G
W
X

MSV
ブルーディスティニー
ギレンの野望ジオンの系譜
クロスボーン
閃光のハサウェイ

この中で強制で仲間になる主人公格ってアムロ、クリス、コウ、シロー、ユウだけで、アムロは中盤抜けるし、カミーユは途中脱退の可能性があり、ウッソとロランは選択式。勘の鈍い人は全然キャラが集まらないかもね。最少人数縛りをしても面白いかも?

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その2/4 ストーリーまとめ後半

「Gジェネレーション ギャザービート2」はステージクリア型のシミュレーションRPG

前回は14話までのストーリーを説明してきましたので、その続きです。
最終話は22話ですが、クリア後のおまけや、途中でエクストラステージに進むことがあるので、総ステージ数は40近くあります。

この辺から分岐が多いので書き方も滅茶苦茶です。
どのルートとかいちいち書いてません。その話数で起こることを書いてるだけです。
途中からシナリオというよりメモ書きに近くなっている

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その1 ストーリーまとめ前半