August 17, 2017

細かいとこをコマ送りしつつ見た ガンダム00 (1期)

ガンダムダブルオーが今年10周年と聞いたので全話見返しました。
通しで見るのは4周目くらいか
もともと好きだったけど、そもそもアニメとして出来が良い上に、ガンダムとしても面白い。
TVシリーズでこの完成度なら文句ないですよ。

 
 

2周目以降ということで、謎めいたキャラについて把握した状態で視聴に臨めるのは利点だ。
敵か味方かチームトリニティについては敵も味方もなくアレハンドロに踊らされてただけだし、なんでも知ってる風な国連大使は何者なんだについては野心を持ってしまった 計画を監視する一族にすぎなかった。ラグナに関しても気にするまでもなく消えた小物であった。ワンリューミンも便利な情報屋以上の役割は無かった。緑の髪の子は終始意味深なままでセカンドシーズンまで居なくても同じ。とにかく謎めいたキャラが多くて混乱を招きがち。そのために複数回の視聴に耐えうると言っていいのかもしれない。

で、何回も見てると、もう主要キャラとか気にならなくなる。本質以外の余計なものの方が気になったりする余裕が出てくる。
ガンダムの動きを追う時期はもう終わって、量産機に目が向いてくるようになるわけですが、ダブルオーって敵側のメカにも ちゃんと力を入れてくれてるから見応えがあって良かった。

それとコマ送りしてモニターの文字を読むつもりだったけど、ダブルオーのモニターテキストって文字がボケてることが多くてブルーレイじゃ読めなかった。まあ大体NULLって書いてんだけど。読めるものは全部まじめ文章で、スタッフの落書き系は見つからなかった。
博士号取得者の名前とか、エレベーターに取り残された人のリストとか情報として、わざわざ作られてるんだなって見るのは楽しかった。
 
 

 
01_heli
1話で注目したいのは、ヘリオン宇宙型。しかもテロリスト仕様だとか。
イナクトの前期モデルでレアな宇宙タイプで色が黒くて、MSV心をくすぐられる。
ヘリオンといえば捕獲タイプに陸戦タイプと頭部の形状が違って、どれがどれだか分かりません。19話には黄色のライデンラカラーヘリオンも登場。

02_jnn
これも1話。
絹江という主要キャラの姉が報道局の人間だったことで、ニュース画面がやたら多かったガンダム00。そんなJNNのアナウンサーを女性だけ集めてみた。
同じ人が7話と14話にも登場していた眼鏡の人。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その4/4 立てておきたいフラグリスト

ギャザビ2は交信コマンドを使って仲間が増えて自軍が増強されてくのが楽しいんだけど、条件を知るのが難しいので攻略本が必要になると思う。

イベントを起こした分、ボーナスで経験値がもらえたり、強力なユニットやキャラが加入するけど、それを知らない場合の難易度には結構な差が出るんじゃないかと思う。

だから隠しキャラの存在は許せるけど、
ゲームとしては、隠し要素を知ってる前提で評価してよいものかどうか迷う。
隠してあるんだから、それらが無い前提で評価するというよりは、原作ありきの作品なのだから、仲間になりそうな雰囲気を察して条件を見つけることを前提に作られているだろう。

01_four
フォウは仲間になる気配はするのに条件が変則的なので辛いよね。

今回の調査用に3周目はあえてイベントを控えめでプレイしましたけど、代替イベントは最低限辻褄を合わせる程度で面白くは無かった。

Sd_gundam_g_generation_gather_beat_
こんな風に画像でまとめてもみたけど、まあ初心者には分からんだろう。
ここにいるのは最終的に仲間になるキャラで、変化とか強化とか絡んでくるので、とっつきにくい複雑なゲームだなと、まとめながら改めて思った。
以下に文章で詳しく書きました。

ただの会話イベントは飛ばして、最低限やっておけばいい、仲間にするためのフラグを書き溜めておきます。
「その他」で書いてるのは必須ではないやつ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2017

祝90万

8月2日時点でアクセス数が90万を超えました。
80万を超えたのが今年の2月で、10万まで6カ月かかりました。

前回からペースは落ちてるけど、まあまあの結果。

 
2017年2月~2017年8月のアクセスページランキング
1. GジェネDS (→)
2. ロックマンエグゼ6 チート集 (3↑)
3.
Gジェネオーバーワールド (↓2)
4. タクティクスオウガ 台詞集1 (5↑)
5. タクティクスオウガ 台詞集2 (↓4)
6. ガンダムvs.Zガンダム (17↑)
7. GジェネF (21↑)
8. タクティクスオウガ 重要パラメータ (9↑)
9. GジェネNEO (↓6)
10. タクティクスオウガ 敵ステータス (↓7)

ほぼ前回と変わってない。

 
11位に入ってたのはFF12の弱くてニューゲームの記事
どう考えても明らかにPS4移植版の影響です。
7月13日発売だったんだって。

15位にはナイトガンダム物語3の記事
ファミコンのガンダムゲーム情報をまとめ終わったわけだけど、ナイトガンダム3に注目が集まったのはどういうわけだろう。

 
ゲームの情報載せた記事ばっか書いてるけどさ。
「ゲーム攻略サイト」っていうと、フローチャート作って道につまづかないように誘導して攻略方法を書いてるとこでしょ。でも多くのプレイヤーが知りたい情報って本当にそれだとは思ってないから「攻略サイト」を作ってるつもりはないんですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その3/4 感想

02_menue

中古品に残ってたセーブデータ見たら2周目のラストステージまで行ってるのに、シャイニングもウイングもいなかった。縛りプレイなのか仲間にする方法が分からなかっただけなのか。情報が足りないと難易度が激変するゲームだと思う。

01_title

SDガンダム Gジェネレーション ギャザービート2
(G generation gather beat 2)

ワンダースワンカラー
発売日:2001年6月14日
開発:ヴァンガード
ジャンル:シミュレーションRPG
ステージ数:22+ex6+α
セーブ箇所:3
通信ケーブル対応:ユニット交換
ワンダーゲート対応:シナリオ・ユニット・キャラ・パーツ追加

資料価値4
クリア時間4
クリア難度3+
個人的好き度4

・ガンダムオールスターのオリジナルシナリオが楽しめる お祭り的な作品。
ゲームオリジナルのMS・MAも登場する。
ジョニーライデンやユウカジマのようなアニメ原作じゃないキャラの出番が多いのも注目すべきポイントだ。

・セーブデータのプレイ時間を見たら1周25時間程度だった。
編成画面を眺めたりフリーバトルに出たりしたから遅かったのかな。
2周目には追加要素がある。どうせ分岐の存在もあるので最低2周はすることになる。そうなると50時間は掛かるのか。あとゲーム速度が少し遅い。

・1回行動する毎にセーブできるので、セーブロードを前提とすれば難易度は落ちる。
そうでない場合、自軍の戦力が少ないので、誰かが撃破されてしまうと戦力が急激に低下するのが問題。MSが撃破された時の修理費が高いので複数撃破されたらやり直した方が良い。少ない戦力を使って捕獲の失敗なんてしたらロードしてやり直さずにいられなかった。
また、イベントを起こすためには敵を倒さないようにする必要がある場面もあるので、イベント回収との両立も難しかった。
イベントを起こさないと加入しないパターンが多いので、ある程度隠しイベントを起こさなければ戦力が整わない。逆にイベントを全部回収していくと、それなりに簡単になる。
面クリアで進行するゲームだけど、稼ぎ用ステージに何回も行けるので詰むことはない。
序盤から中盤はビグザムがあるだけで楽だった。

・ガンダム好き歓喜のゲーム
バーニィが生き残ったり、ガトーが生き残ったり、敵だった死んだキャラが仲間に加えられるのが、ゲームの良いところ。今シナリオ調べてる最中だけどもGジェネDSがあるからGB2じゃなくても良い気がする。ギャザビ系は同じGジェネでもMSの種類は少ないので注意。その代わりキャラの掛け合いが面白い。

サービス終了したワンダーゲートが無いと遊べないシナリオがあるのが大きな欠点。
そのせいで図鑑に空白ができたまま埋めることはできない。

前作に比べるとグラフィックがポリゴン取り込みの2Dになってグレードアップしている。ただカラーになっただけじゃない。BGMは前作から継続して主題歌が多めで音楽も優秀。

ゲーム部分に若干の詰めの甘さ。カーソル移動が遅い。ユニットの移動が遅い。戦闘スキップができない。イベントで敵を全滅した時にフリーズするようなバグが多い。

03_all

キャラクター参戦作品一覧
ファースト
0080
0083
08ms
ゼータ
ダブルゼータ
逆襲のシャア
F91
V
G
W
X

MSV
ブルーディスティニー
ギレンの野望ジオンの系譜
クロスボーン
閃光のハサウェイ

この中で強制で仲間になる主人公格ってアムロ、クリス、コウ、シロー、ユウだけで、アムロは中盤抜けるし、カミーユは途中脱退の可能性があり、ウッソとロランは選択式。勘の鈍い人は全然キャラが集まらないかもね。最少人数縛りをしても面白いかも?

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その2/4 ストーリーまとめ後半

「Gジェネレーション ギャザービート2」はステージクリア型のシミュレーションRPG

前回は14話までのストーリーを説明してきましたので、その続きです。
最終話は22話ですが、クリア後のおまけや、途中でエクストラステージに進むことがあるので、総ステージ数は40近くあります。

この辺から分岐が多いので書き方も滅茶苦茶です。
どのルートとかいちいち書いてません。その話数で起こることを書いてるだけです。
途中からシナリオというよりメモ書きに近くなっている

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2017

【WSC】Gジェネ ギャザビ2 その1 ストーリーまとめ前半

クロスオーバーの多いギャザービート系のシナリオは、どれがどのゲームのシナリオだったか思い出すのが難しいと思ったので、それぞれのシナリオの要約がしたかった。

とりあえずギャザービート2をクリアしたところなので忘れぬうちに書き出しておく。
これを読めば、プレイしてなくてもプレイしたのが15年前でも、ギャザビ2がどんなシナリオだったか要点を押さえることができるはず。

この後もヴァンガード系の面白シナリオを同じように要約して比較していけたらいいね。
ギャザビ1・GジェネA・モノアイとやっていきたいので気長にチェックしてもらえれば。

 
【ゲームの大きな流れ】
FG(~6話)
(あらすじで)サイド7~オデッサの戦い
ジャブローの戦い
ソロモンの戦い
アバオアクーの戦い
一年戦争終結

83(~10話)
(数年後)
ジオン残党によるガンダム2号機強奪事件
観艦式で核弾頭を発射
コロニー落としが成功
ティターンズ結成

ゼータ(~14)
(数年後とは言っていない)
エゥーゴによるガンダムmk2強奪事件
ブライト(プレイヤー)がエゥーゴ入り
ジャブロー戦

ターンA(15)
リガミリティアのグエンから協力を受けるエゥーゴ

ウイング(~17)
ドーリアン暗殺
ルクセンブルクでトレーズの罠に掛かるエゥーゴ
ブレックスほか連邦首脳陣が死亡してテロリストに仕立てられる
ダカールでリリーナが演説を行いエゥーゴが信頼を取り戻す

ゼータ(~20)
キリマンジャロ戦でジャミトフは宇宙に撤退
月でムーンレィスのディアナから協力を受けるエゥーゴ
ティターンズは月へのコロニー落としに失敗

ラスト(~22)
ギンガナムはカイラスギリーを月に向けて発射
カイラスギリーの戦いでティターンズ崩壊
ギレンが存在を明かす
シロッコ死亡
ギンガナム死亡
アクシズに潜伏していたギレンを倒してエンディング

 
 
【補足と感想】

隠しステージを全て通っていない場合21話でエンディングになってしまう。
その場合はギレンが登場しない。

上記のとおり、ストーリーを構成しているのは主に
ファースト、83、ゼータ、ウイング、ターンA の5作品。
しかし、ウイングとターンAのパイロットキャラはそれぞれGとVとの二択でしか加入しない。つまり選択次第ではヒイロもロランも、ほぼ登場しない。それでもストーリーはウイングとターンAで進行する。補足しておくとポゥ・ハリーはVを選んでも仲間になる。

メインストーリーに参加していないGとVは分岐要素として後から付け足した可能性が高い。

だってターンXがラスボス格で登場し、グロムリンⅡまでも月光蝶を使ってくるのに、こっちにターンAがないパターンが存在するっていうのは、戦力のバランスとしておかしく思える。
さらにグロムリンⅡはウイングガンダムで倒した場合のみ専用のイベントが起こるようになっている。あと主題歌もWと∀にはあるけどGとVにはない。

ところでウイングガンダムは誰が作ったのかの説明もないけどコロニーの技術力が異常に高い。これは別作品の技術を同じ世界に並べた時に常に起こる問題だ。そこには目を瞑らないといけないのは知ってる。

もうひとつ分岐がある。Xなんてジオンの系譜との二択だ。TVシリーズなのにゲーム作品と二択なんだってw
ゼロとレイラは仲間にならないルートでも登場するけどガロードはXを選ばないと登場すらしない。

ゲームに出てこない可能性があるのはジュドーやシーブックも同じだったりする。でもジュドー達は分岐じゃなくて隠しステージで加入だし、隠しステージに進む条件は とても緩い。ついでにいうとZZがメインに絡んでなくてもハマーンやラカンは一年戦争から出てくる。

 
え~メインストーリーについて話を戻しますと、
一年戦争ではファーストガンダムを軸にしながらも08MS小隊とポケットとブルーの外伝が絡んでいるし、敵側にはジョニー、マツナガ、ガトー、あとハマーンとかレイラとか出てくるので原作通りでありながら原作通りではない。

83の話は割と原作通り。後から付け足したと言われても不思議ではないくらいクロスオーバーからの孤立感がある。

ゼータのストーリーはラストまで続くが、グリプスではなくカイラスギリーが登場するので、そこまでゼータ一色という感じはしない。ダカールの後にキリマンジャロがあって、その後にムーンアタックなので、随分シャッフルというか逆行しているのが目新しかった。

ギンガナムは一年戦争以来、ムーンレィスの技術を横流ししていた黒幕だった。
ラスボスのギレンの目的は優良人種による統治。ジオン公国による統治の受け入れを要求していた。
第3勢力としてジオンが現れるのも一応ゼータの要素だ。出てくるのが遅かったけど。原作ではミネバが出てくるところだが、ザビ家のギレン本人が生きてるというシナリオになっている。シャアはアクシズにいたはずだけど、ギレンのことは知らなかった模様。

 
 
 
【ゲーム内の勢力図】

[83まで
連邦軍VSジオン軍]

[Zから
エゥーゴ・リガミリティア VS ティターンズ・OZ・ギンガナム・ブッホ]

[最終話
エゥーゴ・リガミリティア VS ジオン(アクシズ)]

プレイヤーが操作するのは連邦軍だけど途中からエゥーゴに加入する。主人公というのはちょっと違うけど、ゲームは主にブライト視点で進んでいた。

OZはティターンズの直下にある特務組織。
リガミリティアはムーンレィスから技術提供を受けて作られた武装組織。
モンシア達はティターンズではなくエゥーゴに入る。カテジナはシロッコに惹かれてティターンズ入り。デビルガンダムはキョウジが奪ったものをティターンズが入手して利用している。ミカムラ博士が出てこないので本当にキョウジが奪ったんじゃないかな。詳しくは分からない。ガンダムXはティターンズの開発した新型機。Ez8改はシロー自身で改造した。
地球から抑圧されたコロニーがM作戦という名目でガンダムにティターンズを攻撃させていた。

ちょくちょくラカンが出て来るのはアクシズから戦力を貸しに来ている。
8話終わりでシーマを引き抜いたと思われる。そこからシーマもアクシズ勢になる。
 
 
 


ちょっと文章が長くなってしまったな。
【更に簡単な要約】
・裏でギンガナムがギレンに協力
・ジオンが連邦軍との戦いに敗れる
・ジオンの残党デラーズの蜂起でティターンズが発足
・身内で争った結果、連邦軍が弱体化
・そこにターンXの技術を解析したギレンが登場
・すべてはギレンの計画通り
・宇宙の心はヒイロだった
・END
 
 
 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2017

【GB】 新SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語の情報

マップ切り替え時の画面スクロールとか、ダンジョンにLV1~8と名前が付けられてるとか、ゼルダの伝説的なと形容するのがぴったりなゲーム。おかしいな、体力満タンなのに剣からビームが出ないぞ。


原作カードダス全4弾のうちの2弾までをフォロー。ゲームの続きは出なかった。
つい先月、復刻のコミックが発売されたね。

01_title

新SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語
ゲームボーイ
発売日:1994年9月9日
開発:トムクリエイト
ジャンル:アクションRPG
メインダンジョン数:8
セーブ箇所:パスワード
難易度選択:なし
スーパーゲームボーイ対応

資料価値3
クリア時間2
クリア難度3
個人的好き度3

・主人公ゼロガンダムは記憶喪失の状態でリードソードの導きを頼りに進むというストーリーはゲームオリジナル。最終的には原作に繋がるように、部分的に原作要素を取り入れている。そして原作の大ボスとは直接会わないままの中途半端な所で終わってしまっている。

・謎解きで詰まる部分があるにせよ、ストレートに進められれば、それほど時間のかかるゲームではない。目安としては通常のプレイでも5~6時間あればいいだろう。

・謎解き形式のゲームというと大げさになるが、そのようなもの。ヒントは多くなく、少なくもないかと。ダンジョン内になると話は別で、ほぼノーヒントになる。面倒なフラグが必要とかではないので、注意深く探索すれば問題は無い。できることをやればいい。難度は2.5でもいいくらい。
戦闘は騎兵戦が少し難しかったが、レベル上げで対処できる。

・フィールドマップの探索が面白い。障害物の破壊や、水上の移動で、行動範囲が広がるのが楽しい。ゼルダの冒険が下地になっているだけのことはある。LVアップとは別に、進行に伴い技が増えていく成長要素も良い。
 ストーリーはもう少し濃い方が良かった。主人公はほぼ喋らない。これはプレイヤーの投影かもしれないけどキャラゲーだからな。
 音楽は懸賞品のCDによると「くにおくん」シリーズの人らしい。薄々感じてた。スタッフロールでは違う名前を使っているようだ。
竜騎ドラグーンを召喚して戦うボス戦はしょぼいが演出は好き。

1kai
1回目

2kai
2回目

3kai
3回目

スーパーゲームボーイだと色が変わる!
あとはスペリオルガンダムとバイスガンダムとエンディングの一枚絵がカラフルだった。

龍機ドラグンーンは元祖SDで最初のドラグーンを買ったし、マルスドラグーンもドラグーンパレスもデビルドラグーンもロードドラグーンも買ったくらい好き。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2017

FFシアトリズムの紹介と感想

カルドセプトの新作やるつもりで3ds始めたらシアトリズムをプレイしていた。続編が出てるから1作目が安かったんだ。

A

シアトリズムはファイナルファンタジーが題材の音楽ゲーム。リズムに合わせて画面をタッチするゲーム。
歴代のFFをプレイしていて音ゲーも好きだったら是非おすすめしたい。
私のFFプレイ経験は1~10と12まで。移植版も含めたらもっと水増ししてカウントもできるぞ。
で、シアトリズム(1作目)に収録されてるのは1~13だから知らない音楽もあった。
新曲も楽しめたのはお得だったね。

基本的には1作品につき3曲収録されている。
戦闘曲と、フィールド曲と、メインテーマ的な代表的な曲でゲーム中ではイベント曲と呼ばれている。そんな中で私の好きなFF曲を並べてみたら意外と町の曲が多かった。激しい曲調で無いとゲームにしにくいだろうから、やっぱりゲームに町の曲は入ってないけど。
好きな曲を3曲だけ挙げろってのが無茶なんだけどね。

ちなみにゲーム中でプレイする音源は全部原曲だ。リメイク移植作は音楽もバージョンアップしているんだけど今回はナシ。ゲームじゃない部分のBGMにシアトリズムのアレンジでシリーズから数曲使われている。セッツァーのテーマとか閃光とかは聞く機会が多く、良アレンジ。

 
というわけで自分の作品毎に好きな曲を挙げてみる
●FF1
・街(PS)
・海底神殿(PS)
・廃れた城(PS)

もともとのメロディが良いだけあって生音でアレンジされたPS版の音楽は良い。
もちろんFCの音源も好きだし、なにげにMSX2版も味わい深い。
「廃れた城」は「コーネリア城」のアレンジ曲。FC版では「コーネリア城」がそのまま使われていたPS版以降のエルフの町の西の城のBGM。ピアノの反響音が気持ち良い。
「海底神殿」が使われているのは海底神殿じゃなくて過去カオスの神殿という豆知識。
3曲全部シアトリズムには入っていない。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2017

ミニスーファミに思うところ

マザー2外したこともそうだけど、クロノトリガー入ってないのも、まだ過去になっていないというか、個別での需要が見込めるからなんて考えてしまう。それくらい入ってないのが不自然に感じる重要なポジションのゲームだと思う。スーファミといえばRPG人気が高かったイメージだけど、収録されてるのは2本だけなんだね。

先日クラシックミニファミリーコンピュータに続くクラシックミニスーパーファミコンの発売が発表されました。そのラインナップについての感想。

 
 
■30タイトルから21タイトルへ減少
ファミコンよりスーファミのソフトの方が値段が高いのは知ってるけど、数字的に半端になったしバラエティ豊かさも無くなって魅力が減った。
たとえ全部遊ばなくても遊べるという状態が嬉しいのに。
スーパー・ファミコンなんだから、そこはファミコンを越えてないと。

■そのタイトルに任天堂作品が多い
ファミコンは30本中16本が自社内製でその割合は53%だった。
スーファミは21本中13本で61%と8%増しだった。
いろんなメーカーからソフトが開発されたのがファミコンの成功の要因だったことを思えば、もう少し意外性が欲しかった。つまらないとは思わないけどがっかりはする。
数字にすると以下のようになる。
FC任天堂+7社 サンソフト・カプコン・コナミ・スクウェア・テクノス・テクモ・ナムコ
SF任天堂+4社 カプコン・コナミ・スクウェア・ヒューマン

スーパーファミコンを代表するソフトと言えるか分からないけど、売り上げ上位に入っているのは
エニックスのドラクエ、バンプレストのぷよぷよ、バンダイのDB武闘伝、アスキーのダビスタなどがある。キャラゲーは無理なんだろうけど、FFがあってDQが無いのは海外を意識してのことだろうか。
ちなみに一番売れたスーファミのソフトはマリカー。

 
しかしまあなんですね、ミニファミコンといえば「ファミコンミニ」で認識してる人が多いらしくてGBAのソフトを検索したいのに邪魔だった思い出があります。そもそもファミコンミニの存在を認知してればそんな間違いはしないからそんなやつにわか。

■需要あるのか
というわけで、ミニスーファミには第1弾ほど惹かれるものが無いと感じています。それでも生産数を前より増やすと言ってるので随分強気なんですね。
第2弾ということで物珍しさは失せたし客も冷静になってるんじゃないか。

ミニファミコンは結局、買った人は遊んでいるのかという問題がある。
遊ばないことが判明した勢力はそれでもインテリアとして購入するのか。

可能性の低い話、ファミコンはRFスイッチが接続できないけどSFCなら現役で使える勢力は、それでも任天堂愛で買うのだろうか。別にレトロフリークでも代用できるけどガチな人は遅延がとか言うし。TVにコンポジット接続も無いって?現代人め。

リベンジ的な意味合いが薄いのではないかという話もしておきます。
ファミコンほど難しく無くなったし、セーブ文化も広まった。クイックセーブの有難みも減ったんじゃないか。

■スターフォックス2
誰が予想できたか未発売のソフトをこのタイミングでぶち込んでくる任天堂の戦略よ。
マニアは買わざるを得ないだろう。
SFCソフト「スターフォックス2」が7980円で発売されると考えても、
スターフォックスが9800円で発売されていたことを考えれば妥当な値段だ。




以下収録ソフト個別 適当まとめ

・任天堂系
ドンキーコング→スーパードンキーコング
 もしくはローンチ枠としてエフゼロか
マリオブラザーズ
スーパーマリオブラザーズ→マリオワールド
スーパーマリオ3→ヨッシーアイランド
スーパーマリオUSA→マリオRPG
 アルファベット3文字枠
マリオゴルフ→マリオカート
 マリオ派生枠 
ドクターマリオ→パネルでポン
ゼルダの伝説→神々のトライフォース
リンクの冒険
メトロイド→スーパーメトロイド
カービィ→スーパーDX
アイスクライマー
バルーンファイト→スターフォックス(むりやり)
エキサイトバイク→エフゼロ(むりやり)
(暗黒竜なし)→紋章の謎
(特典枠)→スターフォックス2

・カプコン枠は順当進化プラスアルファ
魔界村→超魔界村
ロックマン2→ロックマンX
(浮上)→スパ2

・スクウェア枠も順当に進化プラスアルファ
FF3→FF6
(浮上)→聖剣2

・コナミ枠
コントラ→コントラスピリッツ
ドラキュラ→(海外版のみ)
(ゴエモン未収録)→雪姫救出絵巻
グラディウス
 もしくはシューティング枠でスターフォックス
イーアルカンフー
 もしくはタイマン格闘枠でストリートファイター

・それ以外
アトランチス
くにお熱血物語
くにお熱血行進曲
 くにおくんはドッジボール辺りを入れても良かったのではないか
ダブルドラゴン2
 SFCでもリターンオブダブルドラゴンが発売されている
パックマン
 アクションならSFCでも出てるけど
ギャラガ
ソロモン
忍者龍剣伝
大相撲→フォーメーションサッカー
 スポーツを扱ったゲーム枠

一番微妙なのがこのフォーメーションサッカーですけど、肖像権に気を使った結果のように思えました。選手は微妙に偽名で、チーム名はただの国名のゲームですから。
余談ですが持論ではスポーツゲームというジャンルは認めません。スポーツとEスポーツが同列だとして、Eスポーツというジャンルのゲームが存在するのかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2017

【GB】 SD戦国伝3の情報

本作品は前作から僅か7ヶ月後に発売されました。中身は前作の流用だからでしょうね。

ゲームのタイトルは、パッケージの方には大きく「新SD戦国伝」とあって、こっちがゲームタイトルであるかのようなんですけど、実際のゲームタイトルであるはずの「SD戦国伝3」は隅に小さく書いてあるだけなんですよね。少し迷ったけど説明書には「SD戦国伝3地上最強編」とあるので、それが正式タイトルなんだろう。ゲームのタイトル画面にもそう書いてあるし。

ちなみにこれは発売当時に遊んでました。まだSDしか知らん頃です。

01_title

SD戦国伝3 地上最強編
ゲームボーイ
発売日:1992年9月4日
開発:不明・べック?
ジャンル:シミュレーション+アクション
ステージ数:9
セーブ箇所:1
難易度選択:なし
通信要素:2人対戦
総ユニット数:40(大型ボス4体含む)

資料価値2
クリア時間2
クリア難度3
個人的好き度2

・ストーリーモードがあるといってもシナリオの密度はといえば前作と変わらず無に近い。敵側の補給ユニットのタンク3種はゲームオリジナルのはずで、ゲーム用に設定画がおこされている。

・「2」に比べてステージ数は減ったが、マップが大きくなっているし、1ステージで最大3マップまで跨ぐようになったのでボリューム的に引けは取らない。結果的に1ステージが長大になったために、負けた時にやり直しになるリスクが大きくなった。ちゃんとユニットを厳選して進めば1ステージ15分~30分程度でクリアできる。

・「2」の難易度は簡単だったが、今回は敵のAIが強化された。Bドッグとかいう殺しにかかってるステータスの敵キャラが印象的だ。大型ボスは当たり判定が少なくなり、挑めるメンバーも5人までに制限されたので多少は貫禄が付いたか。といっても、もともと簡単なゲームだったので、これで適正な難易度になったのではないかと思う。不覚ながら今回のプレイでゲームオーバーを3、4回経験した。

・音楽の良さは同じ神尾氏作曲のGアームズからのGB3作品全てに言えることだけど、強いて言えば音楽はこれが一番好み。ゲームの方は基本的には褒めるところはないかな。けど、前作から改善されている部分があるので悪いわけでもない。シナリオでいえば、各章の武者が最終章で集結するという胸が熱くなる展開は原作通りで嬉しい。
ゲームボーイってファミコンと違ってステレオ音源なんですよ。
 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«【GB】 SD戦国伝2の情報