« 歴史は誰を主観として語られるか | Main | 最近の物欲 »

April 09, 2008

ドルアーガ1話は予想外に面白かった。

そうそう、ソウルイーターがね、ボンズ製作だし期待してみようかなと見てみたらとんでもない作画アニメだったんですよ。

1話から戦闘シーン目白押しで、ぐぅわんぐわん飛び回って壮絶だった。
EDも鈴木さんで、EDといえばの鈴木さん。
しかし作画は楽しめたけど、話がつまんねー。声も棒。

ヒロインの声優は小早川というそうな。
今、調べてみる。小見川だた
すげー若い。本人のブログに繋がらない。やっぱ叩かれてんだろーか。
そんな気がしてしまう。本人には悪いがそれほど辛い演技だった。
公式プロフィールをみると、写真があった。なるほど、放送の中のガンガンのCMに出てたのは本人だったのか。

まあ声優は慣れてくると信じて、でも話中のギャグシーンはどれも見ていてしんどかった
これは原作のせいなのか。
監督もシリーズ構成も好きな人なんだけど、これから見てれば面白くなるのだろうか。4クール予定だそうだが、心配だ。でも作画のために録り続けるんだ。

|

« 歴史は誰を主観として語られるか | Main | 最近の物欲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドルアーガ1話は予想外に面白かった。:

« 歴史は誰を主観として語られるか | Main | 最近の物欲 »