« 続編が待ち遠しいゲームタイトル | Main | tactics ogre collaboration illust gallery »

January 17, 2011

2010年 秋アニメの全話みた感想 4作品

この時期になると新しいアニメの感想を書きたくなります。
が、しかし、まだ一つも新しいアニメをチェックすらしてない。
やっぱり長い間アニメを見てると新しいものに興味が無くなるのかな。
1回見ただけで済ませているアニメが多すぎるから、まだ噛みしめ足りないような気分がして次に進む必要を感じていないのかもしれない。
市場的な観点でものを言えば、どんなものでも新しいものを生まなければいけないという事情は分かるし、視聴者には取捨選択の自由がある。
ただ、何分、自分がコレクターとか完璧主義の傾向にあるために何か録らずにはいられない。そして録ったものが決して面白くない訳ではないんだけど、すごく強迫観念に追われ、空いた時間に詰めて一気に見るようなやり方でしかもう見れない。つまりアニメを見るための日を設けて出来る限り見ようとするから事務的になってしまうんだろう。
すごく嫌な言い方をしたけど、見てる間はちゃんと入り込んでるし、次の展開が気になってしまう。
つまり何を思ったかというと、アニメを咀嚼する時間が欲しいんだけど、アニメ1本見れる時間があるんだったら録り溜めてるアニメの消化を選んでいる自分がいて、もったいないなってこと。先月BDで届いたダブルオーの映画とかガンプラビルダーズもまだ1回しか見てないからまた見たいんだけど、まあ、前述の通り見てないものがたくさんあるから・・。

とりあえず前期終了もので見終わったのは
荒川2期

それ町
パンティ
の4作品です。

話数単位で選ぶ年間ベストアニメとかwebで流行ってたんだけど、そういうことができなくてくやしかったんだな。つまり一気見して1話ごとに振り替える時間も無く次の話を見ているからどのエピソードがどのあたりにあったかも不明だし、そもそも見てる範囲も狭すぎるし。それにしてもwebに載っている大半が自分の嗜好に合わなすぎるのは、企画に載ってる人の嗜好が偏ってるからなのかと穿ってしまう内容だった。

1位がストパンで、1期すら未視聴。2位のヨスガノソラも未視聴。3位のミルキィはかろうじて見ていた。正にその4話と3話だけ。話題にはなったけど特筆するような内容では無いと感じた。同率3位のエンジェルビーツ、見てない。同率3位、カンパネラ、見てない。

話数単位の投票なので、作品数かける話数分の膨大な選択肢があって、これ以上はバラけてしまっている。総票数がそれほど多い訳でもないけど、それでもトップスリーの中のアニメで見てすらいないものが多すぎてへこむ。なんでへこむかって見てないものに面白いものが偏ってたんでしょ?それは残念だよね。でも本心を言えばどれも外見が所謂美少女ものだから、ここでベストを挙げてる人ってそういうのが好きで、そういうのを基準に選んでるんだろどうせってなる。自分が今期見た4作品も2010年の作品に入っているので、ランキングに挙がっていてもおかしくないわけ。で、実際これ以下に挙がってるから問題ないんだけど、ある観点からだとこんなものなんだね。ちなみに2010年開始アニメで見終わっているのは13本だけでしたよ。

荒川2期
これは近い時期に「しあわせそうのおこじょさん」を見ていたからなんだけどすごく近いものを感じた。というのは登場人物の恋の話で出来たコメディという点です。大体の人物はだいたいがペアでカップルのような人物関係になっているけど、何か期待を匂わすだけで発展はしない。その現状維持のさじ加減が次の視聴の欲へと繋がるんだな。大切なのは愛憎劇ではないし恋愛が主軸でもないということで、キャラクターがおもしろおかしいことを繰り広げるんだけど、そういうどうでもよさそうなところに恋が散りばめられていて、それを拾い集めるみたいに見ていた。

俺妹
お話がぶっ飛んでいて腹が立った。なにもかも非現実すぎて実際の世界があんなに可愛い訳が無いといったところだ。それでもキャラクターが可愛いので見ていた。どいつもこいつも可愛くて好きだ。

それ町
明確なストーリーが見えてこなくて暫くは足が宙に浮いた感じだった。結局最後までどういう話だったのか説明できるほど具体的なものは得られなかったのだけど、小話集+ミステリーだったのかな。ぶっ飛んだアングルはこのスタッフならでは。OPの動きっぷりは流石の梅津様。これも思えば発展しない恋の話が割合占めていた。やっぱりそれが好きなんだともう確信できるなー。ただこのアニメに関して一番好きな話はべちこ焼きの話なんだけどね。小話集だけあって毎回(か知らんが)オチが用意されていて、そのオチが一番決まっていたのがその話だったもので。

パンティ
キャラクターの魅力もあり、その舞台とか世界観の雑さから、展開の何でもありさというのも魅力として見ていた。中には全滅ENDもあった。これほど個性的なアニメもなかなかお目にかかれないだろうて。

|

« 続編が待ち遠しいゲームタイトル | Main | tactics ogre collaboration illust gallery »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2010年 秋アニメの全話みた感想 4作品:

« 続編が待ち遠しいゲームタイトル | Main | tactics ogre collaboration illust gallery »