« ウインドウショッピング(価格比較) | Main | ガンダム限定でメモリーカードのアイコンまとめ(PS1編) »

January 09, 2015

Gジェネオーバーワールドの編成披露

Pac
Gジェネシリーズもいろいろやってきましたが、やっとこオーバーワールドに手を付けまして、いつも通り、納得いくように最強を目指した編成を考えてみました。シリーズ初期作品の内は、ゲームのシステムを考慮した結果、意外なMSが本編以上に活躍できたりして面白かったのですが、近作はクリア後に「僕が考えた最強のMS」並の能力が抜きんでたユニットが手に入るようになって、残念に思います。それって、深読みすると、あえてオリジナルを最強にしておくことで、作品間の贔屓が出ないようにするため、なんてことはないか?

でも、できたら、せっかくたくさんMSが出てくるんだから、それぞれの使い道を作って欲しいなって思い始めました。ゲームデザインってそういうことでしょ?弱いMSにこそ活路を見出したい。縛りプレイをしろ?
自分で縛りプレイを考えるっていうことは自分でゲームデザインをするということだから、それはそれで遊び方をプレイヤーに委ねすぎとも思う訳です。

MSだけでなくキャラクターにも同じようなことが言えます。ウォーズからはキャラクターに特殊能力スキルが備わったことで、意外なキャラに白羽の矢が立ったりする。(主にエリートがあるかないかだけどね)
でもオーバーワールドでは、キャラの覚えるスキルが共通になったことで、個性がほぼ無くなってしまった。深読みすると、個々のプレイヤーに好みがあるから、これまた贔屓を無くすための手段だとも取れる。キャラゲーは難しいな。でもゲームデザインとして、誰使っても同じになるのは、遊んでて面白くないし、キャラ愛も感じないんだよね。ファンアイテムとして成立してもゲームとして面白みが無い。

スキルに関しては主役をはじめとするメインキャラには固有のものがあって、サブキャラと比べたら完全上位互換となっている。原作で強い奴が強いのは当然なので、文句を言うのは筋違いかもしれません。でも弱いキャラに活路を見出したい。それがゲーム独自の個性になってプレイする意味も増えると思うから。

 
 
 
という訳で、自己満足のために僕の考えた最強の部隊の紹介をします。果たして弱いMS/キャラに活路は見出せたのでしょうか?

Npjh50681shot3_2

まだLV上げの途中であるが、編成が固まった段階で俺のGジェネは終わりを迎えるのだ。

 

グループ1戦艦:ディーヴァ
艦長:ロラン
副長:キラ2
通信:フリット(誰でも)
操舵:刹那2
整備:セレーネ(誰でも)
ゲスト:バナージ

・マスターユニット
アルヴァトーレ:アプロディア
・チーム1
クィーンアメリアス:ウッソ
バルバトス:アメリアス
ターンA解放:ジュドー
ターンX:エル
・チーム2
ターンA黒:シェリー
DXファルコン:デュオ
V2AB:シホ
クアンタ:カナード

【戦艦クルーについて】

艦長になった時にグループエリアを増やせるスキルは「ローラ」と「歌姫」のみ。もしエリアを伸ばしたいなら、選択肢はたった4人に絞られる。グループエリアを増やすメリットとして、今作で追加された「補給」「索敵」が挙げられる。効果は 範囲内のユニットのEN回復と射程+1。「ローラ」であれば、戦闘後のMP+6の効果もあるので、艦長はロランにした。ちなみにロランはマスターにもリー ダーにも向いている。残りのスキルは「射出指示」と「機敏

副長は能力で選べば待ったなしでキラ一択。二択だけど一択。キラは時代別に二人スカウトできて、どちらも副長としての能力は変わらないからだ。「スーパーコーディネイター」と「補佐」は固定で、残り1枠は「好戦」か「SEED」か。

Kira_huku

通信は「情報解析」「射撃管制」で能力を伸ばして、「索敵」で射程を伸ばす。つまり3つとも共通スキルなので、誰でもいい。
ちなみに射撃の最高値はキラの151かと。

操舵用のスキルには「対空砲火」「精密射撃」がありまして、戦艦の武装を強化するものです。それは例の如く無視します。操舵に必要な反応の最高値はキラの 162。2位は「イノベイター」と「Xラウンダー」6人の161。なんと1の差でキラより劣るんですよね。という訳でどうせなら主役の刹那にしておきまし た。

整備の場合も「補給」を使うことにしたので、能力的に最大のキラ(162)は諦めました。スキル枠二つだと、誰でも同じで141になります。どうせなら主役だしメカニックが似合うセレーネにしておきました。

ゲストは主に経験値に関わるポジションで、これこそ誰でもいいと考えがちですが、覚醒値が影響するので、バナージかアムロで最大値を狙います。「共振」「NT」「解放」で140です。今作は「解放」が共通になったので、NTキャラであっても無駄に付けることが出来るんですね。アムロかバナージかについては、これまでのメンバーとの並びを考慮してバナージにした。

以上から、戦艦のメンバーはターンA以降の歴代映像作品の主役達で占めることになったのだ。なんと豪華なのでしょう。自分の中ではかなり綺麗に収まったと満足しています。

 

【MSとパイロット】
安定のクィーンアメリアス
今作のオリジナルユニットで、間違いなく最強。ここで言っておくと、ユニットは一種類一体限りの運用としています。そうでなければ全機クィーンアメリアスにしているでしょう。全ユニットトップで大型MSをも引き離すHP50000に加えて、防御アビリティ「ガーディアンドレス」を持つ。極めつけは「脱出機能」持ちで、万が一やられても復活できる。やられる方が難しいだろコレ。
パイロットはマルチロックが覚醒なので「NT」を持ち、シンプルに能力を底上げする「スペシャル」を持つウッソ。いちいち言わないけど、3枠目は全員エース」ですから。

そういえば、前作からの大きな変更点として、『多段武装の廃止』『パージと脱出の区別化』『マルチロックのダメージ減少』『一部MSの変形変身の廃止』があります。その中のパージの変更によって、脱出が無くなった機体は多い。例えば、ヴァーチェを破壊すると、その中身のナドレもろとも爆発する。フルアーマー系のMSも軒並み、装甲だけ綺麗に破壊されるということが無くなった。それは現実的に考えて納得できる変更だ。その結果、プレイヤーからすれば、敵のタイヤを1回で倒せるようになったのは嬉しいけど、味方としては頼りなくなったと言えるのだ。
 

使いやすいと話題のダブルエックスジーファルコン
初期ENが180なのにサテライトキャノンの消費ENはたった50。実は前作のDXより10少ない上に、前作より射程が1伸びて、前作より威力が500増えた。謎の優遇を受けている。
パイロットは固有アビリティ「ジャンク屋」「シャングリラ魂」で更にENを減らす方向で考えた結果、デュオに決定。「オペレーションメテオ」は単独行動時にダメージ1割増しなので、マルチロックと相性抜群なのだ。サテライトは特殊射撃だから「ビーム・実体弾・格闘武装の威力+1000」の方は適用外だけど。

バルバトス
相変わらずつえー。兄弟機に完全下位互換のバルバトスミラージュがいる。下位互換とはいえ、余裕で最強チームに入れる能力がある。Gジェネオリジナルユニットなので、半ば無理矢理、「戦場の女神」を持つアメリアスを乗せた。残りは「スナイパー」。
この場合オリジナルキャラなら誰でもいいかもしれないが、注意すべき点は、覚醒してるかどうかと性格。覚醒キャラは多くいるけど、アメリアスは性格が狂気だという点で、完全に上位互換キャラだと思う。同じように、複数いる「海賊」持ちの中ではザビーネが一番優秀。

クアンタ
前作で優遇されてたこともあり、下方修正を受けているが、それでも強い。
回避が上がる「量子化」に加えて「新型ドライブ」でEN10%回復。00系独自の便利なアビリティを持つ。トランザムは[5-9 7000 EN45 特殊]で、アシュタロンのサテライトに似ているが、こちらの方が命中が15高いことから上位互換機といえる。その他の点からも比べるまでも無いが。
パイロットはカナード。彼は「傭兵」キャラの中で唯一覚醒している。「ファイター」を加えることで、メインのGNソードの射程を伸ばしつつ、トランザムの長射程も更に伸ばすことが出来る。あんまり射程を伸ばすとPSPの処理能力的意味で動きが重くなるのだが。

Ka

 
ターンA(黒)も今まで通りの強さで登場。
癖が無い分、誰を乗せても通用するので、シェリーにしてリーダーに。今作ではスキル枠が3つに減ってしまいました。「ファントム」と「ナイツ」、二つ以外に大したものが無かった前作は残りの枠を持て余していましたが、今作はちょうどいい感じで収まります。

ターンA(解放)ターンX
なんと月光蝶が覚醒武装化!ということで、消費ENを減らせる「シャングリラ魂」を持ち、性格が強気でNTである、ジュドーとエルを乗せています。エルはなかなかダークホースかな?前作との比較論が続きますけど、今作の改造値はずっと固定なんです。どういうことかというと、改造でステータスが伸びにくい。ENが増えにくい。だから前作では選ばなかった「ジャンク屋」とか「シャングリラ魂」持ちを重用してるんですよ。

V2AB
ビーム特化ネタ機体
本来はバルバトスミラージュが入る位置にネタ機体を埋めてみた。だって色が違うだけで面白くないし。ビーム兵器は防御アビリティでダメージを軽減されやすいというデメリットがあるため、特殊武装の完全下位と思われがちですが、OPパーツで威力を上げやすいというメリットがあります。特殊用のOPパーツだと種類も数も少ない。そしてキャラのアビリティでも威力が上がる。特殊だと威力を底上げできるのは「ホウセンカ」のみです。じゃあシホを乗せるなよって思うけど、パイロットはシホにしました。

Beam

実際にこのネタ機体を使ってみたけど、前作で持ってたIフィールドが無くなって使い難くなってた。代わりにシールドビットが追加されたけど、これを使うと反撃できないので不便。

ビーム兵器3つ目のメリットとして、敵の防御アビリティを貫通した上で1.1倍になる一点突破」の対象になる。だと考えていたのは『無効』だと思っていたらで、実際は『貫通』であり、減衰されてしまうようだ。イエーイ!特殊属性いらねーぜー!って思ってたのに・・。まあいいよメガビームシールド+1000が無駄にならないし。

Siho

マスターユニットに大型は基本。基本というか、大型の使い道がそこしかない。アルヴァトーレを選んだのは「脱出」があるという理由が大きい。おまけに特殊持ち。マルチロック持ち。そうそう「脱出」できるっていうのはENタンクⅢ装備してるようなもんだから、ただの保険に収まらないのよ。
パイロットはアプロディア。理由はもちろんマスタースキル「女神の慈愛」。マップ上の味方全員が超一撃になる。使うと時間が掛かるのが欠点。
 
 

【第2軍】

ワールドコアの大部分では戦艦が一隻しか出せないが。

Npjh50681shot8

地味にENが回復できるストフリとマスター。
マルチロックで選んだアシュタロンHCとラファエル。
安定のバルバトスMとバルバドロ。
MAP兵器の強い2号機。
基礎能力の高さでリボーンズ。
ネタでべアッガイ。

2軍は結構悩みました。まず、バルバドロでかい。同じマスターなら、こっちにアプロディア乗せると「戦場の女神」が適用されるけど、1隻の構成で考えた場合、マスターはミナよりアプロディアの方が1軍に相応しいからってこうなってしまった。2隻出すなら逆にしていいな。たかが+8のことだが。
 

-パイロットはもちろん固有スキル持ちから選ぶ-
シン「怒れる瞳」は条件なしでダメージ20%増し。1軍に入れても良かったくらい。
ヒイロトロワは「メテオ」「傭兵」で、とりあえず強いだろと。ラファエルのマルチロックはビームなので「メテオ」が適応されます。
ザビーネ「海賊」で回避15%アップ。1人くらい防御型入れとこっかなって。
アムロ「悪魔」で攻撃機動が25アップ。リボーンズに乗せたら面白いかなって。
カチュアは声優が、じゃなくて、女神適用する覚醒キャラの中で、性格強気だから。
ガロード「炎のモビルスーツ乗り」っていうのが「気合」みたいなもので、テンションが上がりやすいと必殺技と相性が良いかなと思った。それだけでなく「ジャンク屋」であることも大きい。
「ガンプラマイスター」は3人いるが、覚醒しているのは2人で、片方の性格が冷静だから消去法で性格標準のイレイハル。完全にべアッガイ強化要因。というのは「ガンプラ」「ジオンの魂」「工作員」が適用されるから。ネタで選んだだけあって、やはり周りに比べて明らかに弱い。

Super_bearggay

 
 
 
 

【最強ユニット決定戦 オーバーワールド杯】
圧倒して優勝:クィーンアメリアス
準優秀:バルバトス(M)
その次:ターンA黒歴史
良い線いってる:アルヴァトーレ
健闘した方:ターンA解放・ターンX・DXファルコン・クアンタ

やっぱり防御面でみると、マルチロックがなくてもターンA黒歴史は強い。同じくらい強くてマルチロックがあるバルバトスとアメリアスは相当強い。
こういう公式チートとして用意されたユニットを除くと、最優秀はアルヴァトーレになりますかね。大型ユニットなので3x3マス取りますけど、最強クラスのハルファスベーゼ・ハルバードよりも扱いやすいと思う。

|

« ウインドウショッピング(価格比較) | Main | ガンダム限定でメモリーカードのアイコンまとめ(PS1編) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65367/60933516

Listed below are links to weblogs that reference Gジェネオーバーワールドの編成披露:

« ウインドウショッピング(価格比較) | Main | ガンダム限定でメモリーカードのアイコンまとめ(PS1編) »