« [PS1] SDガンダム Over Galaxian の情報 | Main | [SS] 機動戦士Zガンダム 前・後編の情報 »

March 09, 2016

[SS] 機動戦士ガンダムの情報

1995年発売のセガサターン用 横スクロールシューティングゲーム
「機動戦士ガンダム」

01_title

難易度:イージー・ノーマル・ハード
ステージ数:12
ステージセレクト可能

資料価値4
コンプ時間3
コンプ難度2
個人的好き度4

・質の高い作画で原作を再現したリメイクアニメと一枚絵を残した功績は計り知れない。画質が粗いのが難点だが、今や 多数のガンダムゲーに流用されて、より良い解像度で見ることが出来る。一番良いのはブルーレイボックス。

・8周すればコンプできる。1周は1時間程度だろうか。

・難易度イージーでもコンプできるので親切。

・操作感、演出面で よく出来てる。途中フェードインでムービーを挟む原作イベントの盛り上げ方だったり、ナレーションで進むストーリー導入部でも新規絵の数を用意してあるのでキャラゲーとしても優秀。戦艦を攻撃する時のマルチロックオンには後のPS2ソフト「めぐりあい」との繋がりを感じる。

 
 
【ゲーム紹介】

04_battle

単純な横スクロールシューティングと違う所といえば、敵が画面の手前奥からも攻撃してくる点かと思います。実際の設定以上に敵が出てくる不都合はガンダムゲーの宿命ですが、ほんとによく出てくる。ところ狭しと出現する敵に対してガンダムは複数の敵を同時にロックオンしてゲームライフルを連射できる。この時ガンダムは残像を残して無敵になる。この辺を利用して使用タイミングを考える点にゲーム性があります。

青いアーマーゲージは一定時間で回復し、敵からダメージを受けると、体力の前にまずこちらが減らされる。つまり一撃程度であれば敵の攻撃を受けきる猶予がある。それを活かして、攻め一方にせずに敵の攻撃の回避に専念してアーマーを回復させる選択や、あえて当たるべきタイミングを考える戦略的思考を持てる点にゲーム性があります。

右上の「WB」はいわば母艦のホワイトベースの残り体力です。出てくる敵は全て倒す必要が無く、時間の経過で画面外に出ていきます。そうすると危険が及ぶのがホワイトベース。倒し損ねたツケが回って、0になるとゲームオーバーになる。そして、このWBポイントを使用して味方から援護を受けることが出来るのです。設定はステージ開始前に済ませる必要があり、ブロック単位で分けられたステージに任意に配置することが出来る。しかし援護を多用するとWBの守りが薄くなるというせめぎ合いにゲーム性があります。

【解禁要素】
・難易度問わずゲームを1周するとムービー再生可能になる
・イージーでゲームを5周するとスタッフロールの画像が変化する
(ノーマルなら3周、ハードなら1周)
・難易度問わずゲームを8周するとステージセレクト可能になる
つまり8周すれば全部解禁できる。

ムービー再生とステージセレクトは共にコマンド入力が必要
タイトル画面で『AXBZC』を入力:ムービー
タイトル画面で『AYCB』を入力 :ステージ
スタッフロールの変化はハードだと1回、ノーマル3回でイージーだと5回のクリアで以降変ったままになる。

03_debug
コマンド成功するとデバッグのような無機質な画面に。

・他には
エンディング中に『AXBY』を入力 :スタッフ名のオンオフ
エンディング中に『ZYXACB』を入力:エンディング省略
クリア回数が奇数だとサブタイトルを読み上げる声がゲストキャラに変化
ちなみにコンティニューからクリアを繰り返しても周回数は増えなかった
今何周目なのかを記録しているのかも。クリア回数ではなく周回数というのがポイント。あとコンティニューでは途中から難易度を変更しても適応されない。
難易度ハードの場合のみジオングヘッドと戦闘になる(ステージセレクトでも可能)

 
【レコード】

ゲーム中にスタートボタンでスコアが表示されるけどランキング的なのが無い

 
【その他】

イージーは文字通り簡単だけどノーマル以上で敵の数が増えるので急に難しい。

ボス戦では、宇宙と水中の場合、敵に合わせて自動振りむき
だから地上戦が難しい
この手のゲームには珍しい?後ろに攻撃するボタンも用意されてる。
これでリックドム戦を再現だ!


ムービースキップは出来る。
イベントスキップが出来ない。

LVアップ要素あり。
LV8=LVNT

強敵といえば
st7
シャアのズゴック
st10
シャアのゲルググ

ゲームオーバーにならないとセーブできない?

 

3dポリゴンプリレンダリングのMSに合わせてのことだろう。
キャラクターのデザインも3dcgよりになってて妙な味がある。
グラフィックで言えば背景も綺麗だと思う。

02_face


 

【スタッフ】

05_staff
浪川真治さんといえばSSとPS1両方のギレンの野望のディレクターとゲームデザインとゲームシナリオも担当している。

アニメパートのスタッフは「POYW」とだいぶ被ってはいるものの、同じでは無かった。
偽名が多い
ディレクター:大熊朝秀(今西)
シナリオ:仲盛文
作画監督:土岐義芸(川元)
キャラ作監:新保卓郎
作監補:大塚健
(シナリオは絵コンテでしょうね)

攻略本にインタビューあり

|

« [PS1] SDガンダム Over Galaxian の情報 | Main | [SS] 機動戦士Zガンダム 前・後編の情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65367/63208838

Listed below are links to weblogs that reference [SS] 機動戦士ガンダムの情報:

« [PS1] SDガンダム Over Galaxian の情報 | Main | [SS] 機動戦士Zガンダム 前・後編の情報 »