« December 2016 | Main | February 2017 »

4 posts from January 2017

January 23, 2017

コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点2 恋人たち

前回の続き
今週は更新が楽でいいなあ

25a06
25話A
食堂のシーンに出てくるモブが妙にキャラ立ってる。
同じ世界のキャラにしては目が大きくて、同じフレーム内のファとどっちがヒロインぽいっかって聞きたい。このシーンには他にも2人女性モブが出てるけど、全員赤系の制服でノースリーブなんだな。

 
25a07
25話A
上とおなじ話。ファがパンツ穿いてなかった。
他の人はタイツ着用なのにファだけはタイツはおろかパンツすら穿かない。
いや、22・28・33話で3回パンチラあるのは知ってるけど。
それと32話のはパンチラともノーパンとも取れなくもない。
42話は黒塗りだったから穿いてなかったかもしれないよね。
なんだ俺は。


Continue reading "コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点2 恋人たち"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 15, 2017

コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点

今まで「ガンダムW」と「Gガンダム」でやってきたシリーズ。
コマと細が掛かってるんですよ。

ブルーレイくらいの画質で一時停止しないと見過ごしてしまうような描写などの脇道に焦点を当てて語りたいと思います。実際はもっと多くの点で言いたいことがあるんだけど、多すぎると画像だらけになって問題なので、そのなかでも特に気になるのをまとめてみました。

「脚なんて飾りです」と言ってる人を見つけては、正確には「あんなの飾りです」だけどねと訂正しちゃうようなマニアックな人向けです。

 
 
【Zガンダムの話数とその内容】
1-4 親
5-7 ライラ
8-9 グラナダ編
10-12 ジャブロー編
13-16 シャトル打ち上げ
17-20 ホンコン
21-23 アポロ作戦
24-31 月周辺のグダグダ
32・33 アクシズ接近
34 レコア回
35・36 キリマンジャロ
37 ダカール
38 レコア回
39 13バンチに寄り道
40-50 グリプスの攻防編

{ストーリーの固まりについて}
Gガンダムの○○編みたいにZガンダムも纏めてみようと思ったのだけど、分かり難さに定評があるZガンダムだけあって纏まりませんでした。

特に24話以降が顕著で、この辺からアーガマが防戦に回ります。主人公側が受動的な立場になると、こうもグダグダになるのかと。劇場版で削られたようにキリマンジャロに行くのも流れ的に偶然でしかないので流れが見えてこないし、その間に挟まれるレコアが敵に回るためだけに存在する戦闘にもストーリーの孤立感がある。ここの固まりが何をやってるか一番分からない。宇宙が舞台だというのも少し関係するだろうな。

40話からは少し早いけど、もう最終決戦が始まっていて、グリプス2ってコロニーレーザーが敵の拠点ってわけでもないから分かり難い。ゼダンの門なんて要塞があるのにアクシズぶつけられてお終いでエゥーゴとは絡まないなんて。

そして、劇中で出て来た敵は最終回には倒されるのが常識的な考えだと思うけど、アクシズは残ったまま放置。ZガンダムってそんなTVシリーズだ。

劇場版の1だけが上手くまとまっていて、すごく分かり易いのも、そうしたストーリーのかたまりが理由だろう。
 
 
 
【以下、気になった画面と説明】

01a07
01話A

コロニー内でのタバコ描写は実はタブーなんだけど、Zの1話に存在した。
タバコ自体が富野ガンダムでは珍しいことではなかろうか。
海外展開を意識するとレギュレーションうんぬん。
それでも実際の喫煙シーンはないからいいじゃなかろうか。

02a03
02話A

リックディアスのコクピット、というか座席。
スイッチの位置が変じゃないですか?このスイッチを使ったのはこの話数限りのはずです。ちなみに このスイッチを押すと・・?

02b01
02話B

カミーユの部屋の機械。と謎のフィギュア。
ちょっと心当たりがありませんけど、あの人型メカは自作なのか、アニメのメカなのか?
中にはマイクらしいものも見当たります。実況放送でもしてるんでしょうかね。
 

Continue reading "コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2017

鉄血のオルフェンズの全巻収納ボックス

鉄血のオルフェンズのBD2巻に付いてくる全巻収納ボックスが全巻収納できないということで交換して貰ったら奥と横を間違えていたと分かって笑った。

不具合のある方が 横14.4x縦19.7x奥15.5
交換して貰った方が 横15.7x縦19.6x奥14.4
センチだった。

測り方が適当なのは目を瞑って欲しいが、原因は横幅と奥行きを逆にして作ってしまったからだろうと思いました。
無理に全巻入れきった状態の画像も見つけたけど、実際は幅が約1.3センチ分不足していたわけか。それどうやって取りだすの。

Dscf0813

これが修正版のボックスで、前のものより絵の写りが大きい。
通常のボックスは右端にある三本の溝の三本目まで見えていない。
なんか先週も似たようなこと書いたな。

Rsadbe8_2


でもまあ、2巻のコンテもそうだし、6・7・9巻のオマケが厚くて、ボックスを変えた所で購入時のままで全巻収納できない。一応7巻まで収めたけど、9巻は高さが違うから完全に無理です。同じ意見の人は他にもいるはずだ。

交換の受け付けは今月の31日までだ。もともと期間限定版に付属しているボックスなので、今回の交換分しか流通しないのだろうから交換後のボックスの方が価値があるだろうなと思って交換した。

ただのコレクターだから。
もうすぐ終わるらしいし、そろそろ中身が気になってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2017

ガチャポン戦士のバージョン違いを探した話

ガチャポン戦士スクランブルウォーズには書換版とマップコレクション版の他に通常版の『1.0』と『1.1』があることは以前書きましたが、通常版のver.1.0を集めるのに苦労したという話をします。

最初に手に入れたのはver.1.1だったわけですが、箱説付きの完品で買いました。
もう箱説は必要ないと思ったので、amazonで一番安かったケースのみのものを保険で2枚買ったのですが、なんと両方とも書換版が届いてしまいました。そうか箱付きじゃないと通常版は届かないのか。おのれamazon。

Continue reading "ガチャポン戦士のバージョン違いを探した話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »