« 【GBA】ガンダムSEED DestinyのUS版の情報 | Main | 【WSC】Gジェネ モノアイガンダムズの情報 »

February 10, 2018

【WSC】モノアイガンダムズ ストーリーまとめ

毎度のことながら、設定が原作と違うと纏めるの労力がいります。
 
 
 
 
モノアイガンダムズの主人公シグには顔グラが2種類ある。
0079年の19歳の時と0083年以降のものだ。

Face

ファースト出身でゼータにも出るキャラも別の顔グラが用意されている。だいたいが10代だからだ。
野暮なことを言うと、バーニィとフロスト兄弟なんかは原作で10代だったけど0079年から顔が変わらない。

ということで、ゲーム構成は最初のブロックから年代が経過して次のブロックに移るようになっている。ちなみにストーリー分岐は1回だけ。
主にティターンズを相手にするかネオジオンを相手にするかだ。

 
 
【大きな戦争の流れ】

0079 地球連邦 対 ジオン公国
ソロモン戦の手前からスタート
アバオアクーの戦いで連邦が勝利

0083 地球連邦 対 デラーズフリート
連邦軍が勝利してティターンズ発足

0087 エゥーゴ 対 ティターンズ 対 ネオジオン
ミネバを後継者にネオジオン発足
サダラーンでの首脳会談でジャミトフとブレックスが死亡

(Tルート)
クワトロのダカール演説で連邦軍の支持を得る
(Nルート)
ネオジオンに占拠されたダカールをエゥーゴが解放

(共通)
ギンガナムがターンXを持ち出し地球の争いに干渉
ディアナ女王はエゥーゴに協力を求める
クロスボーンバンガードもこれに協力

ティターンズがコロニーレーザーを完成させる
コロニーレーザーを巡る三つ巴の戦いに発展
ギンガナムも参加するが あえなく死亡

(Tルート)
コロニーレーザー戦が3ステージ続く
ティターンズ、ネオジオン共に壊滅
(Nルート)
グレミーの反乱でネオジオンが撤退
ティターンズ壊滅後、アクシズでネオジオンと決着

(共通)
エゥーゴ勝利の瞬間
アインとフロスト兄弟のトリオが登場
テラスオーノのシステムで戦場を混乱させる

システムの影響を受けないシグとミアンによってテラスオーノは破壊される
END

 
 
 
【ステージ構成・原作要素】


一年戦争(1~7)
デラーズ紛争(8~9)
グリプス戦役導入(10~12)
TN分岐(13~16)
ターンAの説明(17~18)
TN分岐の続き(19~21)
システムセイレーネ完成(22~23)
ブロック構成はこんな感じなのでほとんど原作ミックスされていない。その分オリジナルキャラが頑張っている。
ゼータ時代からキャラとマシュマーがいて、ゼータとダブルゼータが同時進行になっているものの、分岐になっている。
ギャザビシリーズでは珍しく、逆襲のシャアはストーリーに入ってない。

次にステージごとの原作
1   オリジナル
2   ファースト
3   オリジナル
4~6 ファースト
7   オリジナル
8~9 スターダスト
10~12 ゼータ

T13~14 ゼータ
T15 ウイング(+ゼータ)
T16 ゼータ
17~18 ターンA
T19~21 ゼータ

N13 ダブルゼータ
N14 ダブルゼータとジーガン
N15 ジーガン
N16 ダブルゼータ
17~18 ターンA
N19 ゼータ
N20~21 ダブルゼータ

22~23 オリジナル

ゼータとの分岐になってダブルゼータの扱いが良くなったのが特徴的。
ガンダムエックスの主人公はルート共通の代わりにexステージで加入するのだが、フロスト兄弟は黒幕の一部なのでガロードより出番が多いのは相変わらず。
シローもEz8もクリア後にようやく登場。

分岐に付いてくるのは
ゼータにウイングとブイガン
ダブルゼータにはジーガンとターンAが付いてくる。
お分かりの通り、ターンAはストーリーの関りが大きいのにブイガンの存在感が薄い。
 
 
【勢力】

1話
ジオンvs連邦

10話
エゥーゴvsティターンズ

12話
エゥーゴvsティターンズvsネオジオン

13話の分岐でカラバミリシャが加入

17話
エゥーゴvsティターンズvsネオジオンvsギンガナム艦隊
エゥーゴにはディアナカウンタークロスボーンバンガードが加入

22話
エゥーゴvsアインとフロスト兄弟

アインは分岐次第でティターンズに着くパターンとネオジオンに着くパターンがある。
アインが利用するキャラはシロッコグレミーギンガナム
システムセイレーネが完成するまで時間を稼ぐのが彼らの役目だ。アインのような小物に使われている彼らもまた相対的に小物に見えてくる。

アインは自身がNTであり、エンジニアの側面も持っており、ファブニールを完成させたのも彼。更にはNT一人乗るだけでエンジェルハイロゥ的なことを実現するシステムセイレーネも作ってしまう天才。

 



 

 
 
【用語】

・ムーンレィス
ムーンレィスは月の先住民で地球連邦との接触を避けた暮らしをしている。
ブライトは知らないけどヘンケンは知っていた、そんなレベル。
外界と絶縁ではなく定期的に連邦政府と連絡を取っていた。
やはり進んだ技術をもっているが、ゲームの戦力的にそう感じさせない。

・ターンX

外宇宙から漂着した機体を元にしてムーンレィスの祖先が作ったモビルスーツ。
月光蝶は世界に終末をもたらすためのものだという。
ゲームでは敵全体のHPを半分にする。

・ターンA
ターンXの技術を元にしてムーンレィスが作ったモビルスーツ。
月光蝶を使うためのプログラムディスクは技術者が持っている。
ディアナも知らなかったようだ。

・ストライクガンダム
ターンAやターンXと共に月に封印されているモビルスーツ。
しかしディアナも存在を知らなかった。

・クロスボーンバンガード
ブッホコンツェルンを母体にした反連邦組織。
とある事件でマイッツァーが死んでベラが指導者になった。
組織を解体するつもりでいたが、ギンガナムの存在を知らされて、その時のための準備をしていた。

・システムセイレーネ
精神波によって人を狂人化させるシステム。
対象の判別が可能で、敵とみなしたものにしか影響を与えない。
ムーンレィスの技術がジオンに漏洩して作られた。一年戦争時に完成に至らなかったが、アインがティターンズやネオジオンに技術を売り渡して開発を継続させた。
本編に出てこないフォリ博士が開発責任者。

・ファブニールシステム
テラスオーノとリンクすることでセイレーネを使うパイロット側のNT力を得る。本来の使い方は外部から強制的にテラスオーノを操作すること。

・テラ スオーノ
全長200mのMAでシステムセイレーネを運用するためのユニットに自衛のための装備やら脱出用のMSを付けたもの。専用の護衛用MSとしてシスクードとデスパーダがいる。

・ドクターJ
ヒイロに指令を出す科学者。ティターンズを敵としている。
セレインの出生以前にジオンでセイレーネシステムに関わっていたが、システムの開発に反対したことをきっかけに軍をやめる。その後は、どこに所属することもなく、おそらく独力で対抗策としてゼロシステムとモビルスーツを完成させた。
言及は無かったが、完成したセイレーネにゼロシステムは役に立たなかったのだろう。
ラストのテラスオーネとの戦いにも出てこないし。

・ゼロシステム
「パイロットに完璧な勝利をもたらすシステム」「精神への干渉を防ぐ役も果たす」という説明のみ。シャギアにはシステムの存在を知られていた。
ゼロシステムに対抗できる人物としてゼクスが紹介されたが、具体的な理由は不明。

・ミリシャ
ティターンズと戦う民間組織。
システムセイレーネの悪用を防ぐためにムーンレィスと行動を共にしている。

・フロスト兄弟

UC0079年はジャミトフの部下として動いていた。
後にティターンズ入りをして、アインと行動を共にする。
ニュータイプとしての力を認めて貰えないことを拗らせて、世界の滅亡を企む。
アインもセレインに認められなかったことが原動力なので同類と。

・モノアイ
デュアルアイよりも『撮影可動範囲が極めて高い』(特典CD-ROMより)
 
 
 
 
 
 
【各話解説】
たまにツッコミ
 
01「出会い」

宇宙世紀0079年12月
主人公シグはR1を与えられたエースパイロットでMS小隊長。
新たに部下になるフラナガン機関のニュータイプのセラと合流する

01_st01


 
 
02「ホワイトベース追撃」

ホワイトベースと交戦中のキャメル艦隊の支援が任務。
シャアのザンジバルと合流して木馬を後退させる。
シャア・ドレン・ブラードの独立300戦隊が完成。
シャアの部下になるシグ。それって死亡フラグ(なんてね)。

02_st02
システム・セイレーネのこと

 
 
03「覚醒」

赤いエルメスを受領するセラ。
図ったようにバスクの部隊から狙われるが、周りの人間が発狂する不思議な現象が起こる。
技術者からはサイコミュの調整不足とごまかされる。
これを機にシグとセラが良い雰囲気になる。

St03
システムセイレーネに反応するフロスト兄弟とかシロッコとか。ジオンの技術筒抜けすぎ。
最初からこれだけの人が注目していたというわけだね。

St03_2

St03_3
結局このコンピュータは誰なのか分からなかったけど、ターンエックスだと思ってる。
グラフィックだけでいうとデビルガンダムのようにも思える。

 
 
04「ソロモン撤退戦」

既に陥落したソロモンから友軍を救出する。
ソロモンから撤退する船の中にブラード艦長の娘ミアンがいた。
ミアンは本国のサイド3へ帰ることになる。 
 
 
 
Ex「ポケットの中の戦争」

サイド6に核攻撃を仕掛けるキリング中佐を止める任務。
ガンダムの破壊に向かったサイクロプス隊はバーニィを残して全滅したが、核攻撃を阻止したことを伝えることができた。
コロニー内での戦闘命令を下されたクリスは怒ってジオンに参加する。

このステージでシャアで捕獲する時の台詞がいつも通り「見せてもらおうか、連邦のモビルスーツとやらを!!

アインがハッキングでセラ出生の秘密を知ってしまう。
St04ex
セラとミアンが恋のライバル関係になる

 
 
05「光る宇宙」

アバオアクーに向かうホワイトベースと交戦。
ジャミトフの命令でフロスト兄弟がアインと接触する。
ギレンの命令でソーラレイが発射されてレビルとデギン死亡。

 
 
06「宇宙要塞ア・バオア・クー」

ギレンを殺したキシリアがシャアに殺されてジオン投了。
戦いは連邦が勝利する。
残されたジオン軍はアクシズへ撤退を決める。

St06
シグとセラのカップル成立。
ザ・死亡フラグ

 
 
07「裏切りの宇宙」
撤退の最中、アインの手引きで連邦軍に引き合わされるセラ。

ブラード艦長のムサイはアインが仕掛けていた爆弾で撃沈。
シグもアインから攻撃を受けるが、セラのエルメスが身代わりに撃墜される。
顔に傷を負い生き残ったシグ達はユーリハスラーに拾われてアクシズへ行く。

St7
動機はただの嫉妬。
 
 

08「ジオンの残光」
宇宙世紀0083年11月
地球圏へ帰ってきたシグ達。
ガトー少佐の活躍を耳にし、ソロモンからの撤退の支援に向かう。
GP02の入手経緯やコウとの因縁などは語られない。原作見ろの精神。

アクシズ軍には戦闘する気は無かったが、フロスト兄弟のハイザックで攻撃するという策略で戦闘になってしまう。戦争を拡大させる意図だろうけど、普通にザク使っても同じことだったと思う。

 
 
 
09「駆け抜ける嵐」
デラーズのコロニー落としはソーラーシステムに阻止される。
窮地に陥ったところを助けに入ったのはクワトロのリックディアス隊だった。

シグはアインと戦う機会を得るためにエゥーゴに参加。
シグについてきたジョニーライデンとかシンマツナガとかバーニィとクリスもちゃっかり引っこ抜かれてる。アクシズにまで連れていかれたクリスの人生が波乱万丈だ。
ガトーとケリィもクワトロがスカウトする。

St09


 
 
10「黒いガンダム」

宇宙世紀0087年3月
ニュータイプ用と噂されるガンダムのテストが行われるグリーンノアに侵入。
ニュータイプと聞いたシグも独断でグリーンノアに侵入。

カミーユの協力でエゥーゴはガンダムmk2を入手。

シグはアインと再会する。復讐のはずが、銃を撃っても壁に当てただけ。
結局、敵地の真ん中なので逃げるしかない。
逃げた先に もう一つのテスト機 シスクードを盗む。
シスクードはmk2が霞むレベルの強さだった。
アインもデスパーダに乗り、ファブニールシステムを使ってシグを圧倒するが、システムの過負荷で撤退する。

St09b

4年前に使っていたリックディアスを新型と言ってる矛盾

St10

シスクードをガンダムと言ったのはクワトロとアストナージとティターンズの士官

 
 
 
11「再会」

エゥーゴのシンパを人質にmk2とシスクードの引き渡しを要求するティターンズ。
ブライトがシャトルに乗せて人質を逃がすが追いつかれる。
シャトルを追っていたのはモンシア達だったが、近くにいたアルビオンのシナプスとバニングに見つかり簡単に寝返る。

一人でアインと戦おうことに固執するシグだったが、百式が援護に加わる。乗っていたのはエゥーゴのパイロットになっていたミアンだった。ミアンの存在がファブニールシステムに悪影響を与えていたことで、協力してアインを退ける。
メガバズーカランチャーも持ってきていたが破壊されて「きゃんっ」と悲鳴を上げた。

ドゴスギアも現れ戦闘が本格化してきた時に、ネオジオンの艦隊が現れてエゥーゴとティターンズに会談を申し入れる。

 
 
 
12「アクシズからの使者」

会談が行われたサダラーン内でジャミトフはシロッコに撃たれ、ブレックスはネオジオン兵に撃たれる。
シロッコは普通にハマーンに銃を向けたのでネオジオンと敵対関係になったが、ブレックスに関してはクワトロがミネバにつっかかっただけなので、その巻き添えを食ったように見える。

クワトロ達は、偶然にも中でリィナを探していたジュドーに助けられ無事脱出。
どういう経緯でリィナがネオジオンに連れていかれたのかは語られない。

バスクも戦死し、シロッコがティターンズのトップになる。

St12
ティターンズルートだとリィナが一度も出てこないで終わる。

 
 
 
 
 
この先からティターンズとネオジオンに分岐する 
●ティターンズルート

13「ホンコン・シティ」
ティターンズを追って地球へ降りたアーガマとラーディッシュ
ホンコンでカラバのガルダと合流する。

カミーユはフォウと出会い、サイコガンダムのパイロットであることを知る。
必死に説得すると、帰っていった。

ジェリドとマウアーのガブスレイに苦戦するカミーユ。
専用のゼータに乗ってアムロが援護にかけつける。
カラバに軟禁状態から助けられていた。
カミーユのためにゼータをもってきていた。

カテジナに付きまといホンコンに来ていたウッソは戦闘に巻き込まれていた。
アインがセイレーネシステムを使用すると皆が頭痛を起こす。
システムの影響を受けないシグとミアンが応戦。
アインはシステム下でも正常なウッソとカテジナを発見、カテジナだけ資料として連れ去られる。
そこに現れたヒイロの活躍でシステムは使用不能になるデスパーダ。
ウッソはカツからVガンダムを奪い、シグ達と協力してアインを撃退する。

St13b
他人の旅行に付いてくるって相当なストーカーだろ。


 
 
ex「ガンダムX起動!」

システムセイレーネに必要なニュータイプのバックアップ要員としてティファを誘拐していたフロスト兄弟だったがガロードに邪魔される。


 
 
14「永遠のフォウ」

ティターンズの主力基地のあるキリマンジャロを攻める任務。

カミーユが独断で基地に侵入。
クワトロ・レコア・シグの三人がカミーユを追って基地に侵入。
カミーユはフォウと再会するが戦闘になる。
ジェリドの攻撃を身代わりで受けるフォウは場合によっては爆発しない。

一人はぐれたシグは、死んだと思っていたセラと再会。
しかし以前の彼女とは違い、機械のような受け答えをするアインの操り人形になっていた。
アインからセラ出生の秘密を聞かされる。
セラに銃を向けられて窮地に立たされるが、ヒイロによって助けられる。
この短時間で何人に侵入されてるんだ、この基地。
セラは最初、エゥーゴの服を着ているから敵だと判断していたので昔の記憶がなかったように見えたが。

アインとのMS戦で、シグはシスクードのオフェンスモードの起動を決意する。
この高機動用のモードはパイロットへの負担が大きいので、アストナージから止められていた。
ニュータイプ能力を使って動きを予測しているなら、予測能力を超えた動きをするまでだ!」という理論が通用してアインは撤退。
その後、調整したからなのか、このステージ以後はSP消費するだけで何度でも使える。

基地の中でシロッコに会ったことで離反するレコア。
強化されてシロッコに恭順、MSも操縦するカテジナ。
基地を潰したら勝手に去っていくヒイロ。

陥落したキリマンジャロ基地のドックに残っていたリーンホースを接収。
これはギャザビ2と同じ流れだが、艦長がハヤトなのが異なる。ティターンズルートは最後までハヤトがレギュラー。これって異質な気がする。

St14

 
 
 
 
15「ガラスの王国」

ネオジオンがサンクキングダムを襲撃。
その目的はヨーロッパ貴族に対して圧力を掛けて連邦議会に働きかけること。
この混乱を機会にシロッコはリリーナをさらいに行くがヒイロに阻止される。
「また殺しに来たのですか」と言うがゲーム中でヒイロとリリーナが会うのはこれが初めて。

戦闘終了後、再び去ろうとするヒイロ。
ドクターJの意向でヒイロがエゥーゴに加入。
もっと前に仲間になるタイミングがあったと思う。

フロスト兄弟はティターンズが負けすぎなのでギンガナムとコンタクトを取る。 
 

 
 
16「ダカールの日」

ティターンズの支配下にあるダカールの連邦議会に乗り込みティターンズの非道を訴える任務。
シロッコは演説中のシャアにスナイパーを送るが、フロスト兄弟によって阻止される。ティターンズの孤立が狙いらしい。これによりエゥーゴは世論を味方につけた。

 
 
Ex「最後の勝利者」
かつてピースクラフト王は完全平和主義を恐れる連邦軍に暗殺された。
ゼクスは仇を討つためにティターンズに入ったという設定。
それが美意識がなんかとにかくヒイロとゼクスが決闘するだけのステージマップ。

 
 
 
17「敵、新たなり」

フロスト兄弟に焚きつけられたギンガナムと手を組んだティターンズ。
シャトルで逃亡中のディアナと遭遇したエゥーゴはこれを保護。

ギンガナムはターンXの月光蝶の性能を見せつける。
このピンチに駆けつけたクロスボーンガンダムが、あっさりターンXを退けてしまう。
たぶん不意打ちが効いたのかな。

クロスボーンという組織にはマイッツァーがいたそうだが、詳しくは語られず。
マザーバンガードに同乗していた元連邦軍情報部のハンゲルグはずっとギンガナムについて警戒していた人物で、月光蝶対策としてナノマシンを無力化できるV2の強化パーツを持ってきていた。
さっそくターンXの脅威を取り除きに行くことに。
ちょっと待ってV2ってエゥーゴで支給されたMSだと思っていたけど、なんでV2がある前提でパーツだけ持ってきたの?

説明のオンパレードな回だった。

St17a

St17b

いろいろ知ってるクワトロはそれだけ話の中心にいる。第2の主役と言っていい。


 
 
18「月光蝶」
フォンシティに着くとアグリッパから会談を申し込まれる。
体よく人質にされるディアナとブライトだったが、ウォンリーが話を付けたネオジオンにより救出される。

ターンXの月光蝶をV2も一応無力化したが、2度目はシロッコによるコロニーレーザーの攻撃で防がれる。月が無事なので表面スレスレに撃ったのだろう。
ギンガナム以外に誰も被害を受けていないのが不思議。

ウォンはザビ家復興を認める見返りにコロニーレーザーを破壊して貰うようにネオジオンと交渉していた。

St18
記憶を維持したまま洗脳するプレイ
でも前に会った時はシグの顔見ても分かってなかったよね。

Meg_18t_21__03

ストライクガンダム入手時の会話
ティターンズルートで∀は登場しないのに∀と言われても困る。
そんなのあるなら出してこいよ。

 
 
 
 
19「宇宙の渦 前編」

ハマーンはティターンズに従う芝居をしてコロニーレーザーに近づく。
ティターンズが戦っている間にコロニーレーザーを掌握されて、撤退するエゥーゴ。
今度はネオジオンからコロニーレーザーを奪還する作戦を立てる。

 
20「宇宙の渦 後編」
コロニーレーザーの狙いを付けさせないため、3方向から同時に攻める作戦で、エゥーゴがコロニーレーザーを制圧。

ギンガナムも現れるが、用済みとしてフロスト兄弟から攻撃を受けた結果死亡。

St20
ハマーンと交感したカミーユから説教されたクワトロ


 
21「宇宙を駆ける」

シロッコとハマーンとの決戦。

カミーユの体を貸すイベントでシロッコ死亡。エマとライラとフォウしか参加しない上にエマとフォウは場合によっては生きてる。

場合によってはクワトロがハマーンと仲直りする。ネオジオンの戦力がハマーンだけにならないとイベントが発生しないのはゲームの都合か。

エゥーゴの戦力が疲弊したところへ現れるフロスト兄弟とアイン。
完成したシステムセイレーネの効果で同士討ちを始めだすモブパイロット達。
ブライト達は戦線を離脱する。

セイレーネのサイコウェーブは範囲を拡大中で、1週間で地球全体が覆われるという。
ゼロシステムの話が出てこない辺り、もはや対抗できないのだろう。

St21hrst
フロスト兄弟も結局アインに協力する縁の下の力持ちポジションだったね。


 
 
 
22「終末への序曲」
システムの影響を受けないシグとミアンだけでテラスオーノを破壊する作戦。
テラスオーノに辿り着くまで二人を支援する。

St22
選ばれなかった苦しみを癒すために全人類を抹殺するのが目的と語るフロスト兄弟。
その望みをアインに託して死亡。

 
 
23「そして、悲劇は終わる・・・・・・」

セラの洗脳は解かれていた。
シグとミアンがシステムの影響を受けなかったのは、セラが二人を味方と判別していたからだった。
アインは死の間際にテラスオーノを暴走させる。セラごと破壊しなければ止められない(結果を見る限り嘘っぽい)。

エンディングは3パターン。
ミアンの特攻でセラが助かるか、ストレートにセラを殺すか、アムロ達の援護で接近してセラを助けるか。

St23

St23b

End39

両者生き残りENDだと、アムロの「短時間なら耐えられる」理論でテラスオーノの武器を破壊している間にシグが接近。するとセラが出てきて救出成功。
いわゆる根性論。

エンディングで一年経過、破壊されたテラスオーノに花をささげる。両者生き残っているとデスパーダに花をささげる。

 
 
 

 
 
 
●ネオジオンルート
13「プルとアクシズと」
ダカールを占拠しようとするネオジオンが地球へ移動中。

ジュドーは独断でサダラーンに侵入し、プルとリィナとハマーンに出会う。
結局リィナは助けられずアムロに助けられて帰還する。

システムセイレーネを使い凶暴化させるアイン。
しかしミリシャとハリーが駆けつけて無力化させる。

戦闘終了後
システムセイレーネの技術はムーンレィスが漏らしたものなので、ディアナからグエンに協力を要請したらしい。何故グエンなんだろう。
その技術はアインがティターンズやネオジオンに売り渡したと言っていたが、その割にはアインしか使ってこない。

一方アインはフロスト兄弟の勧めでグレミーのネオジオンに迎え入れられていた。

N13
システムで狂わされ使い捨てられるジャマイカン。22話でジュドーも豹変する。

 
 
 
14「落ちてきた空」

デビルガンダムと東方不敗と交戦中のドモンと遭遇。
グレミーはデビルガンダム捕獲のためにプルツーと共に登場。アインも協力してデビルガンダムはレインと共に連れていかれる。

グレミーがデビルガンダムを知った経緯は不明で、ドモンがデビルガンダムを追っている経緯も不明。デビルガンダムが何なのかの説明もなかった。雑なシナリオだと思う。

Meg_n14_03__20

ネオジャパンコロニーってまさかあの日本列島の形をした?

N14
宇宙世紀にもガンダム・ファイトという格闘技があるらしい。
選手のことは知られていない?

 
 
 
15「石破天驚拳!決闘マスター・アジア」
ダカールへ移動するアーガマを離れてデビルガンダムとレインを追うドモンに付き合うシグ。

そこは旧ジオンの研究施設で、セラと再会して出生の秘密を知る。
内容はティターンズルート14と同じなので『ティターンズの研究所』というセリフが残っている。

アインの提案でデビルガンダムにはレインが取り込まれていた。
東方不敗から石破天驚拳を伝授されるドモンだがデビルガンダムには逃げられてしまう。

N15
もう少し具体的に頼む。


 
 
16「ダカールの灯火」

ダメージを受けたデビルガンダムは回復のために人の多く集まるダカールに出現。
ダカールを占拠していたハマーンに対して、混乱に乗じてグレミーが反旗を翻す。

ジュドーはリィナと再会できたもののデビルガンダムの出現で行方不明になる。

ミアンのアドバイスでドモンはレインに愛の告白。
デビルガンダムは、ラブラブ天驚拳により破壊された。

N16
ティターンズルートと言い、リィナの伏線未回収なのでは?
それとも攻略本にも載っていないだけとか?

Meg_n16_07__17
ドモンの親が関わっているのは原作通りらしいが、キョウジもいないし、父さん死んだみたいになってるし。私が見逃してるだけでしょうか?


 
 
ex「東方不敗暁に死す」
東方不敗がデビルガンダムで人類を滅ぼすつもりだったことを明かしてドモンと決闘。
人類も自然の一部だと説教されて原作通り死亡。
師匠の遺志を継いで地球の再生を果たしたいと考えるドモンは戦争を終わらせるためにエゥーゴで戦うことにする。

N16ex

 
 
 
17「敵、新たなり」
さっきまでダカールにいたはずのネオジオンを追って宇宙へ出る。
宇宙ではディアナを狙ってギンガナムが待ち伏せていた。
そこをクロスボーンが助けに来るのはティターンズルートと同じ
戦闘終了後ハンゲルグからターンXの対抗策が語られるが、ネオジオンルートではターンAの、月光蝶プログラムの起動ディスクを渡される。
ここに至るまでターンAガンダムの所在やら何故ロランが乗っていたかの説明は無い。

ムーンレィスだけでギンガナムを倒せるならミリシャが必要なくなるという理由でギンガナムに寝返るグエン。ロランを引き抜こうとするが失敗。

 
 
 
18「月光蝶」
ネオジオンルートではブライトとディアナがラーディッシュでアグリッパの元に行く。
ラーディッシュは破壊されて
マシュマーの手引きで脱出中にアルマイヤーを見つけて乗り込む。
ウィルゲムが破壊され孤立したグエンはサイコガンダムで戦い戦死。

ティターンズルートと同様にターンAが活躍した後に結局コロニーレーザーで対処される。
コロニーレーザーに対抗すべくウォンはハマーンに協力要請していた。

N18_2
ブラックドールネタはギャザビ2からあったしDSでも。

 
 
 
19「宇宙の渦」
コロニーレーザーはエゥーゴとネオジオンの攻撃で破壊される。
ついでにターンXのギンガナムも割り込んでくるけど戦死。
ハマーンが戦闘している隙にグレミー軍がアクシズを占拠してしまう。

 
 
 
20「バイブレーション 前編」
グレミー軍を倒してアクシズを制圧。
アクシズのミネバは影武者であることを知る。
といっても本物のミネバの話は無い。

N20
このルートではハマーンと仲直りすることができない。はっきりと無理だと言われてしまう。

 
 
 
21「バイブレーション 後編」
ジュドーがハマーンと1対1で決闘するだけのステージ。

ハマーンが戦死したところでフロスト兄弟とアインが現れる。セイレーネによりジュドーとモブ兵士が凶暴化。とりあえずジュドーを連れて場を離れて対策を練ることにする。

 
 
 
 
22「終末への序曲」
同内容。ティターンズルートではカテジナと戦いになるが、ネオジオンルートではシーマとラカンが敵になる。
23「そして、、悲劇は終わる・・・・・・」
同内容

 
 
 
 
 
【クリア後】
残党退治をするロンドベルとして活動するブライトの部隊。
ディアナはいつまで付いてきてくれるのだろう。

クリア後のシナリオはランダムで選ばれる

「ラストリゾート」
(名前をあげた方の)シローとアイナを助け出すためにシローとアイナがニュータイプ研究所に来ている。
強化人間のレイラはセラと知り合いだった
シローとアイナとレイラをスカウトするブライト

 
「二人の強化人間」

ティターンズに洗脳されたゼロをレイラが察知して正気に戻す
テラスオーノが出てくるが、セラの話ではアインがいないので完全に修復できていない
シローとアイナがさらわれたのもこのためだったという
今度は修復されないように完全に破壊しておく
確かにEDでは1年経っても残骸が漂っていたからな。

Meg_sp2_11__05

戦闘終了後、いちゃいちゃするシグたち

 
「蒼を継ぐ者」

ネオジオンの部隊と交戦しているユウとマリオン
EXAMシステム完成のためにマリオンが追われていてユウが助けていたということらしい
ユウとマリオンをスカウトするブライト

 
「静かなる奇跡」「エンドレス・ワルツ」

ティターンズルート限定
以前にノインが所属していたスペシャルズ用に開発されていたMSサーペントに襲われる
同時に地球各地でクーデターが起こり、リリーナがさらわれる
クーデターにはティターンズ、ネオジオン残党も参加

ドクターJによるオペレーションメテオの説明
連邦に反対するコロニー勢力が立てたコロニー落としとガンダムによる地球制圧計画。
連邦がティターンズとエゥーゴに分かれて、コロニーを落とすまでもなく地球が混乱したとして、作戦は取りやめになった。
しかし戦争が収まったので慌てて行動を起こしたのがバートン財団であると。
ウイングゼロもそのためのMSだったというが、ガンダムはもともと連邦軍のMSではないのか?

デキムが落とすコロニーというのはアクシズだったが、作戦は失敗。リリーナはヒイロが助け出す。

 
「碧き惑星に潜む」「敵意という名の隣人」

ネオジオンルート限定
ガンダムの引き取りでマザーバンガードが単独になったところでザビーネが反乱を起こす。
敵のMSはバタラだが、パイロットはCV兵。
キンケドゥが撃破されて、サナリィの輸送シャトルのクルーのトビアがX3を操縦
シャトルとネェルアーガマが合流してマザーバンガードを発見し、ザビーネを倒す。
 
 

|

« 【GBA】ガンダムSEED DestinyのUS版の情報 | Main | 【WSC】Gジェネ モノアイガンダムズの情報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【WSC】モノアイガンダムズ ストーリーまとめ:

« 【GBA】ガンダムSEED DestinyのUS版の情報 | Main | 【WSC】Gジェネ モノアイガンダムズの情報 »