« 祝110万 | Main | 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2 »

August 19, 2018

【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その1

ただのストーリーのまとめです。
その1 序盤の0話~9話まで

宇宙世紀ルートはこちら
平成ガンダムルートはこちら
ライバルルートはこちら

 
GジェネレーションDSにはEDまでのルートが3つある。
9話までが共通部分で、最後のライバルルートだけは5話から分岐する。

一度でもクリアすればSPモードが選択できるようになって、微妙に追加要素を楽しめる。
変な拘りが無い限りSPモードで遊んだほうが良い。

そのSPモードだと、0話からいきなり専用のステージで始まる。

Ggds_2
3話クリア後のSPモードのみにある選択肢は
「キマイラ隊に任せる」→ハマーンが6話まで参加
「キマイラ隊を支援」→ジョニーとマツナガが早期加入(st5でハマーン関連のイベント見れない)
その後、知り合いになっているかどうかで台詞の差分があるくらいで
どちらを選んでも序盤にしか影響しない

 

【原作成分】

1話 ファースト
2話 08MS・モノアイ
3話 ファースト・08MS
4話 ファースト
 EX ポケット
5話 ファースト
6話 ファースト・08MS
 EX モノアイ

7話A スターダスト
 EX (オリジナル)
8話A スターダスト

7話B CDA
 EX (オリジナル)
8話B CDA

9話 ゼータ

7話Aの後のEXはジョニーがシーマを心配して救援に行く話なのでオリジナル
7話Bの後のEXはNT研究所から脱出するゼロを保護するオリジナル
 
 

 
【大きな戦争の流れ】


地球連邦とジオンで戦争
ソロモン戦でドズル戦死
ソーラレイでデギンとレビル死亡
アバオアクー戦でキシリアがギレン殺害
シャアの反乱でキシリア死亡
連邦の勝利で一年戦争終結
Aルートだと
星の屑作戦
コロニー落としをムーンレィスが阻止

Bルートだと
アクシズ防衛戦
アクシズへの核ミサイルをムーンレィスが阻止

そしてムーンレィスによる統治が始まる・・


こんな感じでムーンレィスが来るまでは、ある程度は普通の宇宙世紀の話。
敵として連邦軍時代のヤザンとかモンシアとかムウが出てきたり、一年戦争時代のアポリ―とかシーマが出てきたりするので原作のままの感じはない。

シャア視点という部分はモノアイガンダムズと同じだし、モノアイガンダムズ部分のシナリオはそのまま再現されている。細かいイベントではギャザビ2を思い出す部分もある。

選択肢次第で通る星の屑作戦のルートでは、シャアがアクシズにいる都合上出てこない。その間はジョニーが主人公っぽい立場になっている。

 
 
(スペシャルモードの場合)
・0話 一年戦争の悪夢
サイド2に毒ガスを撒いた夢でうなされていたシーマでスタート。
確かにブリティッシュ作戦を行う上で一年戦争の重要なシーンだけど、これ考えたやつスゲー。
これに留まらずシーマはこのゲームの筆頭優遇キャラ
この後も、いろんな人から毒ガスを撒いたことを攻められる場面があるので、事情を分かりやすく説明をしたかったのだと思われる。

 
 
・0話 ザンジバル追撃
宇宙世紀0079年 11月
宇宙における連邦軍の反攻作戦が始まろうとしていた。
元ネタは「強行突破作戦」(ファースト)
ザンジバルがホワイトベースと戦闘になるが勝てずに帰る。

戦闘後
戦力増強のためフラナガン機関のあるサイド6へ向かう。
ザンジバルはダメージを受けたため、修理の間だけシーマのリリーマルレーンを使わせてもらうことになる。
ここで負け続けのシャアの力量を疑うシーマに実力を証明する体裁で、任意でチュートリアルを行える。

Ds0
シャアと出会うことでシーマの人生が大きく変わることになるのだった。

 
 
・1話 宿命の出会い
元ネタは「コンスコン強襲」など(ファースト ポケット)
サイド6に到着した時にはコンスコンがホワイトベースにやられていた。
木馬が消耗している機会に戦闘を行うが、コロニー内に逃げられる。
この時ララァのエルメスが援軍として登場。
サイクロプス隊のシャトルがサイド6に潜入していた。

戦闘後
木馬は戦力を割くための囮と判断して放置。ソロモンの援護に向かうことになる。
ララァに加えてニュータイプのレイラが乗艦。増員のニュータイプはもう一人いるが、エルメスで試験に行ったまま帰ってこないとのこと。
ブラードの隊と合流して、セラの捜索に向かう。

補足
「増員のニュータイプはもう一人いる」というセリフがひっかかった。アインもニュータイプなのに忘れられてるのだろうか?これだけニュータイプがいてアインの邪な気持ちに注意しないのだろうか?

サイド6に潜入する時にバーニィがクリスと話し込んでシュタイナーに叱られる流れはギャザビ2から。

 
 
 
・2話 めぐりあい宇宙
元ネタ「二人だけの戦争」など(モノアイ 08MS)
ジャマイカンの部隊に包囲されてピンチのセラとシグ。
そこに実験中のアプサラスと、続けてシャアが助けに入る。
アイナはシローと交戦中に行方不明になってしまう。

戦闘後
シローとアイナが仲良くなってお互いに救助が来る。
アイナとはお別れ。
セラとアイン、隊長のシグが部隊に加わる。

 
 
 
 
・3話 ソロモンの攻防
元ネタ「機動ビグザム・震える山」など(ファースト 08MS)
ソーラーシステムの照射によって既に敗戦ムードのソロモン。
脱出ルート確保のために捨て身の覚悟で戦うノリス。
ガトーも奮闘するがドズルに続いてノリスも戦死。

遅れて到着したシャアは残った兵の脱出のために戦う。
ギニアスはグロムリンで反撃開始(ソロモンで作っていたようだ)。
敗残兵とシャア達は無事にグラナダへ撤退。

戦闘後
アバオアクーへ向かう連邦の艦隊を補足。
キシリアはキマイラ隊を迎撃に向かわせる。
ここでシャアの隊からも援護を向かわせるかどうか選択。

補足
アドバンスと同じくグロムリンを作ったのはギニアスという設定になっている。
ギャザービート1・2共にギレンが作っていた。モノアイには出ないよ。

ソロモンでノリスとシローが08MS小隊の震える山エピソードをやるのはギャザビ2からの流用。どちらもノリスの乗機はケンプファー。

アイナとバスクで負傷兵を見逃すように嘆願するが裏切られるイベントは、原作のコジマ大佐の役をバスクで代役。

Ds3
シャアに頼られて喜ぶシーマだった。

 
 
 
 
・4話A 光る宇宙
元ネタ「光る宇宙」(ファースト)
アムロとの戦闘でララァが戦死。
呆然とするシャアをハマーンの白いエルメスが助けにくる。

戦闘後
キリングの核持ち出しが発覚し、阻止に向かう。
謎の科学者がララァのデータを実験体A~Dに入力。

補足
実験体とは当然レギオンのこと。

 
 
・4話B エース集結
元ネタとくになし
援軍を出す選択をした場合、シャアはララァアポリ―ロベルトだけを連れて木馬討伐に向かう。
シャアは援護に向かう隊の指揮官にシーマを任命。
連邦士官から赤い彗星に間違われるジョニー
援護に来たマツナガに赤い彗星と間違われるジョニー
ムウに紅い稲妻と呼ばれて喜ぶジョニー


戦闘後
別行動をしていたシャアからララァの戦死を知らされる。
ジョニーとシーマの会話でジョニーがキシリアに忠誠を誓う理由が語られる。

Ds4
自分をユニコーンに例えて、キシリアの未来を示唆する

 
 
 
 
・4話X1 ポケットの中の戦争
元ネタ(ポケット)
キリングは説得を無視して攻撃を仕掛けてくるが戦死。
既に作戦中であるサイクロプス隊を救助するためサイド6に潜入する。

キリングとの戦闘が早く終わればシャアがケンプファーとガンダムの戦闘に間に合う
シャアとガトーを見た連邦士官はアレックスを撤退させる。アレックスには後にアムロが搭乗している。
サイド6の外でバスクが待ち構えていて中立地帯であるにもかかわらず戦闘になる。

戦闘後
バーニィに加えてシュタイナーとミーシャも部隊に加わる。

補足
シャアとキリングが対峙する流れはモノアイからの流用

前半戦に5ターン以上費やしてコロニー内への到着が遅れた場合はザクとガンダムの戦闘が行われるが、ザクが破壊されてもバーニィはケガで済む。
そしてガトーがバーニィを助けるまでの流れがギャザビ2と同じ。

Ds4x
友軍を助けるために力を惜しまないシーマが頼もしい。

 
 
 
・5話 宇宙要塞アバオアクー
元ネタ(ファースト)
ギレンがソーラレイを放ちデギンとレビルが戦死。
ガンキャノンの赤に反応するジョニー
ジオングの色に反応するジョニー

キシリアがグワリブの砲撃で指令室のギレンを殺害。死体の確認はしていない。
ホワイトベースなど当面の敵は駆逐する。

ここでアムロが死ぬとブライト達にシャアに手を貸すように提言。ルート分岐する。

補足
バーニィとクリスが互いを撃つことができずに戦場を去る、駆け落ちイベントはギャザビ2から。
キシリアがギニアスを懐柔、グロムリンで戦闘まではギャザビ2と同じ。
ギャザビ2でもグロムリンの砲撃でドロスを撃破しただけだったのでギレンの死体は確認していなかった。

 
 
・6話 震える宇宙
元ネタ(ファースト 08MS)
キシリアが指揮を執りギレン派を一掃してしまう。シャアはキシリアに反発し離反。
キシリアに取り入るギニアスはグロムリンで出撃。
グロムリンはシローとアイナの協力で破壊されるが二人は行方不明になる。
この戦いでキシリアは戦死。
戦闘が終わるのを見計らって連邦軍の増援が到着。
ジオンはアバオアクーを放棄する。

戦闘後
ブラードの小隊とはぐれる。

補足
過去作と違ってグロムリンの出番はここで終わり。

キシリアへのとどめがシャアかジョニーかでイベントが用意されてる。
シャアは原作通りでジョニーの方がドラマチック。

アバオアクーで震える山後編の再現をするのはギャザビ2から

Ds6
キシリアに対する謀反で迷うことなくシャアの側に着くシーマ

Ds6b
キシリアに直に恨みを言える

Ds6c
回想で出てくるキシリアの顔グラフィック。ジョニーのイメージなのか?


 
 
 
・6話x2 裏切りの宇宙
元ネタ(モノアイ)
アインが連邦軍に仲間を売る。ブラードが戦死。
シグを庇ってセラが戦死。シグの生死は不明。

戦闘後
シーマがアクシズに行くことを反対されている。
この時シャアがシーマを庇うかどうかで選択肢
知らないふりを選ぶと、原作通りの展開でスターダストメモリーに繋がる。
シャアが助け舟を出すと、シーマも一緒にアクシズに行くことになってアクシズの話に移行。

補足
アインがセラの情報を調べるタイミングが原作とは違う。
なんで撤退中のこのタイミングに?演出上の問題で回想だったのかもしれないけど。

シグの生死だけども、結果を見ると目の辺りを怪我したけど生きている。
原作ではジョニーが来て逃げることができたけど、DSではグリーンオアシスで再会するまで誰もシグの行方を知らなかった。ということは一人で切り抜けたのか?

Ds6
シーマがアクシズに行くことで星の屑作戦にも参加しない

 
 
 
 
・7話A 激突戦域
元ネタ(スターダスト)
シャアはアクシズに行ったが、ジョニーやマツナガはデラーズフリートに参加している。
連邦軍の観艦式が行われているコンペイトウへ向かうガトー。
描写外で奪い終わっていたガンダムの核による攻撃で連邦艦隊にダメージを与える。

・7話Ax3 宇宙の蜻蛉
コロニー落としに使用するアイランドイーズを奪いに別行動をとっていたシーマ艦隊がコロニーに着く前にジャミトフに捕捉されてしまう。
デラーズはシーマを放置してコロニーの奪取を優先しようとするが、ジョニーが反対
ユーリから戦艦を借りてシーマを助けに向かう。
その頃、謎の研究員は実験を継続していた。実験体ABは廃棄されてEFまで生産されている。

戦闘後
デラーズの部隊がアイランドブレイドの方の奪取に成功していた。
ジョニーたちは本隊に遅れて星の屑作戦に参加。

Ds7x
たぶんギレンがデラーズの失敗を静観していたような描写がある。

Ds7xxx
カゲロウと揶揄られて落ち込むシーマを励ますジョニー。


・8話A 駆け抜ける嵐
元ネタ(スターダスト)
地球に向かうコロニーに対して連邦軍はソーラーシステムを使用するがコロニーは健在。
地球へ落下するかに思えたコロニーは突如消滅。
そこに現れたのは数千年先から来たと語るディアナだった。
(コロニーを消すのも時間逆行も原作にないチート能力)

Ds8


 
 
・7話B アクシズの残夢
元ネタ(CDAに近い)
ジャマイカンがアクシズを制圧に来てマハラジャ提督が死亡。
混乱するハマーンをなだめるシャア。
とりあえず窮地は脱するが次の攻撃に備える。

戦闘後
火星圏の連邦軍基地からゼロが脱走。
単機で行動するMSを不審に思うシャアたち。
謎の研究員がアクシズの動向をキャッチしている。試作体が完成していないので助けに行けないなと諦める。


・7話Bx3 作られしもの
連邦軍に囲まれているゼロを助ける。
ゼロは誰の助けも受けないと人間不信に陥っていたが、レイラを見ると同じ強化人間だと分かり、急に心変わりする。

戦闘後
脱出した後のことは考えていなかったゼロをアクシズに受け入れることになる。
自分のことをニュータイプだと思っていたレイラ。真実を知ってゼロと仲良くなる。

補足
ゲームの話だけど、シャアで交信してしまうとゼロのID変化が起きない。レイラで行おう。
シャアで交信して説得する場合はシーマも親身になってゼロを説得する姿が見られる。

Ds7b
帰る家を手に入れたシーマ

 
 
・8話B 分かたれし道
元ネタ(CDA)
アクシズでクーデターが起こる。おそらく内通者による工作。そこにバスクが攻撃を仕掛けてくる。彼らはスペースノイドを嫌悪するアズラエルに煽られたジャミトフが派遣した遠征軍だった。
ハマーンがアクシズの兵を統率して、MSで出撃。

戦闘後
バスクは核ミサイルを連発。
そこにディアナの艦隊が現れて爆発を無効化する。
(スモーのアイフィールドバリアによる)

補足
この時点でもうキュベレイが完成している。
シャアはノイエジールで出撃する。ゼロジアールの代わりだろう。
足は飾り談義でアポリ―と盛り上がるシャア。

Ds8b
ディアナがアクシズに現れたということは、この世界の歴史では星の屑作戦は行われなかった?

 
 
 
ムーンレィスは地球文明の崩壊した未来からやってきた。
目的は起こるべき黒歴史を未然に防ぐこと。
争いを起こさないために自ら地球を統治しだす。
ムーンレィスの力には誰も抵抗できない。
しかし数年後
コーディネイターがムーンレィスの技術を吸収。
ザフトを結成して月の統治から独立を宣言。
それに伴って各地でも離反が起こる。
ムーンレィスはそれを抑えることができなかった。

 
 
 
宇宙世紀0087年 (実はちゃんと名言されてない)
クワトロと名を変えたシャアはエゥーゴに所属していた。
他にもエゥーゴにはアバオアクーでいなくなったクリスとバーニィなども参加していた。
ちなみにシーマも大尉になっていた。元ジオン組で風当たりが悪いと言っていたので連邦軍籍だと推測できるが、シャア以外は本名でよかったのは知名度の違いからか。

Ds08f

このシーンは8Aだとバーニィクリスジョニーが出演、バーニィがいないとジョニーとマツナガが出演し、8Bだとバーニィクリスシーマが出演、バーニィがいないとシーマが出演。

 
 
・9話 黒いガンダム
元ネタ(ゼータ)
ティターンズが新型MSを開発中であるという情報を確かめるためにグリーンオアシスに潜入するシャア。
その情報をいち早く掴んだザフトは戦闘を誘発させるように仕組む。
待ち伏せを受ける形でティターンズと戦闘になる。
その頃ジェリドを殴ったことで拘束されていたカミーユは新型ガンダムのマークツーを奪ってエゥーゴに協力。

戦闘後
エゥーゴとティターンズが本格的な戦闘状態に入ったタイミングでザフトが動きを見せる。
ティターンズが戦力をアーガマに向けている隙にアラスカの連邦基地を攻め落とすつもりらしい。
ザフトを勢いづかせるとスペースノイドを危険視するティターンズの発言権が増すことになるのでアラスカに行くべきとのこと。
この時選択肢でティターンズとの戦いに集中するか、アラスカに応援を出すかを選ぶ。
「ティターンズと戦う」と宇宙世紀ルートへ
「アラスカ進攻を阻止する」と平成ガンダムルートへ

補足
本拠地はグリプスなんだけども、アラスカ基地もティターンズ所属だと思う。

 
Ds09
エゥーゴがグリプスに潜入するのを知っていたのは未来を知っていたからだろう。
しかし、クルーゼの介入で結果的に何が変わったのか分からないのだが。

 

|

« 祝110万 | Main | 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65367/67041612

Listed below are links to weblogs that reference 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その1:

« 祝110万 | Main | 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2 »