« 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2 | Main | 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その4 »

August 26, 2018

【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その3

GジェネDSの平成ガンダムルートのストーリーまとめ
分岐前の序盤はこちら(リンク)
宇宙世紀ルートはこちら
ライバルルートはこちら
 

このルートのリーダーはマリュー。
平成ガンダムルートというのはゲーム中の呼称であるが、実際はガンダムSEEDとガンダムWだけが目立ちすぎている。
あとは条件を満たせばGガンダムが本筋に絡まないけど付いてくる感じだ。

平成ルートへ分岐することで、別の視点からストーリーを見ることができるような仕組みになってはいるが、中盤のターンAパートは宇宙世紀と同じ展開だったりするので、明確なパラレル扱いである。



Ds_b


こっちはフィルがパイロットで加入することがない。
21話でフレイを助けるかどうかでキラとマリューのIDに影響する。


戦艦は
アークエンジェル
ソレイユ(ディアナ2)
マザーバンガード
エターナル
 
16話でフラグを立てない場合
アルマイヤー(ディアナ1)
 
 
【原作成分】
10話 シード ウイング
 EX Gガン
11話 ターンA DS
 EX Gガン エックス
12話 シード ウイング
13話 シード
14話 ウイング シード
15話 ターンA
16話 ターンA
17話 ターンA
18話 シード ウイング
19話 シード
 EX Gガン
20話 ウイング
21話 ウイング シード
22話 シード
23話 DS
24話 DS
SP1~2 エンドレスワルツ
SP3 Gガン
SP4~7 クロスボーン



ガンダムSEEDは宇宙世紀ルートでも扱いが大きいので、平成ガンダムルートの旨味はあんまり無い。
だって平成の作品であるガンダムXとターンAは宇宙世紀と共有で、Vガンダムはこちらに絡まない。ガンダムWからは主人公格がヒイロしか出てこない。シードデスティニーも最後のオマケでいるだけ。

SEEDはキラが死んだ後の後半部からスタートするので知っている前提で進む。よく言えば原作を見るきっかけになるのか。

ドモンがデビルガンダムを追っているのは同じだが、原作のような暗い部分はない。アルティメットガンダムを作ったことは知られている父親はどうなっているのか不明で、母と兄についても言及がない。AAが宇宙に上がるときもデビルガンダムは地球にいるけど、別にいいか。ってなってるし。
 
 
 
 
 
【戦争の流れ】


OZによる平和主義国家への進撃
アラスカの支援にクワトロ自らが向かう
エゥーゴ・カラバは連邦軍から切り捨てられたアークエンジェルと合流
アラスカの自爆でザフトの戦力が大きく削られる
OZのクーデターで各地の連邦軍基地が制圧される
OZによるオーブ侵攻に反対したトレーズが更迭される
ブルーコスモスのアズラエルの指揮によってオーブは崩壊する
OZによる攻撃を受けてリリーナはサンクキングダムの解体を宣言

ムーンレィスの内乱
ディアナを擁して月の混乱を収拾しに行くエゥーゴ
地球を滅ぼしたというターンXの封印を解いていたアグリッパ
クルーゼは月から黒歴史のデータを持ち出しアグリッパを暗殺

OZとザフトの戦争
ホワイトファングが発足してザフトに協力
クルーゼは黒歴史のデータをドミニオンにリーク
それによりデビルガンダムやNJCを扱えるようになる
OZのトレーズ派が決起してアズラエル派と衝突
暴走したアズラエル派がプラントに核攻撃
ジェネシスを撃とうとしたパトリックは身内に撃たれて死亡

ラスボス
ミリアルドはジェネシスを破壊し生死不明になる
プラントの降伏で戦争終結の瞬間
ギレンがリーブラで登場
思いの強さで勝利
破壊されたリーブラと共にギレンは戦死

クリア後
マリーメリア軍を鎮圧
DG細胞で復活したアズラエルとデビルガンダムを破壊
木星帝国の核攻撃を事前に阻止 
 
 
 
 
【敵対勢力】
10話 カラバvaOZvsザフト
EX 暴走したデビルガンダム
11話 ミリシャがカラバに味方
14話 カラバは地球に残留
15話 AA・ミリシャvsギンガナム・ディアナカウンターvsOZvsザフト
 ディアナがエゥーゴと行動を共にする
16話 ミリシャのグエン離反しギンガナムに付く
17話 クロスボーンがAAに味方
18話 ホワイトファングがザフトに協力 ラクスがAAに味方
19話 デビルガンダムはアズラエルOZの制御化に
 トレーズOZが別組織化
20話 AAvsアズラエルOZvsトレーズOZvsザフト・WFvsギンガナム
 トレーズ戦死
22話 パトリック死亡
23話 ギレン登場
プリベンターvsマリーメイア軍
プリベンターvs木星帝国

ティターンズという名前は最初こそ出てくるものの、いつの間にか敵はOZだけになっている。吸収されたのかよく分からない。
 
 
 

・9話
ストライクを失ったことを上官に攻められるマリュー。
ムウ フレイ ナタルは転属でお別れ。

 
 
・10話 闇の胎動
アラスカを防衛するアークエンジェル。
フラガが地下のサイクロプスに気づいてアークエンジェルに戻る。
救援に来たカラバにもサイクロプスのことを知らせアラスカから離脱。
赤い稲妻と間違われるシャア

戦闘後
レディの命令でサイクロプス起動。
OZによるオペレーションデイブレイクが発動。各地の連邦基地、DC駐屯地などが制圧される。またトリントン基地は核を爆発させて無力化された。
オーブは近々OZとザフトの戦いに駆り出されそうで困っている。
ラクスの側で目覚めるキラ。

補足
これまでのAAの軌跡については原作通りだろうと推測するしかないが、だとしたらストライクがロールアウトしたのはガンダムマークツー以前ということになりそう。他のGはイージスはいたらしいが、他3機のガンダムは確認されていない。

エゥーゴはモルゲンレーテと繋がりがあったのでオーブからAAを助けるように依頼されていた。

ブルーコスモスの仲介でOZはティターンズと手を組んでいる。
OZがなんなのか説明が無かった。

トリエルは実験施設から逃げてきたのをカラバが保護した少女で、このルートだとブレックス准将の紹介でハヤトの元に来たことになっている。

AA内のストライクのOSをナチュラル用に変更、そのOSはアナハイム製で、キラが開発したOSを元に作られた。

 
 
・10話X4 地球に落ちたガンダム
巨大な物体が降ってきたので確認しに行くとデビルガンダムだった。
そこにドモンが登場して素手でデスアーミーを破壊。一同驚く。
東方不敗も登場、ドモンとは敵対している。
再生して逃げるデビルガンダム。

戦闘後
デビルガンダムは強力なMSに集まるということでドモンもAAと同行。

補足
ドモンはネオジャパンからデビルガンダムを追うために派遣された。
ドモンの父がアルティメットガンダムを製造したが暴走してしまった。

シュタイナーが東方不敗になったりストーカーになったりする。アドバンスでもあったネタ。

数年前にコロニー間の争いを解決するためにガンダムファイトが行われていた。
ガンダムファイトは4年に一度開催されて勝った国が主導権を得ていたと語るシュタイナー。
マリューやシャアでも知らなかった。
数年前だと2回しか開催されてないことになるし、そもそもRX78ガンダムができたのが8年前なので相当無茶な設定。あとこのゲームにはネオジャパンしか登場しないので誰と試合していたのかも曖昧。ムーンレィスが来たことで時空が歪んだということにしてはどうかね。

ゴッドガンダムの感情エネルギーのことを聞いて、カミーユなら明鏡止水が使えたかもと語るクワトロ。更にカリウスでもできそうだと冗談を口にする。
声優ネタを重ねすぎ。

 
 
・11話 キエルとディアナ
宇宙世紀ルートと共通。細部が異なる。

ディアナカウンターとミリシャが戦闘している。
DCフィルから暗殺されそうになったディアナを連れて逃げるハリーをミリシャが助けたからだ。カラバがミリシャを救援にくる。そこに現れたレギオンとの戦闘でトリエルが覚醒する。

戦闘後
ミリシャはカラバに同行して女王のことは隠して置く方針。
本物のディアナはアグリッパに連れ去れた模様。

進路上にニュータイプ研究所を発見。
オーブへの到着が遅れるがほっておけない。

補足
宇宙世紀ルートだとダカールにいたDCだが、このルートではオペレーションデイブレイクの影響で行き場を失い、ネオジオンと協力することがない。

精密検査の結果、トリエルの身体は普通の人間ではなかった。
危険だから処遇をはっきりさせたいエゥーゴ士官。しかしコーディネイターであるキラとダブらせたフラガはトリエを庇って話を濁す。そんな楽観的でいいのだろうか。

ターンAはこの先の未来で地球文明を滅ぼすMSだから、いま存在しているのはムーンレィスが持ってきたからだと思っていたが、ハリーがターンAのことを白いMSと呼んでいる。ロランがターンAを操縦している経緯は全く不明だが、この世界の過去にもターンAが文明を滅ぼした黒歴史があったと考えればいいのだろうか。
Ggds_11b_01__18

 
 
・11話x5 その名は東方不敗
ティターンズの研究所を襲うデスアーミー。守備隊が次々とゾンビ兵化していく。
そこにハイザックに乗ったガロードがティファを助ける。ティファの導きでガンダムX(プロトタイプ)に乗る。サテライトキャノンを撃つと、それに反応したのかデビルガンダムが出てくる。
続けてドモンと東方不敗も現れて共闘、石破天驚拳を教えて去っていく東方不敗。

戦闘後
カラバがオーブに到着。
オーブが地球連邦軍から降伏を迫られる。

 
 
・12話 正義の名のもとに
オーブに対しモビルドールを主力とする連邦軍の攻撃が始まる。
ブーステッドマンの攻撃でAAはピンチ、それを救ったのはエピオンに乗ったヒイロだった。
敵の第一波を撃退する。
攻撃を続けようとするアズラエルだったが、トレーズは部隊を撤退させてしまう。

戦闘後
アズラエルの命令でトレーズは更迭される。
連邦軍の撤退についてカラバに解説するヒイロ。
キラはラクスからNJC搭載したフリーダムを授かる。
アスランはフリーダム奪還命令を受ける。

補足
イベントでヒロイックに連合ガンダム3機を撃退するヒイロが無双すぎる。キラとアスラン以上なのか。
ヒイロはウイングをなにかしらで失って、トレーズからエピオンを授かっていた。

赤い彗星か稲妻か曖昧なクロト

ゼロがブーステッドマンに対して何か言いたげ。別のルートなら説得できたんだけどね。

Ggds_12b_02__42

 
 
・13話 決意の砲火
再度オーブを攻める連邦軍。
そこにレギオンも登場。失敗作であるトリエをゼノビアと呼んで処分に来た。
月光蝶を使うセンチュリオに対して、またも覚醒したトリエルがトライアを呼び出して破壊。
モビルドールの攻撃で街に危険が迫った時を見計らってキラが登場。

戦闘後
オーブ各地に現れたレギオンの攻撃でオーブの防御が崩れる。
そこをティターンズに攻撃されてオーブは敗れる。

ウズミから次はサンクキングダムが狙われることを聞く。
ウズミはマスドライバーにて自爆。

オーブの陥落を知らせにザフトと接触するレディ。

補足
この時トライアを遠隔操作で動かしていた。

レギオンが適度に攻撃して去っていくのは過度の介入でスケジュールが崩れるのを恐れてのこと。

トリエルがレギオンに狙われてるのを知って陰口たたくエゥーゴ兵。出ていこうとするトリエルを止めたのはキラだった。

謎の研究員によるとセンチュリオのやられた原因はスペック不足で、必要な能力の50%も出ていないらしい。ムーンレィスから情報を得る必要があると。

Ggds_13b_13__45

 
 
 
・14話 ガラスの王国
OZの別部隊が既にサンクキングダムを攻撃していた。いち早くヒイロが駆けつけるが即座にゼロシステムに惑わされる。そこにやってきたゼクスの攻撃でヒイロは正気に戻る。
デビルガンダムもやってくる。
アスランもサンクキングダム防衛に協力する。
見かねたリリーナはサンクキングダムを解体し、OZに拘束される。

戦闘後
ヒイロの提案でエピオンとウイングゼロを交換。去っていくゼクス。
アークエンジェルはフォンブラウンへ向かう。
ハヤトはOZへの抵抗を続けるために地球に残った。
アズラエルはデビルガンダムに目を付けていた。

補足
トールが既に殺されていたことが発覚。しかしニコルらの名前は出ない。

シャアが先輩としてアスランにアドバイス。カミーユへの台詞のオマージュ。その後に偽名を使う時はサングラスをしろというのはアレックスディの話だが、このゲームにアレックスのグラフィックはない。名前は入ってる。

初登場のゼクスはOZを脱走していた。

デビルガンダムを地球に残したまま月に向かうアークエンジェル。ドモンはすんなりと付いてきてくれた。主戦力なのでありがたい。後回しにする余裕があるということか。

Ggds_14b_16__15

 
 
 
・15話 月世界の門
宇宙世紀ルートと共通。細部が異なる。

レギオンに追われてミスルトゥに逃げ込むディアナ。
凍結されていたはずのギンガナム艦隊が登場。
AA隊との戦闘で月光蝶の封印が解ける。

戦闘後
ディアナと合流。
ターンXを使わせたアグリッパを問い詰めるためゲンガナムに向かう。
ハリーはキエルを連れて脱走。
聖女レディがザフトに和平を持ちかける一方、眼鏡レディがブルーコスモス派打倒を掲げる。

補足
ニュータイプの力のことを「もう覚えた」というレギオン。まるで最初は知らなかったみたいな。

このルートのフィル達はOZに地球を追われてギンガナム艦隊に世話になっていた。

シャイニングフィンガーを見せてやると言ってゴッドフィンガーを食らわせるイベントはモノアイから再録。

キエルを連れ出すハリーに殴られるのはフラガ。宇宙世紀ルートだとアポリ―。

謎の研究員がトリエルの成長を自己進化と評価していたのが面白い。だとすればレギオンと同じだと言っていた。つまり失敗作でも何でもない。

 
 
・16話 衝撃の黒歴史
宇宙世紀ルートと共通。細部が異なる。

アグリッパに誘われディアナたちは宮殿に入るが囚われる。
ハリーの助けで脱出。

戦闘後
データルームでアグリッパによる黒歴史の解説。アグリッパは暗殺されてクルーゼは黒歴史のデータを持ち帰る。
アスランはプラントに戻り父と話し合うことに。
グエンはターンAを盗んでギンガナムの元に行く。

補足
このルートだと、ギンガナムと行動を共にしていたフィルがここで仲間になる。

このルートだと、アグリッパを殺したクルーゼが発見される。ムウと撃ちあいになるがレギオンの助けが入って逃げられてしまう。レギオンはクルーゼを利用しているようだ。

Ggds_16b_17__04
クルーゼの件はパトリックに聞いてくれなかった。


 
 
 
・17話 宇宙海賊
宇宙世紀ルートと共通。細部が異なる。

マザーバンガードがターンAを取り返してくれる。

戦闘後
アスランがAAに協力していることをパトリックに告げ口するレディ。
パトリックはアスランに釈明を要求、返答次第で反逆者として捕らえると。
そこに武装したバルトフェルドが立ち入ってアスランを連れ出す。エターナルで脱走。

AAにもエターナル逃亡の情報が届く。ディアナカウンターの一部を率いたディアナと共にプラントに向かう。

補足
ザフトの本拠地を制圧して脱出するくらいだからラクス派の規模はでかいんだろーな。

キエルはディアナの代わりに月に残って政治をやっている。

 
 
 
・18話 ラクス出撃
ザフトに追われるエターナルをAAが救助。
宇宙の民を虐げる地球人は敵として、ホワイトファングのミリアルドがザフトに協力。

戦闘後
ミリアルドに助けられたレディはトレーズの元に帰る。
WFが宣戦布告。
ザフトとOZの全面対決が予想される。
AAはザフトの勢力圏から抜けるためにメンデルコロニーに潜伏。

 
 
・19話 螺旋の邂逅/開く扉
戦艦の補修中に連邦軍と遭遇。ドミニオンの艦長になったナタルだった。
様子を見ていたクルーゼの気配を感じ取ったムウがコロニー内に移動。それを追うキラ。
クルーゼは人類の絶滅が目的であると語る。

戦闘後
クルーゼが黒歴史のデータ(NJC)とフレイを放出してドミニオンに回収される。
トレーズが復帰したOZは全戦力を宇宙に上げる。
トレーズの軍の対応に迫られてAAの追撃ができなくなるアズラエル。
黒歴史のデータからデビルガンダムの制御に成功してAAを攻撃させる。

補足
ここはライバルルートの1話に相当。

トレーズはプラントに勝てる見込みは無くても抗う姿勢を見せるために戦うと語る。

マリューのLVが20以上でナタルと戦闘すると、女性艦長対決イベントが発生。
ドミニオンの砲撃をマザーバンガードのシールドで防ぎ、ソレイユがかき消す。アークエンジェルとエターナルの発砲でドミニオンは撤退する。ドミニオンを倒したことでマリューの評価が爆上がりする。4人で倒したけどマリューじゃなかったら4人は協力していなかった。果たしてそうか?

Ggds_19b1_04_lv20_75


・19x6 宿命の戦い
コロニーメンデル内にデビルガンダムを発見。
東方不敗が止めるのも聞かずにドモンはデビルガンダムを破壊する。
その後、二人は1対1で決着をつける。

フォンシティに戻ったAAはハヤトと再会して事情を聞く。
予想されるOZ同士の戦闘に出向く。

補足
カラバは戦う相手がいないのでOZの内紛を知らせに来た。ティターンズはエゥーゴとカラバでなんとかなるのでOZとザフトとホワイトファングをどうにかして欲しいと。地球と宇宙の全面戦争になっては困る。

ここでマリューがはっきりと戦争を少しでも早く終わらせることが目的だと言う。立派だが重荷を背負いすぎではないか。

原作通り東方不敗の目的は地球に自然を戻すための人類抹殺。
ドモンが戦いに勝つと東方不敗は死ぬが、負けてもゲームオーバーにはならずに東方不敗はどこかへ去っていく。東方不敗が生存するにも関わらず特にフラグも立たない。

Ds19xb

 
 
・20話 混迷の宇宙
地球軌道上でトレーズ派のOZとブルーコスモスのOZが戦闘。
出来る限りのMSを行動不能にして戦闘を終わらせたいAAが武力介入。
トレーズは戦死。

戦闘後
この連邦同士の戦闘の中継を見てリリーナが高官を説得した結果、OZ参謀本部は全ての兵器の廃棄を決定する。
しかし、アズラエルは命令を無視してプラントへの攻撃を継続。

補足
トレーズとバルトの会話は声優を意識してそう。

ナタルはアズラエルに反発しているが、プラントに向かう戦力はモビルドールとデスアーミーなので命令には従順。もちろん人間の兵士もいる。

ヒイロでトレーズを撃破すると発生するイベントで、ヒイロに「お前を殺す」と言わせてしまっている。結果トレーズが本当に死んでしまうのは致命的なミスだと指摘せざるを得ない。

 
 
・21話 最後の勝利者
GP02で核攻撃を仕掛けるアズラエル。
ザフトの防衛ラインが突破されて迎撃に出るホワイトファング。
出来る限りのMSを行動不能にして戦闘を終わらせたいAAが武力介入。

ヒイロとの一騎打ちに敗れるゼクス。カーンズも死んでホワイトファングは崩壊。
ドミニオンも撃墜されてフレイはポッドで射出される。

戦闘後
ジェネシスがOZのバルジ要塞を消滅させる。
地球に向けて撃たれる前にアスランが内部から破壊することになる。

補足
ついに黒歴史にない戦いが始まると呟くギレン。今までも結構黒歴史からズレてたと思うんだけど。

何故か3人の中でクロトにだけゼロとアスランとで会話イベントが存在。詰め切れなかったのか?

AAを守るはずのムウを出さずにイベントを起こせば、先手でローエングリンを撃って無傷で勝利するAA。

このルートだとフレイは戦闘要員にはならない。パイロットとして使用できるのはライバルルートで、ここではマリューのIDとしてのみ活躍する。
もし原作通りクルーゼに撃たれていればフリーダムがバイオフィールドを発生させることができるようになる。

ヒイロとゼクスの舌戦。地球という強者がコロニーという弱者を作って、その弱者がコーディネイターという強者になることを恐れている地球という構図が戦争を生んでいると。
原作よりひとつ複雑な関係になってる。

Ggds_21b_06__07

Ggds_21b_23__14
ハッピーエンドとは言い切れない?


 

 
・22話 終末の光
ジェネシスに攻撃を仕掛けるAA。
ギンガナム艦隊が遊び感覚で乱入。
ギンガナム戦死。

地球に向けて友軍ごとジェネシスを撃とうとするパトリックが身内に殺される。

戦闘後
ジャスティスを自爆させてジェネシスを破壊しようとするアスランをミリアルドが制止して代わりにジェネシスを破壊。死んだことになってる。

大量のレギオンと巨大戦艦が接近。レギオンに呼ばれて艦を出ていくトリエル。

補足
原作と違って生きてる間にパトリックと対面するアスランとカガリ。

クルーゼはV2ABにDG細胞を乗せて連れてくる。

グエンはサイコガンダムで出撃。ギンガナムの結末も宇宙世紀ルートと共通。

核爆発にできるからジャスティスの自爆でジェネシスを破壊するつもりだったはず。なんでミリアルドは破壊出来たのか、なんでアスランはミリアルドなら破壊できると思ったのか謎。

宇宙世紀ルートとは違ってジェネシスは破壊されるんだと改めて気づいた。

Ggds_22b_20__21

 
 
 
・23話 甦る亡霊
OZの巨大戦艦リーブラからギレンが姿を現す。
センチュリオに取り込まれたトリエル。
キラたちの説得でトリエルが自我を取り戻す。

戦闘後
ギレンが次の手を撃つ。

補足
ジェネシスがリーブラになっただけで宇宙世紀ルートと共通。
 
リーブラはデルマイユ候の死で建造が放棄されていた。
それをノーマたちが強奪、建造を引き継いだ。

トリエルを生体CPUとして利用することで、トリエルの記憶を元に自己を調整し、AAとの戦闘に特化した能力を得ることが可能。DG細胞の自己進化を元にしている。

リーブラの外周部は対ビーム障壁で覆われていて、実弾に対してはPS装甲が使われている。

Ggds_23b_02_hp_11


 
 
・24話 未来への道標
再度リーブラを攻撃。
センチュリオは月光蝶で反撃。
ザフトがAAの援護に駆け付ける。
思いの強さでAAが勝利。

戦闘後
指令室にまでに侵入していたドクターJがリーブラを自爆させる。
潔く死を選ぶギレン。
ザフトの停戦で戦争が終結。
レディがプリベンターを設立してAAを誘う。

補足
ザフトからの援軍の中にシンがいて、戦闘後しれっと自軍に加わっている。空気参戦。

Ggds_24b_15__19

 
 
 
索敵3回後
・sp1b 13番目の星座
旧OZの急進派が連邦の主要施設を占拠。
マリーメイアが声明発表。
先制攻撃を受けるAA。
死んだはずのゼクスが助けに来る。

戦闘後
マリーメイアはリリーナをさらってブリュッセルのシェルターに引きこもる。
ザフトのデュランダル議長からセイバーが贈与される。怪しみながら受け取るAA。

補足
正規の軍は対応に追われて軍を動かせない。
ザフトは連邦との条約で軍を動かせない。
プリベンダーだけが頼り。

・sp2b エンドレスワルツ
ブリュッセルでの戦闘。
リリーナが市民に呼び掛ける。
普通にマリーメリア軍のMS隊が全滅。
そこにウイングゼロがダメ押しのシェルター破壊。

補足
この世界線では家でテレビを見ているウッソとシャクティ。
リリーナの呼びかけでマリーメイア軍が制圧した各地に民衆が押し寄せた。
デキムは身内に撃たれた。

索敵2回後
・sp3b デビルガンダム再び
ネオジャパンに向かったレインが捕まってデビルガンダムのコアにされる。
ネオジャパンの駐留艦隊が消息を絶ったという情報を受けてAAが駆けつける。
コロニーに行ってみるとネオジャパンがデビルガンダム化していた。
黒幕はアズラエル。
ドモンの説得でレインを取り戻しデビルガンダムを破壊。

補足
レインはデビルガンダムの復活のために必要だった。
アズラエルが生きていたのはDG細胞のおかげ。
ネオジャパンの復興にはデュランダルも協力した。

Ds27

索敵4回後
クロスボーンシナリオは他ルートと同じ。
木星軍の策略で正規軍から裏切り者として追われるAA。アラスカのこともあって祟りを疑う。

Ggds_30b_06__04

エンディング分岐検証結果
[キンケドゥらとの別れパート]
フラガが生きてると追加あり

[ヒイロとリリーナのパート]

[キラとアスランのパート]
フレイが生いきてると追加あり

[ゼクスとトビア]

[ガロードとティファのパート]
ガロードいれば

[ドモンのパート]
ドモンいれば

キラはラクスとくっついて、フレイは身を引く。
ミリアリアはカイに誘われてジャーナリストになる。
テラフォーミングに行くゼクスの船に乗るトビア。
ガンダムXはレディが封印。
東方不敗は死んだ感じだけど、生きているとも受け取れる。

|

« 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2 | Main | 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65367/67069523

Listed below are links to weblogs that reference 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その3:

« 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2 | Main | 【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その4 »