« October 2018 | Main | December 2018 »

November 2018の5件の記事

November 26, 2018

機動武者大戦にサウンドモードがありました

カイの至言技が一向に成功しないので、それは今回どうでもいいのですが、気晴らしにと思い立って調べてみたら、サウンドテストを見つけることができました。夢にまで麻雀が出る日々。

機動武者大戦のサウンドモードというのは、クリアすれば出現すると攻略本に書かれているのですが、エンディングを最後まで見ても画面が止まったまま操作を受け付けないし、ソフトリセットもないので、どうすることもできずに確認することができなかったものです。

Sound1

エンディングでガンキャノンの会話シーンに移る時に"0007351E"に+64されますが、これがフラグです。
この状態で図鑑に入ると通常なら武者図鑑に直行するはずが選択肢が出るようになるのです。

つまり音楽モードは存在したけれど通常のプレイで出すことは、不可能だったという結論です。CMを見る時のような特殊コマンドが実装されていれば良かったのですが。



これだけで終わるのも淋しいので曲目を書いておきます。

Continue reading "機動武者大戦にサウンドモードがありました"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2018

PCは5000円で直せる

7年くらい使ってたデスクトップPCの電源が入らなくなった。
  
完全に使えなくなったんじゃなくて電源を入れて2秒くらいですぐに落ちてしまう。
フィィイイーーーン!フゥーーン・・・」で再起動の繰り返し。
  
で、その現象は2年くらい前から起こっていたものの、待ってれば何かのタイミングで起動して、なぜかその後は問題なく使えてしまうので放置していた。こういうことがあるから機械って0と1の世界だと思えない。そして今回とうとう2時間待っても改善しないので諦めて原因を究明することにした。
  
答えが分かってる今にして思えばあたりまえなんだけど、原因は電源ユニットだった。
PC素人にしてみれば電源がそんなに重要なんて思っていなかったし、OSの起動中に起こる異常だから電気は通っているわけで、マザーボードのどっかのチップとかが原因だと思って、どこか焼けてる箇所が無いかと必死に探していた。

でも調べていくうちに電源にもいろいろ種類があって、PCの中でも特に投資を惜しんではいけない部品であると書いてあったのが自分には意外なことだった。

で購入したのは玄人志向のATX電源 KRPW-N600W/85+
amazonで5000円
ちなみに元の500Wから600Wにパワーアップした。
  
接続は簡単
全部プラスドライバで外せるとこだし、HDDと光学ディスクドライブとマザーボードの電源の位置だけ覚えて、元あった場所にケーブルを差し直すだけだから。
  
その時不安だったのが、数年前のケーブル規格が変わっていないかってことだったけど全く変わってなかった。電源ユニットの大きさは全てスタンダードなPCケースに合わせて作られているようで、ぴったり収まった。
  
電源が点かないとなるとPC本体ごと買い換える人もいるはずなので機械音痴は怖いなと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2018

ガンダム小説本紹介その1 トワイライトアクシズ

増え続けるガンダムの周辺小説を整理するために、もう一度読み直して整理していきたいと考えている。紹介に当たってネタバレとか一切気にしないんで。
でも気になった人はちゃんと読んで欲しい。自分とは感じる部分が違うはずなんで。

トワイライトアクシズは2016~2017年のWEB小説。
アニメ映像にもなっているが、30分という尺内にストーリーを収めるための変更点が多い。また省略が多いのでアニメの方でストーリーを把握するのは困難になっている。
コミックは現在連載中であるが、そちらは未読。

世間の評判だと、アレックスの進化版の新ガンダム・トリスタンのことが話題になっただけだった作品。アレックス同様に素体の状態だと量産機にやられてしまう。細かいバックボーンについては不明で済まされた。短い話なので不明扱いで済まされた案件が多い。

話の舞台が(半分に割れた)アクシズなので「逆襲のシャア」後のアクシズの状態や、シャアの過去に絡む設定が多くある。同じガンダムとはいえ、既存の作品に関わってくるような設定を掘り下げているのは、ブックレットによると若い人にはそういう拘りがないので若い人に向けて作ったようです!!!

Sazabii

Continue reading "ガンダム小説本紹介その1 トワイライトアクシズ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2018

【PS3/Vita】ガンダムブレイカー2 の情報 その2 上級編

ガンダムDXはガンダムじゃなくてガンキャノンなんじゃないかという主張。
この主張が通ればマドロックもガンキャノンということになるが。

Photo

こんなデザイン遊びをするにも、まずパーツを集めないと始まらない。
というわけで、パーツの手に入るミッションを紹介。 
 
 
【パーツ収集】

武器・盾のCADを落とすのは敵エース。MSの部位のCADはエリート機も落とす。
アーマー(黄色ゲージ)を剥がしてから月光蝶で分解するのが楽だった。クアンタムバーストではエフェクトの割に分解率は悪かった。
低難易度ミッションのエース機はアーマーが剥がれる前に倒れてしまうと思うけど、そういう相手にはショップで買える攻撃アイテムを利用すると良い。

チームバトルでエース機が復活するミッションの場合、パーツ単位でドロップ済みかが判断されているので、既に全解体していたら2回目を倒す意味はない。

以下の表は自分で確認して埋めたものなので完全なものではない。自分が集めるときに使っていたので十分だと思うけど。
黄色セルはMGであることを意味する。枠で囲っているのが武器盾CAD。時間はクリアまでの所要時間の目安。

チャレンジミッション↓

Gb2m3_2

頑張って全パーツを集めたわけだけど、印象に残ってるのは、
ライフルMとバズーカMのためにカフェ10を周回したこと。
シールドMのためにカフェ11を周回したこと。
結局、専用CADは一度に2つ3つ手に入るし、ドロップ率も特に低くないので面倒なのは汎用のベースCADだった。そういうのは難易度低いミッションで手に入るのでパーツコンプのハードルは低い。

マグナムCADと高エネルギーCAD目的の模型14はクリアまでが長いのでやっかいだった。MGベアッガイⅢは模型14のエリート倒さないと手に入らない。
あと模型店7でクアンタH-CAD・・。(後述)

Continue reading "【PS3/Vita】ガンダムブレイカー2 の情報 その2 上級編"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2018

【PS3/Vita】ガンダムブレイカー2 の情報 その1 基礎知識編

1作目の2013年6月27日から1年6か月後に発売されたガンダムブレイカー2。
MSは約100体追加されてミキシングの自由度が大幅に広がった。

世間ではPS4の新作が悪い意味で盛り上がっていて、私はまだ1作目しか遊んでないので早速2作目を遊ぶことにした。順当に進歩していて良いゲームでした。

協力して手伝ってもらうと楽らしいけど、当然ながらオフラインの完全ソロプレイでの感想になる。ちなみにvita。

01_title
タイトル画面に自分の機体がいて、シームレスでゲーム画面に移行するの好き。

ガンダムブレイカー2
PS3/PS VITA
発売日:2014年12月18日
最新バージョン:2015年1月23日にv1.12 (パッチ1.03)

開発:クラフト&マイスター・イリンクス(河西D)
ジャンル:アクション
作成可能MS数:約172体 (うち一部差分32体)(追加配信機体含む)
ステージ数:111 (追加配信24含む)
ステージセレクト制
セーブ箇所:ひとつ(自動セーブ)+オンラインにアップロード
多人数プレイ:2~4人の共闘
料金追加:出現率アップアイテムの購入
拡張機器:前作からの引継ぎ・PS3とvita間のクロスセーブ

資料価値 2
クリア時間 3(4)
クリア難度 3(4)
コンプ難度 4
個人的好き度 4

・なんとなくストーリーが付いているが詳しい設定がほぼない。
キャラの乗ってるMSが全て素組機体でオリジナリティがない。

エンディングまで24時間。その後はストーリーのないエクストラフェーズが始まる。
全ステージクリアまで73時間。プレイ時間は参考程度にしてほしい。だって攻撃の挙動見るためだけに何度も装備変えて出撃後リタイアしたり、MSの色変えたりの時間も含んでいるから。パーツが豊富なので、それだけプレイ時間も多くなるだろう。

・ストーリークリアまではいい難易度で適度に苦戦できた。その後のエクストラフェーズになると敵が本気だしてくるのでパーツのレベル上げに時間を使ったり、使い勝手の良い強パーツの使用を迫られる。それでも前作の1撃死のような無茶な難易度ではなかったので相対的にヌルく感じる。中には使うとヌルくなる程の強武器があった。救済要素なのか?

トロフィーのコンプは100時間で達成。一番苦戦するのは全ミッションのSランク取り。基本的にクリアできる実力があればS取りは苦労しないだろう。難しいより面倒寄り。
パーツのコンプはトロフィー条件に入っていないが、183時間で達成した。

・パーツを集めて自分のガンダムを作り上げていく過程はやはり面白い。
今回からパーツを強化する方式に変わり、前作のように質の高いパーツを掘り当てる必要がなくて遊びやすかった。また、強化することで弱いMSでも最後まで使っていけるような数値の調整になっているのでカスタマイズの自由度が上がったことは喜ばしい。そしてMSの各部位に原作設定に沿ったアビリティが設定されていて、それが細かくパラメータに反映されているのも個性が出ていて、見ているだけでも面白かった。
 このようにアセンブリの部分では満足だったんだけど、アクションゲームとしては物足りなさを感じた。
だいたいの大型ボスやPG機体に対して、隣接して攻撃連打でどうにかなってしまうので、攻略しがいが無かった。相手の攻撃パターンを考える必要がなくて緊張感を伴う場面が少なかったように思う。
 操作性で特に不便だったのが、レーダーに映っているのに後ろの敵をロックできないというロックオンの融通の利かなさ。空中を飛び回るバグを優先的にロックさせてターゲットを逸らす。そういうストレスの溜まるタイプの難易度の上げ方をしていると感じた。

総合的に見ればガンブレ1と一長一短だけど普通に面白い。

 
 
参加作品はゲーム中に『ソース』として記述があるのでそれに従うと以下になる。
でもMSVとかクロスボーンとかアストレイの分け方は私の基準と違う。

注目点を挙げると、
SEEDのリマスターが参加していること。ルージュのオオトリ装備もいる。そういう時期だったのかと思うところは多い。それとガンダムAGEは2世代までに留まっている。そういう時期とかじゃなく2018年現在でさえ現実世界のガンダムAGEのMGはAGE2止まりである。

不自然にバリエーションの多いガンダムWも気になる点だ。「敗者たちの栄光」が別枠として参加していて、シェンロンガンダムにはTV版と敗者版(EW版)がある。更にアルトロンのEW版もいるので五飛は3セット。ヘビアとデスサイズは1セットという格差にもやもやする。

ガンプラゲームということで、ガンダムDXのプラモに付いてた武器が使えるのには感動した。



機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダム MSV
08MS小隊
外伝ブルー
外伝ミッシングリンク
ポケット
スターダスト
ゼータ
ZZ
センチネル
逆シャア
逆シャア MSV
UC
F91
クロスボーン
Vガン
Gガン
ガンダムW
ガンダムWエンドレスワルツ
ガンダムW敗者栄光
エックス
SEED
SEEDデスティニー
SEEDスターゲイザー
SEEDアストレイ
SEEDデストレイR
SEEDフレームアストレイ
SEED VSアストレイ
SEED MSV
ダブルオー
ダブルオーV (00セブンソード)
ダブルオートレイルブレイザー
AGE
ターンA
ガンプラビルダーズ
ビルドファイターズ
ビルドファイターズTRY
ガンダム戦記 (ジムストライカーの武器)
プラモ狂四郎

Continue reading "【PS3/Vita】ガンダムブレイカー2 の情報 その1 基礎知識編"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2018 | Main | December 2018 »