« November 2018 | Main | January 2019 »

December 2018の6件の記事

December 30, 2018

【PS3】ターゲットインサイト その3 低評価でクリアする方法

エンディング後に表示される総合評価はS~Eまである。
素直にプレイしていればSランク(New Type)は意識しなくても取れている。

Sr

逆にEランクを取ろうとして初めて分かったけど、総合Sよりも総合D以下を取る方が困難だった。
というわけで今回、総合D、更にEランクはどうすれば取れるのか検証してみた。
まずは計画を練ることから始まる。

 
 
評価基準は以下による
・プレイ時間
・難易度
・クリアミッション数
・平均クリア評価
この4つの評価の平均値が総合評価になる。

まずプレイ時間は、30時間以上で最低判定になる。いくら時間を掛けてもいいというよりも逆にめんどくさい。これはメニュー画面の時間も含むので2日電源つけっぱなしで達成可能。連邦・ジオン、両軍でやろうとしたら60時間なんて時間が必要になる。

難易度はイージーを選択すれば最低判定になる。ということは必然的に1周目のニューゲームで開始しなければいけないことになる。

クリアミッション数は8未満で最低判定になる。そもそも低評価を取れるミッションが多くないので障害にはならない。

平均クリア評価はDが理論上最低だと思う。平均クリア評価がDだとギリギリで総合評価をEにできる。なのでいかにDランク以下だけを取っていくかという話になるわけだ。
 

Continue reading "【PS3】ターゲットインサイト その3 低評価でクリアする方法"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2018

【PS3】ターゲットインサイト 鉱山基地防衛(HARD)のリトライ回数

AVerMediaの録画機器を買って、PS3は全部録画しながらプレイすることにした。自分のプレイを見返せるのは反省に便利だった。
反省といってもクリアしてから見返して、ああすればよかったかもという風にもう一度やりたくなる感じ。

01_hard

「ガンダム ターゲットインサイト」でクリアまで終えて、2周目以降に出現する(HARD)の文字が追加された鉱山基地防衛ミッションに挑戦!これがやりごたえありすぎで面白かった。
このミッションの録画時間だけで8時間超えた!

これまでのアクションと一変してステルス狙撃ゲーと化す。
なので今まで必要でもなかったスコープ射撃が超重要となる。

使用MSは攻撃LV3、武器LV8のゲルググ。
ジオン軍では1・2を争う強MSなのに、こんな難しいなんて。
極める人は他のMSでもやったりSランクも目指すんでしょうね。

Continue reading "【PS3】ターゲットインサイト 鉱山基地防衛(HARD)のリトライ回数"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2018

【PS3】ターゲットインサイト の情報

プレイヤーはひとりのモブ小隊長として、終戦までの3ヶ月間を1日ずつ進めていく。
戦局を覆したりしない、歴史に埋もれた兵器を扱うわけでもない、実力を認め合うライバルもいない、だからといって駄 目 じゃない、駄 目 じゃない。ターゲットインサイト駄目じゃない。結構いいところがある。


実はPS3のローンチタイトルのひとつだった。
コアなファンはジムやザクで戦えるのが嬉しい。
ライトファンはガンダムゲーなのにガンダムを使えないことに不満を抱く。
ローンチで選択肢がないのでライトファンが買ったためか不評が目立つ不運なゲーム。
PS1もPS2も1作目はRX78が自機だったなー。

01_titletis

機動戦士ガンダムターゲットインサイト
(Target in Sight)

プレイステーション3
発売日:2006年11月11日
開発会社:ベック(浪川D)
ジャンル:アクション
使用可能MS数:16+17
ステージ数:25+25 (+9+9+1+1シミュレーションとhard差分)
 クリアしたステージは選択できない
セーブ箇所:10
難易度選択:イージー・ノーマル・ハード・ベリーハード
 解禁に最高難易度が必要
多人数プレイ:2人対戦
トロフィー非対応

資料価値 2
クリア時間 2
クリア難度 4
コンプ難度 4
個人的好き度 3+

・キャラクターは個性付けされておらず、会話劇が一切ない。
状況が説明されるだけなので、ストーリーは自分で補完する必要がある。
補充パイロットの名称はこのゲームオリジナルが8人ずついる。
MSのカラーバリエーションやケンプファーが盾を持ってるのも新鮮。

・クリア条件は、連邦とジオンの両方でエンディングを見る。
 初見での1周目は連邦を選び7.5時間で、後からジオン軍をやったけどそれも7.5時間かかった。そして2周目のクリアタイムはたった30分だった。
このゲームは最終ミッション以外は強制ではないので、最終ミッションだけをクリアできるなら、それでエンディングに直行できてしまう。1周目から可能だったのでRTA向きかも?
 実際は選択制のミッションがたくさんあって、そのミッションの合間に訓練を律義にやっていると時間がかかる。全てとは言わないが1ミッションは5分以内に終わる。
ちなみに周回した強い状態でミッションを全部こなして約3時間でクリア。

・説明書に注意喚起もないが、完全にジオンの方が難しい。何度も失敗したミッションは全部ジオン側だった。主な要因は連邦のMSが優秀な点だろう。頭にバルカンが付いてることの大切さを思い知るゲームだった。
それとジオンのミッションの方が攻撃目標が設定されていて、倒す必要が無い代わりに敵が強かったりもした。
とはいっても、難しいミッションはスキップ可能。それ以上はやりこみの領域になる。

・コンプに当たってはゲームクリア以上の難関は無い。
クリアに必要ない難しいミッションが用意されていたり、より良いクリアランクに挑戦したりできるが、報酬はないので自己満足の領域。

・派手さはないが、その地味さが戦場の雰囲気づくりに一役買っている。ビームライフルを撃つ時のSEがアニメと違っていたり、通信時は声だけでゲーム中に人物の顔が一切出ないようにアニメ的な演出をあえて取り除いている。デフォルトが英語音声。僚機ですら喋らない無個性なコマ。そういうのが苦手な人には向いていない。

04_tekubi

ゲームとして特徴的なのはMSが部分的に壊れるシステムだ。
腕が壊れて武器が使えなくなってしまった時には緊張感が走る。それでクリアできた時の達成感が気持ちい。敵MSを相手にする時でも腕が破壊出来たら別のMSに攻撃を切り替える戦略に繋がる。
体力が0になるまではMSの全性能が発揮できるのが一般的なゲームだが、そこにリアリティを持ち込んでいるのが好き。

ビジュアル的にはMSのテクスチャーが精密でPS2とPS3の差が明確になっていて好き。敵の攻撃を受けると弾痕が描き込まれる。部位破壊された時には関節部のメカニックが露出されるのもメカっぽくてかっこいい。

あとは1ミッションの時間が短いので続けて遊んでしまう没入感がある。
音楽はオーケストラでロンドン含め3回も録音している気合の入れよう。

 
 
・不満点
マルチエンドじゃない
早い日数でクリアする利点がない
マップの端がCPUだけが通れる見えない壁になっていて逃げ場を無くされて被弾するし、攻撃が届かないので待ちぼうけを食らったりもした。
MSの整理ができない
パイロットの並び替えもできない
パイロットが不必要に多い
原作キャラを出す意味を感じられない
視点変更があるのに一人称視点が無い

 
 
・参加作品
ファースト
ポケット
スターダスト (ザメルのみ)
08MS小隊
イグルー
MSV
MSVハーモニーオブガンダム

アレックス等は出ておらず、最強のMSがガンダムというのがストイック。
なおキャラクターに関してはSS外伝、DC外伝からも名前だけ出演。
ブライトやミライやフラウがパイロット要員として存在する。
 

Continue reading "【PS3】ターゲットインサイト の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2018

【PS3】ガンダムゲームにみる ベスト版との差

PS3のガンダムゲーム廉価版一覧

Ps3best_2
PS3の廉価版は全9本。
ターゲットインサイトの色が褪せてるのは日に焼けただけです。

 
【PS3ザベスト】
ターゲットインサイト (2種)
ガンダム戦記
無双1
無双2
無双3
エクストリームバーサス
エクストリームバーサスフルブースト

【ガンダム30thアニバーサリーコレクション】
無双2
 

Continue reading "【PS3】ガンダムゲームにみる ベスト版との差"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2018

【SFC】パワーフォーメーションパズル の情報

これはガンダムの中でも あまり語られないゲームなので基本的なことから全部書いていく。
対戦用ゲームとして結構練られているのにもったいない。
説明書の代わりにしてもらえたらいいと思う。
01_title
SDガンダム パワーフォーメーションパズル
(Power Formation Puzzle)

スーパーファミコン
発売日:1996年1月26日
開発会社:トムクリエイト
ジャンル:落ちもの対戦型パズル
選択キャラ:10チーム
ステージ数:8戦
コンティニュー制限:1回
難易度選択:よわい・ふつう・つよい
セーブ機能:なし
多人数プレイ:二人対戦

資料価値 1
クリア時間 1
クリア難度 3+
個人的好き度 3

・ストーリーモードがあるが、シチュエーション説明の文章が流れるだけ。
SDガンダムのゲームなのでストーリーモードに人物キャラは出てこない。
同キャラ対戦時に2PカラーのMSを見ることができる。以上。

・クリア条件はストーリーモードをノーコンティニューでクリア。1戦に掛かった時間は9~15分だった。
全8試合でクリアまで100分程度。どの難易度でもエンディングは変わらないが、使用チームによって変わる。意外と最高難度でも試合時間は然程変わらず20分は超えなかった。

・ルールが複雑なので、それに対応する難易度が高い。そしてルールが細かいのに説明書にすら細かい仕様が載っていない。ゲームの仕様を理解するハードルが高いといえる。
そして対戦型パズルとして設計されているので自分の場だけを見ていては勝てないというマルチタスク能力も問われる。お子様には向いていない。
裏技的な抜け道としてはポーズの使用が可能。
難易度「弱い」、「普通」で3点、「強い」でも4点。

・パズルゲームは揃えれば消えるものという固定観念を捨てて、如何に貯め込むかという方向に舵を取ったチャレンジ精神のあるゲーム。
できることが多いというか、やることが多いというか、とても駆け引きのし甲斐のあるゲーム性だなと感じていて、対人戦が盛り上がるのは想像に容易い。Pブロックの取り合い、ラグを起こすためにあえて消す、連鎖が起こらないようにあえて消す、Pブロックでなく狙った色のための待ちもありえる。相手のP見てからストック、色が揃ってしまうのを回避するためのリカバリーストック、いろんな場面が想像できる。自分の思う通りのプレイができれば、きっと楽しい。

・不満点
蓄積したブロックが事故で壊れた時のストレスが大きい。
あと少しというところまで高く重ねたブロックが連鎖で次々と崩壊していく絶望感はトランプタワーに似ている。
消してはいけないというのは逆に難しいもので、斜めありの4色しかないブロックだと案外揃ってしまう。Pブロックの取り合いで焦ったミスから連鎖が起こって水泡に帰すのは非常に悔しい。それで頭に血が上がって更にミスを重ねてしまうと、いつまでも詰みあがらない。そんな経験をすると試合を投げたくもなる。対処法としてはPブロックに固執するのは控えたい。
普通は綺麗に消えた時には爽快感が伴うものだが、このゲームの場合はそれが・・。
あと試合が長引きやすいのも悩みどころだ。相殺の末に与えたダメージも、回復手段があるために全回復されて心が折れてしまうこともあった。

 
・参加作品
ファースト
ゼータ
ダブルゼータ
逆襲のシャア
F91
ポケット
スターダスト
Vガン
Gガン
ウイング

意外と網羅していた。
パッケージにもなっている通り、メインはガンダムW。

Continue reading "【SFC】パワーフォーメーションパズル の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2018

【DS】ガンダム麻雀 の情報

ファミコンのマインドシーカーが高難易度ゲームに挙げられたりすることがあるけれども、それがアリならスーパーリアル麻雀が候補に挙がってもいいと思う。もしかしたら知られていない高難易度(理不尽な)麻雀ゲームとかもあるかもしれない。

というわけで、今回は麻雀。麻雀ゲームだし すぐ全解禁できるだろうと見てたのが誤算で、これはコンプまで大変でした。
このゲームをやるまでは麻雀には興味がない方だったけど、自分で役を想定できるレベルにはなりました。ガンダムだから興味を持てたということで、何事もモチベーションが大事だね。

ガンダムキャラによる麻雀だけど、ニュータイプだからといって相手の牌が見えたりはしない。最強キャラは、たぶんギレン。

01titke
機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀DS 親父にもアガられたことないのに!


ニンテンドーDS
発売日:2005年12月29日
開発会社:マイクロビジョン
ジャンル:麻雀
キャラ数:14
ステージ数:12
ステージセレクトなし
セーブ箇所:ひとつ
中断セーブ箇所:ひとつ
通信機能:フィギュア交換
多人数プレイ:2~4人対戦 (DSワイヤレス通信)
拡張機器:ダブルスロットGBAカートリッジ

資料価値 2
クリア時間 1
クリア難度 3
コンプ難度 5
個人的好き度 4
 
・対局用のボイスが多い。キャラクター達によるコントが40個見れる。
でも半分以上はハロのぷよぷよで見たことあるやつだった。
出て来るMSがマイナー。

・ゲームクリアには5時間。
ストーリーモード全12回の対局で1位になればエンディングだ。

・クリア難度については、麻雀なので どうやっても勝てない時は勝てない。
しかし至言技やフィギュア能力で有利に戦うことができるので、麻雀ゲームにしては勝ちやすい方だと思う。

・麻雀ゲームにしてはコンプ要素が多くてやりがいがある。その中でも一番苦戦したのが『全員の至言技を成功した』という単なる実績で、どうでも良いといえばどうでも良い。
収集要素としてはフィギュアが全180種類もあって、麻雀に勝って手に入れる他にも特殊な入手条件が必要なものもある。最低200回対局が必要。

・ガンダムのキャラゲーとして出来が良い。
声優が原作パロディのセリフを喋るし、BGMも原作のものなので雰囲気がある。リーチ時にはBGMが変化するのも盛り上がった。
キャラの掛け合いが豊富で、スレッガーにリーチされたカイが「早い、早いよ!」と言ってくれる。
ハロのぷよぷよと違ってキャラ性能にも個性があるので戦略を練る余地がある。マリオカートみたいな最下位補正があって、最後まで勝てるチャンスがあるのも好き。

Continue reading "【DS】ガンダム麻雀 の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2018 | Main | January 2019 »