« December 2018 | Main | February 2019 »

January 2019の5件の記事

January 29, 2019

祝120万

定期的にやってるアクセス調査

2019年1月28日にアクセスカウンター120万到達。110万からの期間は6ヵ月
前回

期間中のページビューランキング
1. GジェネレーションDS (→)
2. ロックマンエグゼ6 チート集 (→)
3.
Gジェネレーションオーバーワールド (→)
4. タクティクスオウガ 会話抜粋1 (6↑)
5. タクティクスオウガ 会話抜粋2 (→)
6. GジェネレーションF (7↑)
7. Gジェネレーション1作目 (8↑)
8. Gジェネレーション アドバンス 会話抜粋 (new !)
9. ソウルハッカーズ(10↑)
10. GジェネレーションNEO(12↑)


見事にGジェネ関連記事だらけ。
数日前にGジェネの新作「クロスレイズ」が発表されましたが、収録タイトルを絞ってマニアックに深く掘り下げる感じは好印象で期待しています。シナリオ形式も従来の原作追従型で不安要素がない。

新規記事からは、Gネクストのユニットデータ(2018年7月)が11位、GXのユニットデータ(2018年5月)が22位だった。スーファミのガンダムゲーはまだ全部できてないので焦っている。
2018年の8月にはGジェネDSのストーリーまとめをやった。
その2が16位 宇宙世紀ルート

その1が24位 一年戦争時
その4
が26位 ライバルルート
平成ガンダムルートェ・・

これも数日前になるが、SD体型の
シスクードのプラモ化が発表されて意外に盛り上がっていた。そんなモノアイガンダムズの紹介記事は38位39位と上位の方。自分にとってはシスクードが好きというよりはマイナー作品でも忘れないでくれていることが嬉しいという感想。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2019

【PS3/X360/PS2】ガンダム無双(1) ストーリーまとめ その2

前回に引き続き突如、時空を超えて出現した小惑星の話
残りのメンバー分
■ドモン・ミリアルド・プル
■ヒイロ・東方不敗・ジェリド
■ロラン・エマ・プルツー

Gガンダムキャラの癖が強すぎるせいで、ガンダム無双の印象はドモンの真似をするプルと新弟子を取る東方不敗で埋められてしまう。
特に東方不敗チームは1ステージ目で実質ラスボスの武者頑駄無を倒してしまって、ほぼ目的を達成してしまいバランスブレイカーな立ち位置が際立っている。
よく考えたら東方不敗よりターンAガンダムの方が恐ろしいんだけど、今作でさほど猛威は振るわない。

Continue reading "【PS3/X360/PS2】ガンダム無双(1) ストーリーまとめ その2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2019

【PS3/X360/PS2】ガンダム無双(1) ストーリーまとめ その1

ガンダム無双(1)のオリジナルモードは、ゲームオリジナルの設定を用いてキャラクターたちが集合するストーリーになっている。
突如、時空を超えて出現した小惑星が地球に迫る。この星の謎を探るために調査に降り立つ。というのが全キャラクター共通の導入だ。
メインキャラクターは16人で、各キャラクターは、惑星に降りる時に仲間とはぐれてバラバラの3人でチームになる。フルボイスでお互いの名前を呼んで絡みがあるのが高評価。
チームの組み合わせは以下。
■アムロ・シャア
■カミーユ・ハマーン
■ジュドー・ルー・シロッコ
■ドモン・ミリアルド・プル
■ヒイロ・東方不敗・ジェリド
■ロラン・エマ・プルツー

01_character



各作品の敵キャラが生きているということは、進展具合としてどの話数まで進んでいる前提なんだろうかって疑問がある。はっきり言ってそこを追及しても答えはないだろうが、基本的にZガンダム中盤時空な感じがする。
まずアムロもシャアもZ時代の見た目で、地球で共に戦ったことがあるという言及があった。
レコアは完全にシロッコの部下として馴染んでいる。そしてシロッコはティターンズとは無関係で無所属のようだった。それでロベルトがまだ生きてる。

Z時代といってもランバルにマクベといったジオン軍人が健在。

ZZ組もいるから話は複雑で
ジュドーは木星から帰ってきたような設定でシロッコと打ち解けていた。カミーユに対して先輩のように接しているので、ゼータを盗んだか知らないが知り合うきっかけがあったのだろう。ちなみにゼータはルーとカミーユの2機存在している状態が起こるので別物らしい。
ジュドーが木星に旅立ったにしてはシャングリラ組はまだMSに乗っていたり艦長代行をやっていて完全に軍人扱い。
プルもプルツーもジュドーに懐いていて、普段から一緒に行動しているような印象。
グレミーは反乱を起こす前のハマーンの部下の状態。

ドモンとか東方不敗のことは皆が初見の反応だったので別時空から来たんだろうなと思う。ヒイロやロランも同様だろう。それぞれが別々の世界から惑星に近づいた時に一つの時空に集約されるような事態が起こったのではないかと解釈しました。
 
ではストーリーのまとめに入りますが
2周目クリア時に、はじめから要約するつもりで見直したけど、結局のところノリで戦ってるので論理的にまとめるのが難しかった。
チームメンバー同士のストーリーは共通だけど、別チームとのストーリーの間に相互関係はない。

Continue reading "【PS3/X360/PS2】ガンダム無双(1) ストーリーまとめ その1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2019

【PS3/X360/PS2】ガンダム無双(1)の情報

一番後発で追加要素のあるPS2版をクリアしたのが3年前。
本来はこれだけでゲームの内容として十分なのだが
今回改めてPS3版をプレイした。これがPS3のガンダムタイトル2作目なので発売順にやっていこうという気持ちの問題だった。その後でx360版は実績があるんだなと改めて考えたら、慣れてるうちに解除しておきたくてX360版までクリアした。同じゲームをハード別でコンプするような変人はそういないと思う。特に無双ゲームだと頭使わないから作業感が強くて虚しい。

PS2版をクリアした時にも一度ブログ記事にしたのだが、2019年フォーマットということで重複したことも気にせず書いた。

01_title

ガンダム無双

プレイステーション3
発売日:2007年3月1日
開発会社:オメガフォース
ジャンル:アクション
キャラ数:16 (PS2版は追加キャラあり)
ステージ数:80+19 (オリジナル+オフィシャル)(PS2に追加あり)
ステージセレクト可能
セーブ箇所:5
中断セーブ箇所:1
難易度選択:イージー・ノーマル・ハード
 解禁要素にほんの少し難易度が関係する
多人数プレイ:2Pで協力と対戦
トロフィー非対応

資料価値 3
クリア時間 4
クリア難度 3
コンプ難度 3
個人的好き度 3

・オリジナルストーリーで敵味方を越えた別作品キャラ同士の絡みがある。しかもフルボイス。武者頑駄無は一応ゲームオリジナルキャラでメカデザインも描き起こし。

・全99ステージクリアまで48時間。1ステージは平均15~20分でクリアできる。長くて30分かかる。オリジナルモードだと16人のキャラ全員に5ステージずつ用意されているので一人100分の計算。スタッフロールが流れるのは各キャラのオリジナルモードクリア時。

・決して難しいゲームではないが、敗北条件に味方NPCの撃破が多いのでゲームオーバーになりがち。ゲームオーバー後も繰り返しプレイすることでレベルが上がっていくので時間を掛ければ楽になっていく。

・少ないコンプ要素のひとつに台詞集めがある。自力で台詞が出る条件を見つけるのは面倒。
条件の一つである1ステージ中での1000機撃墜が精神的に面倒だった。

・例外もあるが3人1組のチームで同じ目標に向かって行くような連帯感があるのが、このゲームのストーリーの特徴だと思う。その組み合わせの意外性だけで既に面白くてずるい。ストーリー自体はその場のノリであって練られているとは言えない。そもそもパッケージ裏に「迫りくる1000機のザク」なんて書いてるようなバカゲーであり、深く考えてはいけない。
ゲーム部分の方は絶えず敵味方の声が聞こえてきて混戦具合が出ていて良い。間延びしないようにイベントがしっかり用意されていて、オフィシャルモードの方だと分岐もあって思いのほか作り込んである。
音楽は原作のアレンジ曲は音色のチープさが好きではないが、オリジナル曲の方は担当者が違うのか作り込みが伺える。ギャラリーモードでじっくり聞いて良い曲だと気づいた。


・不満点
LVが上がるまでできないことが多い
その上でキャラ数が多いのに毎回初期状態で始まるからLV上がるまでめんどくさい
敵エースは体力ゲージの減りが少なくて殴っても殴っても起き上がるのがイライラする
特に体力が減って補正が働いてからが固くて、ゲージの見た目はあと少しなのに反してしぶとくて腹が立つ
協力プレイ前提のバランスなのかも

カメラ操作の反転ができない
強化パーツがドロップするまで待機する必要があって、いちいち触れないと入手できない
アイテムの接触判定が狭くてアイテムを取るつもりで周囲をうろうろすることがある
ムービーのモーションが着ぐるみショーを見ているようで冷める
音楽がチープ
エンディングの音量にオプションの設定が反映されない
ボタンのポチポチ音に我に返った時虚しい
イベントが起こるまでのラグが煩わしい
さっきまで生き止まりだった場所が時間差で開いて移動が無駄になることが多い

05_puru
プルのキュベレイの動きは群を抜いて人間ぽい。

 
 
 
・参加作品
ファースト
ゼータ
ダブルゼータ
ポケット(ジムコマンド)
スターダスト(ガトー)
Gガンダム
ガンダムW
∀ガンダム
MSV

アニメストーリーを再現しているオフィシャルモードのアムロ編に、ガトーとジョニーが中ボスとして登場している。ガトーの出番はここだけなので、いないに等しいが大塚明夫はナレーションも務めている。
Z時代だけでなく一年戦争時代のハヤトも新訳Zの檜山修之が担当している。
∀ガンダムからのキャラはロランとホレスだけという珍しい出演の組み合わせで、後にも先にもこのゲームくらいだろう。メカニック全員が喋る訳でもないのに大抜擢ではないか。

Continue reading "【PS3/X360/PS2】ガンダム無双(1)の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2019

PCSX2のメモリーカードでPS2を遊べるようにするテスト

きっかけはガンダム無双をPS3でやっていて、PS2のガンダム無双スペシャルの追加要素を確認する必要が出たから。
PS2の無双はPCSX2というエミュレーターでやっていて、今回もそれで起動したら画面がすごく汚く見えた。それはPS2だからなのかエミュだからなのか、有力なのはPS3で見慣れたからだがそれを言っては話が終わってしまう。
PS2ってどんな画質だったかなと懐かしむ意味も含め、実機の画質を確認してみることにした。

そもそもPS2版の追加要素を綺麗にキャプチャーするのが目的なので、実機でも最後まで進めたセーブデータがないといけない。エミュのデータを移せば実機でも使えるよね。安易な考えで調べること1~2時間くらいで実現できました。
 
 
 
キャプチャー機器であるAVT-C875に付属の"PS3専用ケーブル"でPS2と接続した。コンポーネントケーブル相応ということになる。不運なことに、このキャプチャー機器がPS2の解像度である480iに対応していないというので

01_ps2875_2

輪郭がギザギザで、画面はとても汚かった。
内部で無理に解像度を改変した結果だろう。

ここは素直にコンポジットケーブルで繋ごうってことでアナログ対応のGV-USB2でキャプチャーした。そうすれば従来のPS2画質ってものになるはずだ。

04_comop

わあ、より酷い。
PS3に慣れた目からしたら相当汚い。あと明らかに色が薄暗い。

じゃあPS3のアップコンバートに期待するかってことでPS3とHDMIで試した結果

03_hdmi_3

めちゃ綺麗だった。
でもこれには大問題があって、HDMI出力のPS3はコピーガードが掛かるのでキャプチャできないという。この画像は何かの間違いで最初だけ撮れた。本当ならこれでプレイしたいが、わざわざ分配器とケーブル買い足したくない。同じPS3ならってことでPS3専用ケーブルで出力するとPS2と同じ画質になっていた。
どうにも上手くいかない。

そもそもPCSX2のキャプチャは比率が狂っている。それを正してみると

02_pcsx2_2

思ってたより綺麗だったっていう。512x448で出力されるから問題外だろうって思ってた。
これだったらエミュでやろうかな。

Continue reading "PCSX2のメモリーカードでPS2を遊べるようにするテスト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2018 | Main | February 2019 »