May 19, 2016

ガンダムSEEDを見返した ~ニコル死亡カウント~

ガンダムの映像ソフトって、みなさん買った時に全話見てるんですか?
私にしてみたら内容知ってる前提で買ってるので、買ったタイミングで見るわけでもない。
中にはDVDからBDに買い替えてるって人もいるはずで、画質確認のために何話かは見ると思いますけど、4クールアニメを改めてみるのは気合がいりますよね。

今回 見返した「ガンダムSEED」なんてのは、HDリマスターと言いながらリマスター以上のことをやってる作品だったにもかかわらず、コメンタリーだけしか見ていなかった。当時TV放映とかもされてたけど、内容が変わった訳でもないから、やっぱり見なかった。

なんで見る気になったかと言ったら、良い時間が過ぎたから。というのがひとつ。
ゲームでSEEDが扱われることがあっても、使われる場面って限定されていて、それ以外の部分が気になってくる、その興味の蓄積の結果。
それとサービスシーンのキャプチャー目的。

ちなみに「ガンダムUC」はコメンタリでしか見て無かった6話と7話を、昨日ようやく見終えた。

15b04

↑HDリマスター15話による作画変更

Se102

もとはスペシャルエディション

この作画、フレイのブラの描き方が不自然なので、最初は何も着て無かった説を提唱する。描き直しておいて、この裸に色塗っただけみたいな描き方どうなん。重力に負けてブラが意味をなしてないし。フレイが9話で着ていたものと違う感じがするけど、あれ以外の下着を手に入れるチャンスがあったとすれば12話でハルバートンの艦隊と合流した時に支給されたのかもしれない。こんな考察どうでもいい。

Continue reading "ガンダムSEEDを見返した ~ニコル死亡カウント~"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2016

2016冬アニメ序盤の感想

3ヶ月ぶりくらいにアニメ見たけどやっぱ面白れー。
新規は14本くらいに絞ってそこから10本見ることに決定。
とりあえず3話まで見た感想

僕だけがいない街」は3話まで見るつもりが8話まで一気に見た。それだけ続きが気になる作りだった。
台詞が好みで、主人公の語りが多い。殺人犯を探すミステリー仕立てなストーリーだけに、作画の動きは重要じゃないんだけど、パースやカメラ位置で面白い画面はたくさんあった。アニメにする意味は薄いんじゃないかと思ったけど、映像としてセンスがある。8話「私邪魔?」の時の台詞の間なんかもそうだし、顔芸が多いのもアニメ的表現だ。
お話は主人公がタイムリープする系。本作の特徴は主人公の記憶だけが過去に戻るという点。自由にリープできる訳じゃなく、少ないチャンスでやるべきことをしなければいけない。小学生の出来る範囲でアクションを起こし、フラグを構築していく。そういうところにゲーム性を感じて、この先も楽しみなアニメ。

 
 

灰と幻想のグリムガル」はオンラインRPGのような世界が舞台のファンタジー。これが2番目に面白かった。A-1がすごいのか、もしくは私がA-1好きすぎだ。
といっても両方原作付きなんだから、そこはA-1がすごいのか分からんけどね。
RPGの世界に飛ばされるという展開はラノベにありがちで見飽きたけど、本作の主人公は、どうやら現実の世界から飛ばされたようなんだけど、現実での記憶が無いから、飛ばされたこともあやふやな点が特徴。何か目的がある訳でもないので、生計を立てなければいけないから6人でパーティーを組んでゴブリンと戦うところからスタートする。そして1話掛けてゴブリン1匹倒せないという、ヒーロー性を排した作りになっているのが、ある意味リアリティがあって好感が持てた。あとサブタイトルがウィズなとこも好き。その意味する所は、戦闘は死と隣り合わせだというシビアな現実だろう。我々が遊んでいるゲームでザコ敵と戦っていても実際に戦うのはゲームの中のキャラだけど、これは違うんだという演出意図があまりに強く、メッセージ性のあるアニメなんだなと痛感した。
6人パーティーで戦うという点では、作画的には混戦になって手間が掛かっている。それでも動きは並み以上だと思った。殺伐としてる訳じゃなく、賑やかし用のキャラもいて、女キャラはところどころエロい。お風呂イベントで女を映さない程度の節操があるのも、媚びてない感じがして好き。違う所で勝負できる自信の表れ。色彩が良いのもポイント。

 
 

この素晴らしい世界に祝福を」が3番手であとは順不同。
これも↑で挙げたファンタジー世界に飛んでく系ではあるが、ギャグアニメとして面白い。主人公以外女キャラでハーレムアニメの側面を持ちながら、その全員がボケキャラなので、主人公がツッコミに回って漫才するような内容だった。ボケキャラらしく、主人公以外は非常識で灰汁が強く、ドM盾、爆発魔と、キャラ立ちしている。その中でも女神の残念さは面白くて、違う宗派の神官にお金を恵んでもらう展開は泣けた。ギャグアニメながら、モンスターとの戦闘シーンもあって、動きは十分良いし、キャラデザも好き。ジャイアントトード戦なんかは、テンドンを重ねて尺を取りながらも、実際に倒す所をカットしてたのでテンポがすごく良かった。この先、魔王を倒すという目的があるが、アニメ中で、どこまで話が進むのかが心配。

 
 

だがしかし
ギャグアニメ。かなりエロ押し。舞台が駄菓子屋で、メンコして遊んでたりしてたので食に関する話ってわけでもないようだ。話の中身はほとんどなくて、それゆえに展開が予想外の方向に飛んでいくのが面白い。そういう点では飽きずに見れた。パロディに走ることもあって、2話のガンダムOP再現は再現性高い。力の入れようがおかしかった。

 

ハルチカ
テンプレで始まる掴みは弱くて、把握するまで楽しみ方が分からない導入だった。だってこれ吹奏楽部の根性学園モノだと思うじゃん。実際の所「氷菓」のような日常型のミステリーだった。こっちは1話完結で短くまとまってるのが良い。主人公の女の子はバカ可愛いく、演出が面白くてコメディチックな雰囲気で進む。3話まで毎回謎解きがあった訳だけど、そのトリックがとにかく複雑で、解決しても、「やられたーその手があったかー」とはならなかった。ハルとチカ2人のやり取りは楽しい。吹奏楽と謎解き、この融合で見せたいシナリオは何なのか興味がある。パタリロのエピソードは笑った。

 

魔法少女なんてもういい
5分アニメ。主人公が常識人で王道っぽいけどギャグものだから今後崩れていくのだろうか注目したい。百合っぽい子が気になる。

 
 
無彩限の
京アニの映像表現レベルは高い。表現方法が多彩で丁寧で、光の反射も遠近感の出し方も上手。露骨なエロ押しと中二台詞は嫌い。シナリオも中二。
全てのアニメがこのレベルに達して欲しいとさえ思う。
メインヒロインが武闘派なので、戦闘シーンだけで十分楽しめた。竜巻地獄車みたいな絵柄もあって画面が賑やか。

 
 
PSO2
ゲーム世界に入るアニメが多い様な気がするけど、これは普通にゲームをしているアニメだった。ゲームに初めて触れる所がスタートで、主人公が先輩や友人に指導してもらいながら上達していくアニメ。PSO2というか、MMORPGの宣伝のような内容になっていた。ゲーム世界では別人格のアバターが喋っているときに、ふとリアルに場面が切り替わって、狭い部屋で会話していて、テンションの違い演出が面白かった3話。自分の正体を隠すために主人公に説教したいのを堪えて何を言うべきなのかを頭の中で逡巡させる生徒会長が面白かった2話。

 
 
小麦ちゃんR
久々の新作だけど、小麦ちゃんのノリってこうだったなーと懐かしく楽しめた。どうでもいい台詞や単語のチョイスがいちいち面白い。キャストが違うのは、まあまあ違和感だけど、あの母親の今後の活躍に期待してしまう。歌うだけのライブシーンは3dポリゴンモデルだ。2次元のデザインを3次元にするべきじゃない。
 
Dimension W
20年後の未来SF。そこまで硬派にSFはやってないけど、新しいエネルギーが見つかってなんやかんやっていう導入。OPで梅津で見ごたえあったけど、EDまでもがよく動いてた。主人公がワイヤーアクションを使う、空間的な作画が見ごたえある。
ヒロインはロボットで、ロボ特有のズレた会話みたいなのが可愛い。トイレ使用中に開けられるハプニングは笑えた。「ソルティレイ」に近いんじゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2015

最近やったことの雑談

良い噂しか聞かないゲームキューブのガンダムゲーである「戦士達の軌跡」をプレイ中です。
まさか2ステージ目で詰まるとは思って無かったので、その意外さがスゲー楽しい。
大多数のガンダムアクションは弾無制限だったり、時間制限も無かったりなんだけど、こちらは そういうゲームルールがあることでも難度が上がっている。その代わりに何度も繰り返せばキャラクターのLVが上がって徐々に易しくなっていくのが珍しいタイプのゲームバランスだ。
今進捗は連邦側だけやって終わりかけてる。ジオンの方はdifficultらしいので恐い。

コレクター気質が祟って、ガンダムの主題歌CDを収集中です。ガノタであればカップリングにも詳しくあるべき。とかいう無茶振りを自分に振っている。主題歌は耳が慣れてるから自然に聞けるんだけど、やっぱり初めて聞く歌は、その歌手自体を好きでなければ、そんないいものじゃない。

今期アニメを崩し始めました。今期は六花と監獄が特に面白いです。
「11人いる!」はアニメを見たことがあって、そういうの。六花も偽物の話だとは聞いてたけど、まさかそれだけでこんな引っ張ると思って無かったよ。もう魔王倒す時間ないでしょw。こういう犯人探しの話はネタバレあると面白さ半減しますけど、原作と話は変わらないのでしょうか。確かAnotherはアニメの方で設定を変えてきたよね。「六花の勇者」の面白い所は主人公がいて主人公視点で話が進む所だと思いました。視聴者の目線でいえば主人公だって容疑者の1人だと思って見ているんですが、そこ疑う必要ないんでしょうかね?上手いこと話が一進一退しては、対峙する相手が順に入れ替わり、その展開の仕方もかなり好きですよ。

監獄学園は勘違い系喜劇な部分が好き。
エロくもあり、友情と恋愛もあり、脱出の面でスリルもあり、基本設定の無茶苦茶さを無視すれば、魅力的な要素がよく纏まっている。副会長のあざとさも、あざとくすることで可笑しく見えてきて、それは意図的だと信じてるけど、エロも笑いに変えるってすごいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2015

2015年 春アニメ 最終回を迎えた感想1 (7作品)

木がたくさん生えてる場所を林というけど
森と林で木の本数が多いのは林の方だと聞いたことがある。
漢字で書くと森の方が木の本数が多いから
という勝手な理由で思い込んでいた節はある。

そういえば林は同じ種類の木の集まりからなる説を聞いたことがあるのを思い出した。
「雑木林」という言葉で否定されていたけど。
人の手が入っていないのが林だという説も聞いたことがある。
「人工林」って言葉は普通に存在するんだよな。
じゃあ林と森と森林の違いってなんだろうね。
「竹林」とはいうけど「竹の森」とはいわない。これって葉っぱが生い茂ってるかどうかが怪しくありません?
 
 

今回見終わったアニメ
旦那が何を言っているかわからない件 2スレ目(全13話)
魔法少女リリカルなのは ViVid 1期(全12話)
終わりのセラフ 1期(全12話)
てーきゅう 第4期(全12話)
高宮なすのです!~てーきゅうスピンオフ~(全12話)
響け!ユーフォニアム(全13話)
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編(全24話)

Continue reading "2015年 春アニメ 最終回を迎えた感想1 (7作品)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 21, 2015

2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想4 (3作品)

雨具は一向に進化しないが、傘で完成した気になっているのだろうか?
雨が降ると、手がふさがって、面積が増えて、しかも風に煽られる。

電子機器が発達する一方で、原始的な道具の形って変わらないんだ。天気予報なんて言うのをやってるけどさ、もう地球上に局所的な傘を差すとか雲を退けて、強制的に晴れにしてくれないかな。農耕地は避けてくれていいから。そうすると公道以外だと 土地の所有者の同意とか必要になったり自然保護団体が動き出したりするのかな。

 

2015最終回アニメはこれで見るのは全部見た。次は新アニメの序盤を見ていかなくちゃ。なんでこんなにアニメが放送されてるの?そんなにアニメ作るのって簡単なの?

アルドノアゼロ2期(全12話)
クロスアンジュ天使と竜の輪舞(全25話)
ガンダム Gのレコンギスタ(全26話)

Continue reading "2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想4 (3作品)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2015

2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想3 (4作品)

当初全話見るつもりだったアニメが思いのほか合わなくて、3話まで見ては断念を繰り返していたら、前回の感想から間が空きました。時間が立ったらそれだけ、文章に熱はこもらなくなるでしょう。かといって見た直後に書いても、それは気持ちが先行しすぎて、まるで冷静で無い、直感的で全体が見渡せていない様な感想になるでしょう。だから少し時間が経って、まだ強烈にインパクトに残ってる部分があれば、それがその作品の魅力なんですよ、と自分擁護。

それから出来たての食べ物がおいしいって神話だと思うんですよ。摘みたての野菜だとか、捕れたての魚、産みたての卵、解体したての肉。新鮮=美味しい だと、どうして結びつけてしまうのか。私はそう考え無い。そりゃ腐りかけは不味いだろうけど、今の保存技術って結構なものだと思うよ。どうせ熱で加工するんだろ。新鮮な生野菜が有難いものなら苗木ごと販売しろよ。そんなに採れたてが良いなら摘んだ瞬間に口に入れろよ。むしろ切り離さずに咥えろよ。と愚痴っぽくなりましたが、今一番言いたかったことは、出来たてのタコヤキは熱すぎるから、出来たてを出されても味わえる訳も無く、すぐ手を付ける気にはまるでならないということです。
 
 

あれから見終わったアニメ
アイドルマスター シンデレラガールズ 全13話
四月は君の嘘 全22話
東京喰種-トーキョーグール-√A 全12話
デュラララ!!×2承 全12話

Im_op
OPでいつも この表情にどきっとするデレマス(そのあと目でかいなっておもう)

Uso05
5話の1人原画回が印象的だったキミウソ

Gu06
堅い女性が酔ったら順当に可愛かったグール2期

Dr12
このシーンの道路 直線長すぎないかデュラララ2期



Continue reading "2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想3 (4作品)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2015

2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想2 (5作品)

まんがめし専門店ってどっかにないものかね。
創作料理漫画に出てくる、アイデアは奇抜だけど世間に出てないことから、その味は「お察し下さい」レベルであろう、メニューの数々を集めた、味じゃなくて再現性だけを重視したレストランがあれば行ってみたいのだが。

こう言うからには食べたいメニューがあるんだろうと思うかもしれないけど、ない。
ただ奇抜であれば、それでいいと思っている。名古屋のマウンテンみたいな感覚だね。
店にはコミックスを並べておいて、それがメニュー代わりになってるの。

でもああいう料理って得てして調理過程が複雑だよね。ミルフィーユかつ丼みたいに、読者を飽きさせないために、とにかく工程が多い。だから客をたくさん呼ぶのは無理だろう。
しかもリピーターも付かないよね。いや、まずい前提なんだけど、もし美味しかったとしてもコスト度外視で提供することになるだろうから、1回食べれば十分で、同じ値段なら普通の料理店にいくだろう。ただ、リピートはしなくても全メニュー制覇してみたくはなるよね。

漫画料理を作る動画は「溜池now 料理の鉄人(検索ワード)」で見たことある。

 

今週見終わったアニメ
ローリング☆ガールズ 全12話
探偵歌劇ミルキィホームズTD 全12話
SHIROBAKO 全24話
七つの大罪 全24話
寄生獣 セイの確立 全24話
 

Rg01
エフェクトの凝り方が素晴らしいロリガ

Mhtd07
相変わらずパロディが分かれば面白いミルキィ

Sb22
女性は萌えキャラなシロバコ

Nt20
七つの大罪 20話のアクションが好き

Kj12_2
「血の色は赤いみたいだ」なんて洒落てる寄生獣

Continue reading "2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想2 (5作品)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2015

2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想1 (3作品)

今日、録り終えたアニメのダビングが終わって、これから見るアニメとして並べてみると、結構多く感じた。もしかして、乗り気じゃないのかもしれない。いやいや、見始めると面白くて最後まで見れるんだけど、最終回のあとに一気見というスタイルも なかなか面倒なものですね。2クールもの6つも控えてるんだぜ。

あと、ニコ動にガンダムクイズをうpしたけど伸びが悪いんで再生して下さい。

ガンダムビルドファイターズトライ(全25話)
冴えない彼女の育て方(全13話)
純潔のマリア(全12話)

Bf04
SD優遇だったBFT

Saenai02
モブとの比較対象が印象的だった冴えない

Maria09
純潔からレイプ展開が待っていたマリア


Continue reading "2015年 冬アニメ 最終回を迎えた感想1 (3作品)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2014

2014年 夏アニメ 最終回を迎えた感想 (13作品)

秋アニメの選別を始めたのだけど、女性向けに振り切った作品多くないですか?まあ男性向けに振り切った作品も同じくあるから変では無いけど、女性向けは少女漫画原作なのに対して男性向けはエロゲー原作だよな。「女性向け」「男性向け」っていうのは男女比率が極端かつ主人公のみ異性で人物配置がハーレム状態になっているものであるが、最近はホモホモしいのまで増えて3話まで見るの辛い。何が残ったかは三ヶ月後。

 
 
今期で終了したアニメの中で最後まで見たやつ
ジョジョの奇妙な冒険(3部)
スペースダンディ(2期)
六畳間の侵略者
月刊少女野崎くん
プリズマイリヤ(2期)
キャプテンアース
M3
ペルソナ4(ゴールデン)
るこどるやってみた
トーキョーグール
残響のテロル
グラスリップ
アルドノアゼロ
 以上13作品
かなり絞ったから二桁見たつもりなかったのに。
先に予防線を張っておくと手を抜いたからいつもより文章読みづらい。

Continue reading "2014年 夏アニメ 最終回を迎えた感想 (13作品)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2014

アニメの再放送 -名作なら繰り返し流せ-

私もアニメ好きなんですけど、00年代くらいからアニメ趣味というものが急にオープンになりませんでしたか?

それは単純にテレビアニメの放送作品数の増加から見ても察することが出来るはずですが、この時期にアニメに入った人は確実に多い。そしてその方達が今、自分がアニメファンになった時期のアニメを新参者が知らないことに文句を言ってるシチュエーションに違和感を感じています。

だって、それだったら自分が見始めた時期から10年前のアニメタイトルを出さないといけないのに、年下の相手にとって10年前のタイトルばかり挙げて、おまえらはこれすら見てないのかって悦に入ってる。まったくフェアじゃない。

アニメの数は増え続けていて、当然のように名作と呼ばれる作品の数も増え続けている。アニメって時間が固定されてるメディアだから、消費するだけでも厳しい。それを後追いする立場の上では、放送中のアニメを追いかけることすら難しいと思う。

だいたい新しいものばかり放送して、1回放送したアニメを使い捨てにしてしまう状況があるから、それをなんとかしなければいけない。金曜ロードショーのジブリくらいの頻度で再放送枠を用意してもらいたいな。
というように、そもそも古いアニメを視聴する機会が少ないことも影響している。

民放には期待できないけど、CSのアニメチャンネルという手段はある。
私の場合AT-Xひとつ契約してるだけで、最近だとガルビオンとかサスライガーとかイートマンを見ることが出来た。あと、現在BSプレミアムで赤毛のアンが再放送中だけど、あれもえらく面白いよ。再放送されるだけのことはある。
子供の頃かすかに見たアニメだけど、かすかに見ていたことが、こういうことを言っていたのかという ピースがハマった様な気持の良さを生みだしてくれるのは、再放送特有の現象かもしれない。

「最近の若い人は」とか言ってしまう人がどの程度ガチなのかしらないけど
私は20代のうちにアニメ1000作見終えてしまうかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧