January 14, 2014

ジンクスⅢの性能 と ELS殲滅についての発言集

0h23_2

シーズン1で猛威を振るったジンクスと、セカンドシーズンでやられ役を担ったジンクスⅢではジンクスの方が性能が上だという話を最近知って、へーってなりました。

やられ役に回ったのはアロウズの隊長機にはアヘッドが回されていたからで、アヘッド1機にジンクスⅢ2機が付いて行動するそうだ。
それにしても性能が落ちてるっていうのはちょっと面白いので掘り下げてみる。

はっきり明言されているのはグレメカDX14の海老川さんによる「生産性を特化させた分、性能的に1や2から少し落ちていたんです。」というもの。ちなみにこれは劇場版の時期の記事でジンクスⅣと絡めた発言。

もともとジンクスは30機しか用意されていなかったので、エースパイロットしか乗れなかった。しかしジンクスⅢは量産機として設計されているので、並みのパイロットでも扱える必要があった。と考えられるが、後期生産型ジンクスにエースパイロット用の改良を加えたアドヴァンスドジンクス(ジンクス1.5)という機体があるから、ジンクスは特にエースパイロット用に作られていなかったとも考えられるわけ。だからジンクスがもともとピーキーだったかというと、そこは違うのかもしれません。

ただ数を作るために性能を落とされたとしたら、具体的に落ちた性能とは何だったのか。双葉社のダブルオーメカニック2nd (p.26) にジンクスⅢについての記述がある。
いくら革命的な動力源を手に入れたとしても、その周辺の技術も進化しなければその能力を発揮することはできない。
機体と疑似GNドライブ、双方の改良によって、GN-Xはより高性能化を果たした。

ここを読む限りジンクスからジンクスⅢになって性能が落ちたとは思えません。間違いなく言えることは、疑似GNドライブは進化したものが使われていること。ジンクスの時点では国連軍に未知の技術である疑似GNドライブを使ったMS設計のノウハウがなかった。という点。
そこにGNランスという武装が追加されたことも加えても良いが、問題にしたいのは疑似GNドライブの進化で、動力が向上して加速性が落ちたとか出力が落ちたとかあるだろうか。あるかもしれないけど。そういえば小型になったとか、毒性が消えた以外に記述はないのか。

総合して思うことはジンクスⅢは最終的に約1000機生産されたらしいので(メカニック2nd)、よっぽど生産性にこだわったんだなと。当時のジンクスにいくら力を注いだとしても時間的な余裕もなければ知識もなかった。それに劣るジンクスⅢよ。
(ジンクスは提供されたものだからこそ高性能だった?)

主力としてジンクスに代わるMSはアヘッドであり、アヘッドはジンクスの性能を超えていた。ということは技術進歩はある。

結論を急げば、一部のジンクスⅢは出力を抑えて稼動時間を延ばす燃費型にチューンされていた。このチューニングと比べれば、ジンクスの方が性能が上でも不思議はない。ただそれも、一側面上での話にはなるが。

 

で、次はクアンタがELSを全滅できる。っていう話はもう飽きるほど聞いてきた。飽きたのでもう材料だけ丸投げしよう。結論は出てる。

Continue reading "ジンクスⅢの性能 と ELS殲滅についての発言集"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2013

ガンダム本紹介6 ガンダム00-N

00n

何で今更って思うけど、この本の情報量が多くて今までじっくり読む機会を失くしていました。

『アニメ本編制作陣が手がけた機動戦士ガンダム00世界の決定版第一級記録集』
ダブルオー版MSERAを目指して作られたこの本の内容は、電撃ホビーで連載されていた模型をCG加工した絵とそれについての文章が見開きで1セットになったものの集合。後半にはネットで連載されていたアニメ本編のスタッフが、前者と同じスタンスで西暦の世界を切り取った「G-ROOMS」が載っている。
文章は千葉智宏なので外伝との絡みもある。絵はアニメ本編から数名。
水島監督を含め、アニメのスタッフが雑誌の企画の為に全面的に参加していて細かい設定の作り込みが読んでいて興味深い内容。
巻末の座談会を読んでもこのチームの結束力の強さをうかがい知ることが出来る。

MSERAを手本にしているということで主役たちはほとんど取り上げられないが、一兵士や戦場に出ないような人らからの視点で、メカニックとそれに付随するエピソードが語られる。

Continue reading "ガンダム本紹介6 ガンダム00-N"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2009

革新の扉 というかGN粒子についての感想

革新の扉とはよく言ったもので、やっと物語が動き始めた感じがするダブルオー21話。

エレベーター破壊の4ヶ月経った後から今までの3話って急に話が遅くなって、取ってつけた感がすごく感じられた。描写を一つに絞らずスパイ話をだらだらやってたような。


リューミンは前回で死んだのに今回も殺した。これはテレビで見るときに次回へ向けての高揚感を出すための演出だろうけど、続けて見ると後にネーナが直接止めを刺しに行く意味がわからなくなる。何度も死を免れたと思ったら結局木端微塵にされて、尺が足りなかったのか?ちなみにシャトルがホントにかけらも無く消えたので可笑しかった。

ヴェーダの位置をリークさせるリジェネの作戦と、それを止めるためにブシドーを送ったリボンズの作戦に板挟みにされる刹那がいて、この三つ巴感がとてもまどろっこしい。

アンドレイとルイスはいつもロッカールームで同じような会話しかしてない。たぶん他の誰も軍艦のあの場所以外の舞台を知らないのだと思う。

サジはいつも言い訳するけどオーライザーに乗ってる。これもルイスと合わせるための都合だろう。特にパイロット要らないのにケルディムの修理で忙しそうだったからオーライザーの改造に構ってる暇がないのか、すっかりサジが専属パイロットになってるじゃないか。

Continue reading "革新の扉 というかGN粒子についての感想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2009

ダブルオー17話というか長崎演出の感想

ダブルオーの16話と17話を見ました。

 

二機目のメメントモリにトランザムライザーのビームサーベル、エレベーター倒壊からモビルスーツ全員集合、そんで大佐死亡。とにかくすごい盛り上がりで、2本続けて見たせいかとても充実した内容に思えた。これはもう演出の長崎健司さんを意識せざるを得ない。

長崎さんは17話だけだけど。

前期から合わせて長崎さんは
13話聖者の帰還
18話
悪意の矛先
23話
世界を止めて
03話
アレルヤ奪還作戦
12話
宇宙で待ってる
17話
散りゆく光の中で

 の絵コンテと演出を担当されています。
あと1st24話の絵コンテの1/4と、2nd8話の絵コンテのみ。

 

こうして見ると1stの一番面白かった回しかやってないなという印象。
ただ、13話は大事な回だけど解決編だから話が動かなくて大人しかったかな。
刹那とグラハムが出会うシーンの駆け引きが良くて、このころのグラハムは良心的なキャラでいい味が出ていたのが、2期からはエゴを強化されすぎて出てくる意味を感じない。ちなみに終わりの方で刹那はMSを降りて生身をさらしているんだけど、ヘルメットのバイザーが透けてなくて面白いなーと思った。

 

18話は阿修羅を凌駕してしまった回。その前の12話のグラハムスペシャルもよかったけど、それはまた別の方の演出でした。18話は基地が襲撃されてから迎撃に向かうまでの一連のシークエンスとして頭に残っていて、シーンの流れが良かったんだろうなと思う。

 

23話はロックオンがお亡くなりになる回。ラストまであと2話残っているものの、ここが1期の沸点でした。やはり戦闘シーンが秀逸。その旨はブログにも残しているが、MS戦をやったあとで生身でも狙撃をして、ロックオン連呼。2話またいでたかもと思ったらこの1話で全部やってる。この人のコンテって内容詰め込んでる?

 

Continue reading "ダブルオー17話というか長崎演出の感想"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2009

おもちゃを出すタイミングがドンピシャすぐる

ガンダムエースの1月号と2月号を今更買った。
あと1週間もしないうちに3月号が出るでしょう。
なんでこんなことを書くかといえば、ガンダムエースは当然のように毎月買っているけどそんなに読んでないよ。というアピールです。でもデイアフターとレガシーが載ってて嬉しかった。

GNアーチャーセラフィムガンダムについてはまだアニメはそこまで見てないけど両方ともネットで、感想を読んだわけではなく、おもちゃの宣伝で知ってしまったという経緯があります。ほんとに先程の話。ひどいネタばれですよ。
せっかくリアルタイムでガンダムが放送されているのにとても損した気分になりました。さっきのガンダムエースを読んでもそんなこと載って無かったのに。

というわけでガンダムはちゃんと毎週見た方がいいのかもしれない。まあそれはおいといて、こういう仕掛けがいっぱいあるとおもちゃとして楽しいし、自分が子供だったら惹かれる要素です。何の意味があるのかはかなり不明ですが人型に変形するってだけでカッコイイはずだし。例えばダンクーガはタンクから人型に変形して、それが更にライオンになって戦う乗り物です。形が変わっただけでパワーアップと云う。ここには強さの序列が明確にありました。変形すれば強くなると。
合体だったら能力の和と考えて納得してもいいけど変形は環境の適合程度にしかならないはずなのに。

ヴァーチェからナドレは明らかに弱そうに見えるんだけど、軽くなった分、エネルギーをビームに回せるので強くなる・・らしい。そんなこと言ってもトライアルシステムありきだったからあれはうまくやったと思っていますよ。セラヴィーもギミックしか知らないからネタばれとは言ってもまだ楽しみは残ってはいる。

ふと思ったけどダブルオーってメカもキャラも隠し要素が多いね。それも初めから匂わした感じの隠し要素が。
この先の展開をちゃんと見なさいということだけど、これだと物語の転がせ方が強引にならないだろか。とも考えたけどそれは物語の発端が、イオリアが練って練って計算し尽くしまくった計画だからと考えてもいいか。だからピンチになっても、こんなこともあろうかと。で片づけられるんだ。キャラに関して言えばみんな過去がある。ここまでみんなに過去がある脚本て珍しい。それを小出しにしながらキャラを作ってる風に見てます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2009

たまたま見忘れた人のための特番

毎週録画予約をしていたので今週のガンダム00が特番だなんて知りませんでした。


ちゃっかり見てみたら面白かったことに驚きました。
聞いた話では視聴率が今までで一番良かったそうです。(6.6%うろ)
あと、こんな特番についてブログ書く人いないだろうと思ったら
既に懇切丁寧に詳細を書いてる人がいてこんにゃくゼリー吹いた。

ただの振り返り名場面集なのにいちいちキャプチャーした画像を張り付けたりしてる人もいた。アニメ部分だけを。

司会が土田さんと喜屋武さんで無難なところでした。
よく知らない人に知ってる風に話されるのが嫌だから、
司会の人がガンダムについて一番知っているというのは、ゲストがでしゃばらないためのいい仕組みだと思いませんか。

特に良かったところは5話の「祖国燃ゆ」のCパートについての話で、あそこが無かったらサブタイトルの「祖国」関係ないじゃんって話が面白かった。
特に主人公格ではないグラハムだけの名セリフ集を作ったところも関心。

あと、ロックオンの死亡シーンが2回も流されたけど、あそこがダイターンだって、当時気づいてたのかな?自分。あそこだけ切り取られたらすごく耳につくんですが。
他のブログでは一人言ってる人がいたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2008

ダブルオー12話辺り

オーライザーのパワーアップってなんだろー
と思って今週は早めにガンダムを見ることにしました。
といっても先週も見てないので一緒に見たけど。

11・12話なので物語の折り返し地点といってもいい。
タイトルは宇宙が呼ぶ声。たしかレコアさんが裏切るあたりの話じゃなかったかなあ。

Continue reading "ダブルオー12話辺り"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2008

ダブルオーのOP曲

ダブルオーのOPが結構良いと思います。

UVERworldの他の歌は聞いたことないけど歌詞が良い。何言ってるかほぼ分からないけど。
タイトルもダサいし。
歌詞は愛が憎しみとかなんとか葛藤してる感じが面白いと思う。

「愛が愛を」って部分が「アイガアイオー」みたいに意味は分かんないけど音的に響きが良いという意味で歌だなーて思う。

もともと歌詞を聴く人ではないので、歌詞が聞き取れないのはいいんだけど、頭の中で再生できないという不具合はある。とても気持ちが悪いです。

歌詞を聴かないというのは、ボーカルも音のひとつと認識してその全部をひとまとまりとして音楽だと思っているからです。みんなそうなってください。

歌詞サイト見た感想ですが、気付かず通り過ぎていく二人ってのはサジとルイスでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2008

ガンダムの主役機交代劇

ダブルオーの第2期は4年後の話のようです。それに合わせて4人が新ガンダムに乗ることが決まっていました。


そうでないと新型MSが出てくる必要性が見当たりません。
ロボットアニメで定番になっている主役機交代やパワーアップパーツ等は、技術不足や、材料不足などで開発が遅れるからこそ、後になって出てきて主役の座を奪うほどの力を発揮するのが大抵です。

それが、たかだか数か月後の新型機だなんて言われてもマイナーチェンジでしかないだろうし、それだったら初めから開発を匂わせておいてもいいと思う。やっと完成したのか!なんてセリフもあるんだけど。

1機目の主役機が第1話以前に開発されていたならば。
第1話で初陣なんてことは半分以上の作品に該当されることだと思われます。が。そうでない場合はそのロボットは開発からある程度の時間が経っているということになって、新型が出てきても、そいつに割いた開発時間には余裕があったものとなる。今までよくこんな古いもので戦っていたな。とかいうセリフと共に。

もうひとつニュータイプロボットができる条件に実戦データを反映するという手段もあります。そうすると、今まで平和だった地球に何らかの敵が出現してからでないと新型は作れないことになる。物語後半に新ロボが出てきてもしかたのないことです。

Continue reading "ガンダムの主役機交代劇"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 30, 2008

MSのデザイナー 一覧

ザクという文化

という見出しのグレメカにダブルオーのメカデザのインタビューがいっぱい載ってて、改めて勢力ごとのデザインの違いというものを考えた。

ガンダム世界にはいろんな会社があって、それぞれがMSを作って競合している(画面には全くでてきません。igloo?)ジオンのジオニック社とかドムのツィンマッド、スフィネン社?なんて捏造もありましたものを。
まあ、、中身と外見は別のものなので全部同じ人がデザインしていてもいいんだけど、それぞれに個性が出てた方が視聴者的にはうれしいぞ。

で、そのダブルオーのメカデザインだけど

Continue reading "MSのデザイナー 一覧"

| | Comments (2) | TrackBack (0)