June 17, 2018

【VB】SDガンダム ディメンションウォー の情報

バーチャルボウリングと共に発売されたバーチャルボーイ最後のソフトがこれ。発売日はクリスマス前。

これでバーチャルボーイのガンダムゲーは終了しました(全1本)。このゲームがあるからバーチャルボーイは持ってるし、オウガバトルをやるためにニンテンドー64を持ってる私。

01_title

SDガンダム ディメンションウォー

バーチャルボーイ
発売日:1995年12月22日
開発会社:不明
ジャンル:シミュレーション+アクション
キャラ数:MS/MA29+戦艦16
ステージ数:8
セーブ箇所:3つ

資料価値 1
クリア時間 1
クリア難度 2
個人的好き度 1

・背景の良く分からないストーリー。戦争が行われているんだな程度の理解しかない。

・1ステージ30分未満でクリア可能。が8面。でもバーチャルボーイは15分ごとに休憩取らないといけない。後半になってもマップはそれほど広くならず、ずっと宇宙なので代わり映えがしない。

・アクション部分が難しいので、アクションに頼らない戦闘をせざるを得なかった。1回リトライした。

・長時間遊ぶゲームじゃないんだろうけどボリューム不足と言いたい。これ買って何日保つのか。ゲームモードはキャンペーンのみで完全一人用なのが寂しい。
いままでのガチャポン戦士のアクション部分に奥行きの要素を加えたという部分はチャレンジでありユニーク。マップが立体的になった部分にはゲーム的な意味を感じない。
大前提としてハードが悪い気がする。

 
 

・参戦作品
ファースト
ゼータ
ZZ
逆襲のシャア
ポケット (グレイファントムがいる)
スターダスト
F91
Vガンダム
Gガンダム
ガンダムW

Continue reading "【VB】SDガンダム ディメンションウォー の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2018

【GG】SDガンダム ウィナーズヒストリー の情報

今回のゲームを一言でいうと、戦艦が頼りになるカプセル戦記。

発売はSFCのGXが出た後。携帯機のスペックを考慮し、あえて退化することで差別化を成立させる。退化といってもカプセル戦記なので十分おもしろかった。

カプセル戦記のことを、かなり多くの人がガチャポン戦記って間違えてる。

これでゲームギアのガンダムゲーは終了しました(全1本)。このゲームがあるからゲームギアは持ってるけどメガドライブは持っていない私。

01_title

SDガンダム Winner's History

ゲームギア
発売日:1995年3月24日
開発会社:不明
ジャンル:シミュレーション+アクション
総ユニット:60+戦艦15 (MS重複2種除く)
ステージ数:全21種類
セーブ箇所:1つ
難易度選択:ハンデはつけられる
通信機能:2人対戦
多人数プレイ:ケーブルなしでも2人対戦が可能

資料価値 1
クリア時間 2
クリア難度 2+
個人的好き度 3

・ステージ毎に2行程度のストーリーが表示される。1面のストーリーは「突然、レッド軍がコロニーを襲ってきた!」。想像力が試されますね。

・1面は30分程度で終わる。キャンペーンは10面で終了。初見の1周は5時間30分。敵のターンを待つのに時間がかかる。

・初見は3面で詰んだ。ターンを稼いで資金を稼ぐと簡単になる。クリアできるかは、それを知っているかどうかの問題だろう。

・知名度のないゲームなので、期待しないで遊んだら面白かったという印象だ。
やってることはカプセル戦記と同じで、戦力が増えるのが楽しい。
重要なのはキャンペーンモードがあること。これがあるおかげで一人用でも楽しめる。

キャンペーンモードはマップが小さめでサクッと遊べる手軽さが良い。
鍛えた強キャラを維持して戦うゲームになってるので、高級機をレベルAにさえすれば無双できる難易度。おれつえーが味わえる。

他のガチャポンシリーズに比べてカラフルなアイコンが新鮮。流石ゲームギア。

マップ画面の操作性が悪い。移動先が1マスずれて戦艦に戻し損ねたり、ユニットを選んだつもりで、その場に移動させてしまったりすることがあった。
戦闘ではAB同時押しが出しにくかった。
 
 
 
・参加作品
ファースト
ゼータ
ダブルゼータ
逆襲のシャア
ポケット
スターダスト
F91
Vガン
Gガン

だいたい最新作がパッケージを飾るもんだが、このゲームのパッケージにいるのはRX78ガンダムだ。

Continue reading "【GG】SDガンダム ウィナーズヒストリー の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2018

【SFC】SDガンダムGX の情報

ガチャポン戦士系シミュレーション、SDガンダムXの続編タイトルSDガンダムGX
GXの意味は正直言って分からないけど、ガンダムエックスの略ではない。

グラフィックやインターフェイスなどをSDガンダムXから流用しているので、バージョンアップ版のように見えるが、大将要素の登場でゲームの戦略性が大幅に変わった。

02_title

スーパーガチャポンワールド SDガンダムGX

スーパーファミコン
発売日:1994年5月27日
開発会社:ベック
ジャンル:シミュレーション+アクション
総ユニット:89種+戦艦27種 (変形時20種・色違い除く)
マップ数:12+1
中断セーブ箇所:2つ
難易度選択:ハンデはつけられる
多人数プレイ:2人対戦

資料価値 2
クリア時間 (1)
クリア難度 (1)
個人的好き度 2

ゲームオリジナルMSが3体登場。そのなかでもGジェネに取り上げられたトルネードガンダムだけ知名度が高い。
前作同様、別の軍の同一ユニットは色分けで区別されているのが目新しい。特にジオン軍の艦船はやたら赤くて、シャア専用ガウだったりファルメルじゃない赤いシャア専用ムサイのようなのが出てくる。

・ゲームクリアという概念は無いし、前作と違ってマップをクリアしてもスタッフロールが流れない。敵の大将を討ち取れば勝てるようになったので1マップのクリア時間は短くなった。
相手がCPUの場合は15分~1時間30分だった。

・大将だけ狙えばいいのでゲームとして すごく簡単かつ単調。大将同士の戦闘では こちらの大将がやられる可能性もあるので そこは注意。CPUのアクション戦闘も弱体化したと感じた。

・前作との比較で
ユニットの数は増えたし、武装の種類も増えたのでユニットに個性が増して、まさに理想的といえるボリュームアップを果たしたガチャポン戦士だったが、自由に移動できる大将ユニットの追加は余計だった。

CPUの大将の行動パターンが固定で、そこを突けば簡単に勝てる。大将以外の敵は星の占拠に出ていって、大将は放置。追加された豊富なユニットを使う機会もなく、TEC1の初期戦力で戦闘が終了してしまう。

なぜ大将なしという選択をさせなかったのかという不満が残った。後のGNEXTでは大将の有無が選択できるようになっていた。対人戦の場合は自分たちでルールを決めて遊ぶ必要があるだろう。メディアワークスの攻略本には新ルールの提案があった。

だから面白くなかったというのはCPU戦のはなしですよ。

あとdp3チップによる対艦戦、対基地戦も面倒で嫌い。いちいち時間かかるし。


 
 

・参戦作品一覧
ファースト
ゼータ
ダブルゼータ
逆襲のシャア
ポケット
スターダスト (new)
F91
Vガン (new)

最新作だからV2やデンドロがつえー。参戦がVガンダムまでってことで、次がGガンダムだから、このゲームが宇宙世紀ガンダムの総決算ってことになるのでは。

Continue reading "【SFC】SDガンダムGX の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2018

【DC】 ガンダムバトルオンラインの情報

ガンダムバトルオンラインですが、発売当時にやったことがないので、すべてオフラインプレイでの感想であります。

オフラインはオマケみたいなもんだと思って、ちゃっちゃと終わらせる気だったのに、オフでも結構やることあるし、キャラクターの数値の伸び方が変則的で、LV上げもしてたら1か月以上も続けることになって焦った。

 
01_title

ガンダムバトルオンライン

ドリームキャスト
発売日:2001年6月28日
開発会社:ベック(菊池D)
ジャンル:シミュレーション+リアルタイムストラテジー
ステージ数:13 (9+4)
ステージセレクトあり
セーブ箇所:9ブロックの無制限
 システムデータ:32ブロック
 エンブレムデータ:6ブロック
中断セーブ箇所:1(ロード時に消滅)
難易度選択:なし
コンティニュー:レベル維持で再開
多人数プレイ:オンラインで2~4人対戦

資料価値 3
クリア時間 3
クリア難度 3
コンプ難度 4
個人的好き度 2

ゲームオリジナルのキャラが6人。パイロットも顔と名前だけ128人分存在する。
ストーリーはシチュエーションが設定されている程度しかなく地味というか硬派というか盛り上がりどころがなく、登場人物の会話は一切ない。作戦説明の時には司令官が喋り、ゲーム中はオペレーターが事務的に喋りまくる。主人公は喋らないどころか登場しない。ジムスナイパーⅡのカラーリングが赤系統。

・1ステージをクリアするのに約1時間程度必要。一度劣勢になると復帰が難しいので、慣れてないうちは、やりなおしになることもあるだろう。トータルまあまあ時間かかる。

・似たようなゲームが無いので、慣れるまでは難しかった。敵の数に対して自軍の戦力が少ないため、一度のミスが命取りになりかねない。戦力比1:10くらい?
ただ、全滅しても自軍の戦力をリセットしてLV維持なのは親切。

・コンプのために全てのステージで最高ランクを取るのが難しかった。高ランクを取るにはクリアターンを短くすることが必要。回復することなく連戦を迫られる。
ただし、同じステージを繰り返してレベル上げができるので、手間をかければ段々楽にはなっていく。

・リアルタイムで進行するバトルモードは状況をチェックして適宜援護を付けたり外したりして運用が上手くいったときは快感だった。モブパイロット達も顔グラフィックがあるので愛着が沸いた。パラメータの種類が多いのが好き。
マップモードでも機雷が撒けたり、味方を囮として使えるので戦略の工夫のし甲斐があった。
ただ、戦闘は命令を出した後の眺める時間で眠くなるゲームでもあった。そのくせよそ見すると危険な目に合う。

Continue reading "【DC】 ガンダムバトルオンラインの情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2018

【SFC】SDガンダムX の情報

GガンダムもガンダムWもSFCのゲームになっているけど、ガンダムX単体のゲームは出てない・・。

ってことでSDガンダムX。
このタイミングで遊んだのはもちろんニンテンドースイッチ版Gジェネジェネシスの発売に合わせてのこと。早期購入特典として、この「SDガンダムX」がダウンロードできるから。
 

01_title

スーパーガチャポンワールド SDガンダムX

スーパーファミコン
発売日:1992年9月18日
開発会社:ベック (林)
ジャンル:シミュレーション+アクション
総ユニット:64種+戦艦18種 (色違い7種除く)
マップ数:8
中断セーブ箇所:2つ
難易度選択:ハンデはつけられる
多人数プレイ:2人対戦

資料価値 1
クリア時間 2
クリア難度 2
個人的好き度 3

・シナリオなし、キャラなし、セリフなし
軍によっては同じMSでも色が違っているのが独特

・ゲームクリアという概念があるかは怪しいところだが、勝敗が付くと毎回スタッフロールが流れる。しかも相手がCPUでなくてもいい。なのでスタッフロールを見るのが条件なら八百長で10分いらない。
一試合の時間だが、デフォルトの設定で対戦したところ2時間30分かかった。
これが広いマップだと7時間かかった。もし全8マップ全てでクリアを条件とすると結構な時間になるだろう。

・ルールを分からずに遊んでたら負ける。アクション戦闘は強め。この手のゲームは使い勝手の良いMSだけを生産することが強くなるコツだろう。CPU独自の穴もあるので、苦労はしなかったが時間だけはかかる。

・敵の拠点が見えていても攻め込み切れないので、中間にある惑星を占拠して軍事力を付けていく過程が面白い。軍勢によって戦闘力に差はあるが、複合軍で遊べる許容力のあるとこも好き。アッシマーみたいに近接武器を持ってないMSでもサーベルが使える柔軟さも好き。水中用の無いクロスボーンでもカプールが作れるゲームバランス優先の作りが好き。
このようにスーファミのガチャポン1作目にしては完成度が高い。大きな欠点がないので後継作の存在がありながらも人気が高い。
きっとCPU相手にするより対人戦の方が面白いのだろうが(以下略)
欠点は1試合の時間が長いので気軽に遊べない。ターン制限を付けることで解消できるが。


 
・参戦作品
ファースト
ゼータ
ダブルゼータ
逆襲のシャア
ポケット (グレイファントムとケンプファーのみ)
F91

最新作補正?というか時代的に全体的にF91出典MSが強い。

Continue reading "【SFC】SDガンダムX の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2018

【目次ページ】SS/DC/GGのガンダムゲーム

セガハードのガンダムゲー
サターン9本
ドリームキャスト4本
ゲームギア1本
クリア難度、コンプ難度、個人的な好き度を5段階で付けていきます。

Sega_game
写真にはセット版やらベスト版も入ってるけど、
SSのサタコレはジャケット同じなので入れなかった。

Continue reading "【目次ページ】SS/DC/GGのガンダムゲーム"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2018

【DC】 連邦VSジオン&DXの情報

今回取り上げるソフトは、

連邦 バーサス ジオン アンド デラックス

初めに聞いたときは何を言ってるのか理解できなかった。つまりこれは2枚組のソフトで、デラックスじゃない連ジと、デラックスな連ジが別々に収録されていることを意味している。

わざわざディスクを分けてバージョンアップ前とバージョンアップ後を収録して、それらを同梱して発売するというセールスはゲーム史的にも稀なことではないか。

定価はDCが7140円、PS2が7344円らしい。ということで、ゲーム1本分の値段で2本のゲームが遊べるドリキャスの方がプレステ2より得じゃないかって思うところだけど、そうはいかない。

PS2への移植時に追加された、一兵士として一年戦争を戦い抜くキャンペーンモード的な位置付けのミッションモードはDCの方には追加されず、画面分割での対戦モードすらついていなかった。画面分割が無いので2p協力プレイもできない一人用のゲームになっている。純粋なアーケードの移植にでもこだわったのか。

ちなみにDCへの移植はPS2よりも4か月遅れている。
満を持して登場したDC版にがっかりしたドリキャスユーザーは多い。

 
01_title
無印のタイトル画面

01_titleb
DXのタイトル画面


 

機動戦士ガンダム 連邦 VS. ジオン & DX

ドリームキャスト
発売日:2002年4月11日
開発会社:カプコン
ジャンル:対戦アクション
操作キャラ数:無印が18でDXが21
ステージ数:無印が12でDXが21
アーケードのコース数:共に4
セーブ箇所:1つずつ(無印が3 DXが4ブロック)
難易度選択:1~8
通信機能:最大4人のオンライン対戦

資料価値1
クリア時間1
クリア難度3
個人的好き度2

・ゲーム内容は基本的には原作に忠実で音楽なんて劇中のものしか聞いた覚えがない。個性的な点といえば旧ザクの体術モーションに拘りが光る。マッシュの声を永井さんが演じていて原作以上に喋る。

・アーケード1周は1時間くらい。オンラインサービスが終わっている今となっては、アーケードくらいしかやることがない。

・終盤にかけて難しくなってくるが、コンティニュー制限がないので大きな苦労はないだろう。コンティニューするたびに難易度が下がる設定のようだ。

・人気シリーズと化したバーサスシリーズの原点であるというありがたみがある。なにせバージョンアップ前の無印を遊べるのはDCだけなのだから。
 

Continue reading "【DC】 連邦VSジオン&DXの情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2018

【PS3/VITA】ガンダムブレイカー 最終演武「極」を99回クリア

日課として出現ランナーをメモしてきた結果発表

「ガンダムブレイカー1」で一番難しいミッションが99番目の最終演武 極。
このミッションはレアランナーが「???」になっていて何が出るかが分からないので、
ミッション番号99にちなんで99回クリアしてみました。

Continue reading "【PS3/VITA】ガンダムブレイカー 最終演武「極」を99回クリア"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2018

【FC】ホットスクランブルはステージ32からループ

日課としてマッピングしていた結果発表
 
 
 

ホットスクランブルは16面で1ループという誤解が広まっているが、実際は違う。
何故そんな誤解が生まれたかというと、スタッフロールが流れるのが17面以降だからだろうと思う。

プレイすれば分かるけど1面と17面の構成はまるで似てない。
敵はハイザックじゃなくなってるし、迷路面も長くなってる。

32面でループなら、33面は1面と同じ構成なのかというと、これが違う。
では、いつ1面にループするのか?

 
 
ひとつひとつマッピングしてみたら21面のマップが13面と同じでした。

 
Zhs_st13

13面画像

Zhs_st21
21面画像

二つを見比べると、マップの形は同じなんだけど色とオブジェクトの構成が違っている。迷路のマップだけでなく、シューティング面の構成も違っていた。容量節約で使いまわしていることは分かるが、もしかしてこのゲームって完全にはループしないんじゃないのか?

Continue reading "【FC】ホットスクランブルはステージ32からループ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2018

【GBA】ガンダムSEED 友と君と戦場で の情報

友と君と戦場で。

戦場は分かるけど、誰が友で誰が君?
キラが主観なのは疑う必要が無い。友といえば、「アークエンジェルには友達がいるんだ」みたいに言って戦ってたからサイとかトールのことだとして、君は、まあ別に誰でもいっか。
 
01_title

機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で

ゲームボーイアドバンス
発売日:2004年5月13日
開発会社:ディンプス
ジャンル:アドベンチャー+リアルタイムシミュレーション
ステージ数:13
ステージセレクトなし
セーブ数:1 +1(中断データ)
難易度選択:イージー・ノーマル

資料価値4
クリア時間3
クリア難度2
個人的好き度3

・基本的にアニメの話を追っていくゲーム。その合間で起こる、このゲームでしか語られていないアークエンジェル艦内での会話が貴重。選択次第ではアニメと違う展開の話も見ることができる。

文章を読むゲームなので、そこそこの時間がかかる。それに対して戦闘パートは1回5分あれば終わる。実際、戦闘結果で所要時間を見ることができるが、ほぼ1分以内でクリアしていた。会話パートは行動回数の制限による分岐が多いので2周3周は必要だ。

・難易度が選択できるが、ノーマルでも1分で終わるような戦闘なのでクリアは簡単。これはゲームシステムの関係で一方的に攻撃した結果なので、システムを理解してやらないとこうはいかないし、ステージによっては敗北条件を理解していないとクリアできない。
一応言っておくとテキストアドベンチャーパートでゲームオーバーになることは無い。

・艦内で次々に平和なハプニングが起こり、それを読み進めるのがアークエンジェルという家を見ているようで、ほのぼのした気分になれた。。劇中でスポットライトが当たることが少ないキャラの日常を覗けるというのは、未来の話だけどガンダムAGEのゲームのツイッター部分でも同じようなことが言えた。

戦闘部分にはオリジナリティがあるのがなかなか良い。普通のアクションゲームならボタン押せば武器を発射するところを、このゲームは使用する武器の軌道を使ってロックオンマーカーを飛ばす。ついでに音楽も良かった。
 

Continue reading "【GBA】ガンダムSEED 友と君と戦場で の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧