October 21, 2018

【WSC】ギレンの野望 特別編 の情報

主人公がガルママクベの二択の「ギレンの野望」
歴史のイフが見どころになるこのシリーズ

ジオン側しか選べないのでジオンが勝つというイフ
主人公なので2人とも生き残るというイフ
ジオンが宇宙に撤退しないので最後まで主戦場が地球というイフ
そして宇宙軍のパイロットは宇宙が暇なので降りてくる

このギレンの野望は携帯機用に簡略化されているので本格シミュレーションを期待してはいけない。むしろシンプルで分かりやすいので遊んでいて悩んだり不安になることがない。直感で遊べる。

08_ronpa
部隊長5人のディベートで方針を採決する会議システムが特徴。
ゲージが半分を越えれば勝ち。
ナジュの熱き血をしるもの来たれ!

 
 
01_title
機動戦士ガンダム ギレンの野望 特別編 蒼き星の覇者

ワンダースワンカラー
発売日:2003年5月2日
開発会社:ヴァンガード(松田D)
ジャンル:シミュレーション
ステージ数:37+8 (第1部+第2部)
セーブ箇所:3つ
中断セーブ箇所:1つ
難易度選択:なし

資料価値 4
クリア時間 3
クリア難度 2
個人的好き度 3

・一年戦争のイフ展開とオリジナルMSがある
初出MSはガルマ専用ゲルググジオン仕様ガンダムの2機(ほぼ色違いのみ)
第2部ではジオン同士で戦う展開になる

・想像してたより早く終わった感じがある。
シンプルなゲームなので悩む時間が少なく展開は早い。
具体的には初見で19時間。2回目で14時間でクリアできた。(ゲーム内時間)

・想像してたより簡単だった。
プレイ2回目で最短ターンでクリアができるくらいの難易度。
今回のプレイでは要求が全部通るまでリセットしてるから、それで簡単だったかもしれないので3点にしようか迷った。だけど、それにしても簡単だったのでやめた。それと先手で攻撃することを徹底しているかどうかで難易度が違う。
戦闘のピークは1部ラスト。
例外としてイセリナで戦う特殊ステージだけはゲキムズ。

・まずは初見時のとっつきやすさが良かった。1ターンで侵略が完了するのでテンポが良い。テンポが良いので有名キャラの階級を上げたり、次々に増えるMSの隊列を考えたりと、戦闘面は熱中できた。これはこれで面白いのでギレンの野望と取るかどうかで印象が違ってくるゲームだろう。

しかし一番のウリであるはずの会議が、数をこなす毎に煩わしくなってくる。結果に携わる要素がいろいろランダムなので、運要素を強く感じた。パイロットの転属のせいで頻繁に会議が行われる。やってることは身内でのパイロットの奪い合いが多い。セリフのパターンが少なくて飽きる。特に賛成でも反対でもない転属に時間を取られるくらいなら辞退させて欲しいと思えた。

二部の開始はBGM効果も相まって盛り上がる。かっこいい曲。

 
・参加作品
ファースト
0080
0083
08ms
MSV
SSガンダム外伝
DCガンダム外伝

メインキャラの5人がガルマとマクベの他に、ユーリ(08)、ビッター(83)、ウォルター(DC)。
はっきり言ってどれも有名とは言い難い。特にゲーム出典のキャラに白羽の矢が立ったのが面白い。たしか原作ゲームでも設定画が存在してないと思う。

Continue reading "【WSC】ギレンの野望 特別編 の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2018

【WSC】ガンダムVol.3 アバオアクー の情報

2作目で上がった難易度が3作目でまた下がる。結構ありがちだと思う。
サターンのガンダム外伝もそうだった。
難しいとやっぱりクレームとして開発者に届いてるんだろうな。

逆に2作目で難易度が下がるパターンもあるけど、同じくらいの難易度を維持しているゲームは とても少ない気がする。それくらいゲームバランスの調整は難しいってこと。

01_title

機動戦士ガンダム VOL.3 -A BAOA QU-

ワンダースワンカラー
発売日:2002年5月25日
開発会社:アロワナ(後藤D)
ジャンル:シミュレーション・テキストアドベンチャー
ステージ数:13
ステージセレクトあり
セーブ箇所:ひとつ
中断セーブ:ひとつ
拡張機器:前作VOL.1から引継ぎ・ワンダーゲート(実質不要)

資料価値 2
クリア時間 1
クリア難度 2
コンプ難度 3
個人的好き度 2

・31話「強行突破作戦」~43話「脱出」を再現。
ところどころにアムロの行動で選択肢が出る。
アムロの心情の描写がある。今回はサブシナリオでカイミライセイラフラウの心情描写もある。
バッドエンドが少量のイフ要素。

・ほぼ やり直しすることなく、あっさりエンディングまで行った。ゲームバランスの変更で敵機をあっさり撃墜できるのも早くクリアできた要因。分かんないけど2~3時間くらい?

・前作の経験があると拍子抜けするほど簡単にクリアできる難易度。
この時期のアムロが覚醒していて強いのは原作通りだけどね。

・攻略本が存在しないのでコンプ要素のイベント埋めは試行錯誤に時間がかかった。条件が分かっていれば難しいものではない。

・2作目と比べてシステム面で変わったところはそんなにない。
テキスト面では、原作に こんなセリフあったか?と思うことが多くあった。作者のオリジナリティが含まれる部分が多くなった。
ペルガミノみたいな非戦闘員のマイナーキャラが見れるのが地味にうれしい。

Continue reading "【WSC】ガンダムVol.3 アバオアクー の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2018

【WSC】ガンダムVol.2 ジャブロー の情報

WSCガンダム2作目もワンダーゲート対応が予定されていたのに、中止になっている。
実際に導入されていたら13~15話が配信されていただろうと予想する。
どちらにせよ3作ともゲーム内で条件を満たせば解禁されるのが良心的だった。

01_title

機動戦士ガンダム VOL.2 -JABURO-

ワンダースワンカラー
発売日:2001年8月16日
開発会社:アロワナ(後藤D)・デジタルウェア
ジャンル:シミュレーション・テキストアドベンチャー
ステージ数:15+3
ステージセレクトあり
セーブ箇所:ひとつ
拡張機器:前作VOL.1から引継ぎ

資料価値 3
クリア時間 2
クリア難度 4
コンプ難度 4
個人的好き度 2

・16話「セイラ出撃」~30話「小さな防衛線」までをゲーム化してある。
13~15話は隠し要素。
アムロの心の台詞が読める。
選択肢を間違えた時のバッドエンドが軽くイフ要素。
そのバッドエンドがNGシーンみたいになってるのが面白い。

・ギャロップ連打と強敵グラブロの壁がクリアを阻む。
後者はプレイヤーの腕だけではカバーできないのではないか。

・クリア自体が難しい

・戦闘パートの形式は前作と同じだけど新たに作り直されている。1作目の方が好きだった。演出面ではMSの戦闘アニメーションのコマ数が増えたりして力を入れてると思う。その分スピード感が落ちている。
相変わらずMSのグラフィックがかっこいい。ドット絵での再現がすばらしい。アニメ作画とは別の魅力がある。
マイナーキャラも多数登場するので懐かしさがあった。タムラ料理長のグラフィックが3種類も用意されている。

Gufu
マシンガン装備のグフは専用グラフィックだ。

Zaku6
ワンダースワンでザクのカメラ内部が見られるなんて。

Continue reading "【WSC】ガンダムVol.2 ジャブロー の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2018

【WSC】ガンダムVol.1 サイド7 の情報

先月だけでエモーショナルジャムと英雄伝の騎士と武者とガンダム1~3とギレン特別編をクリアした。全部初見だったので新しい知識だらけで少し混乱している。まとめて急いでプレイした大きな理由はワンダースワン箱を奥に片付けたかったから。
 
 

TV版ガンダムを話数毎に追うという結構マニアックなゲームであるスワンの3部作。
そのストーリーの配分も、ほぼ劇場版3部作と同じだ。

発売ペースはVol.1が出てからVol.3で完結するまで地味に1年3か月も掛かっている。映画のスパンは1年に満たないのに元ネタありきのゲームの方が時間がかかってる不思議。

Photo

機動戦士ガンダム VOL.1 -SIDE7-

ワンダースワンカラー
発売日:2001年2月1日
開発会社:アロワナ(後藤D)・デジタルウェア
ジャンル:シミュレーション・テキストアドベンチャー
ステージ数:12
ステージセレクトあり
セーブ箇所:ひとつ
拡張機器:ワンダーゲート(実質不要)

資料価値 2
クリア時間 2
クリア難度 2
コンプ難度 3
個人的好き度 3

・TV版1話「ガンダム大地に立つ」~12話「ジオンの脅威」
アムロの心理描写がある
要所でアムロの行動の選択肢がある
原作と違う行動をとっても信頼度が下がるだけですぐ矯正されてしまう

・全12ステージで1ステージに10~20分掛かった。4時間あればクリア可能。急ぐのであれば会話パートは普通にスキップ可能。

・最初のうちは苦戦しても同じステージをクリアしなおして熟練度を上げることができるので勝てるようになってくる。シールドを効果的に使うような戦術も必要になるだろう。

・コンプ要素はイベントを全て見ること。多くは戦闘中に特定の条件を満たすことで、攻略本があると楽だけど、ひとつ難しいのがあった。大気圏突入の全滅クリアだ。

・ほとんどTV通りに進むので、ストーリーの軽いおさらいによさげ。TVアニメと同じレイアウトで描かれる原作シーンのドット絵が味わい深い。避難民もちゃんと絵に起こしてあって感心した。またMSはすべて2001年基準のディテールが加えられていてかっこいい。

戦闘パートに工夫が感じられる。
相手の装甲を削るための攻撃と、ダメージを与えるための攻撃手段が分かれているのが面白かった。ガンダムの豊富な武器の使い分けが必要とされる戦略性がある。
回避だと失敗した時のダメージ量が増えるリスクがあるように、防御時の行動にも意味がある。ステージ毎に戦闘目的がはっきりしているので単調になっていない。
戦闘を繰り返せば成長して強くなっていくのも良い。

Zaku5
静止画という割り切りもあってメカがかっこいい。

Zaku6
ワンダースワンでザクの間接パーツが見られるなんて。


Continue reading "【WSC】ガンダムVol.1 サイド7 の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2018

【WSC】SDガンダム英雄伝 騎士/武者 の情報

通信交換機能と図鑑要素を持たせて、2バージョンで発売されたポケモンの影響を受けたゲームのひとつ。攻撃手段が技のみで技に所持数制限がある点や弱点属性を突くことが重要な点もポケモンフォロワーらしいポイント。しかしポケモンと違ってワールドマップもストーリーもバージョンで違っている。

ゲームは作りが雑な印象で、新人が初めてゲームを作りましたみたいな粗さを感じる。
悪評は聞こえてこなかっただけに、こんなゲームがまだ埋もれていたのかとゾクゾクしました。ストーリーにツッコミどころが多いので、モニタ出力さえできれば実況映えすると思う。

3月1日にPS版のアクションゲームが出て、3月15日にWSC版のこれ。3本ともベック開発なので1本に集中できずに全部の完成度が落ちた説。

 

Titlea

Titleb

SDガンダム英雄伝 (騎士伝説/武者伝説)

ワンダースワン・スワンカラー両対応
発売日:2001年3月15日
開発会社:ベック(板垣D)
ジャンル:RPG
セーブ箇所:1つ
周回引継ぎあり
通信機能:合流によるパーティメンバーの増加・装備とアイテムの移動か交換
多人数プレイ:なし
拡張機器:通信ケーブル・ワンダーウェーブ(ポケットステーションとPS版英雄伝)・トレーディングカードゲームSDガンダム英雄伝(の記載パスワード)

資料価値 3
クリア時間 2
クリア難度 2
コンプ難度 4
個人的好き度 1

・不勉強ながら原作コミックスを読んだことが無いのでゲームのシナリオのオリジナリティが分かりません。が、RPGなのでPS版よりしっかりしたストーリーがあって、キャラの生い立ちが理解できたのが良かった。あとモンスター化されたMSや装備品がアルバムに記録されて、短い説明文を読むことができる。

・初見プレイでエンディングまで8時間30分だった。(LVは63)
とにかくダンジョンが狭いというか短いのが衝撃的で、プレイ時間は戦闘と技の取捨選択に取られた印象がある。戦闘自体は2~3ターンで終了するんだけどテンポが悪い。
騎士版クリア後、武者版のクリア時間は6時間20分であった。この時間の差はゲームに対する慣れと後半部分の展開に違いが無かったことによる。

・戦闘の難易度は大味。
とりあえず弱点属性を当てることは基本。そうすれば雑魚敵はだいたい1発の攻撃で倒せるし、ボスでも邪魔が入らなければ2ターンくらいで倒せるようなダメージバランスになっている。その反面1回のミスが大きな痛手になるのでランダム要素に強く影響される。状態異常もまた然り。全滅の経験は数回あるが、再戦すれば同じ状態でも勝てたケースが多い。
苦戦するかどうかは、その時持っている武器による。
ピンチの時に使える必殺技という大ダメージを与える救済要素もある。

・コンプ要素のアルバムには味方の機兵と敵キャラ、装備品、アイテムが登録される。このアルバムには空欄が無い。いつコンプしたことになるのか把握できない。
とりあえず両バージョン間の通信とPS版との通信は必須。
分岐があるので2周する必要がある。
装備アイテムの入手は基本的に敵からのランダムドロップなので時間がかかる。

・後継機への乗り換えイベントや友人の裏切り、敵の四天王など、定番の燃える展開がある。
別バージョンで育てた生き別れの兄弟との共闘という燃える展開がある。
ハクスラ的な装備品の収集と武器の成長による新しい技の習得というやりこみ要素がある。
しかしながらもゲームの完成度は低い。ファミコンの時代のレベルの勝手の悪さ。
やろうとしていたことは間違ってないのに中身が伴ってない感じ。

 
 
Pagya
水面下でブームになって欲しい「パギャース・・・」
 
 

Continue reading "【WSC】SDガンダム英雄伝 騎士/武者 の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2018

【WS】エモーショナルジャム の情報

Hio

エモーショナルジャム!と言われてもどんなゲームか想像しづらい部分があると思うんだけど、ゲームとしては「ガチャポン戦士4」のキャンペーンに近い。
初期配置ユニットにブライトたち原作キャラが居て、拠点の占拠で得た収入でユニットを生産できる。
クリアしても何故エモーショナルジャムというタイトルだったのかはわかりかねます。

敵戦艦と接触すると戦闘用局地マップに移行するのが特徴。10ターンの間だけMSを出撃させての戦闘になる。

MSのグラフィックは後のギャザービートに流用されたが、なぜか人物の顔グラフィックは描き直されている。特に悪い出来だったとは思わない。
そんな訳で、このゲームをやると顔グラの陰影が強くて新鮮。

01_title

SDガンダム エモーショナルジャム
(Emostional Jam)

ワンダースワン
発売日:1999年5月27日
開発会社:トムクリエイト (村越D)
ジャンル:シミュレーション
ステージ数:37
セーブ箇所:1
中断セーブ箇所:1
通信機能:2p対戦

資料価値 3
クリア時間 4
クリア難度 2
個人的好き度 1

・ストーリーは一年戦争から始まり、逆襲のシャアで終わる。その間にデビルガンダムとかホワイトファングとかフロスト兄弟が敵として出て来る。オリジナルストーリーというにはオリジナリティが足りない。
序盤で味方になったキャラに関しては、機体の乗り換えがある。例えばシローはリガズィ、ミケルはガンタンクR44に乗っていたりというのが興味深い。
ステージ冒頭に簡易的な状況説明文がある。
特定のキャラの戦闘前に簡易的な会話がある。

・ステージのクリア条件は敵リーダーの撃破であることが多い。
しかし敵を全滅を狙ってレベルを上げておいた方が後半で安定する。ということで敵の全滅を狙った時のクリア時間が1時間30分以上。それが37ステージもある。ワンパターンなので長時間のプレイには向かない。眠くなる。
戦闘シーンのスキップ機能は無い。

・序盤の敵が固く感じる。味方が育ってくると与えられるダメージ量が増えて良いバランスになる。それがだいたいゼータ時代。だから一番苦しいのは序盤。MSの性能自体はゲームが進んでも劇的には変化しない。後半になると味方の数が多くて全員使うことなくクリアに至る。

・個人的な感想ということで、やっていて眠かったという印象があまりに強い。特に意外な展開も無く盛り上がりがない。ステージが進んでも、ゲーム展開が同じ。戦力が余ってるので敵を待ち構えて3隻で囲んでボコる。孤立したボスキャラを囲んでボコる。一度も使わなかった生産要素。音楽も良くない。1ループが短い。
ゲームとしてはつまらないけど登場人物が多くてドット絵は頑張っている。
デマ―達はGジェネなど他のゲームでも なかなか見かけない。

 
 
参戦作品
ガンダムXまで
ブルーディスティニーからはMSのみ参戦

ギャン改などGジェネからのMSも登場する
 

Continue reading "【WS】エモーショナルジャム の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2018

【DS】GジェネレーションDS の情報

クロスオーバー系Gジェネと言われるタイプのガンダムゲーで、ガンダムの知識があれば間違いなく楽しめる。原作にないキャラの絡みが面白いことでお馴染み。

久々にやったら戦闘画面がミニチュアっぽいのが良いなと思った。
なぜか3Dフィギュアが3体並べて飾ってあるような感じがした。タクティクスオウガも同じ理由で好きなんだけど、斜め見おろし視点って不思議と魅力的に感じる。

加入条件フラグ一覧はこちら
宇宙世紀ルートはこちら
平成ガンダムルートはこちら
ライバルルートはこちら

Photo
(DSのタイトル画面って分かりにくいね)

SDガンダム GジェネレーションDS」もしくはディーエス

ニンテンドーDS
発売日:2005年5月26日
開発会社:ヴァンガード
ジャンル:シミュレーションRPG
ステージ数:a24+b24+c11(+x6 +sp7)
2周目要素あり
セーブ箇所:3
通信機能:なし
拡張機器:Gジェネアドバンスのソフト

資料価値 5
クリア時間 4
クリア難度 2
コンプ難度 3
個人的好き度 5

・2ルートクリアすると解放される3ルート目が原作で死亡するキャラの救済ルートになっていて原作好きには非常に堪らない内容になっている。
別作品のキャラ同士の会話が嬉しい。
オリジナルキャラにDトリエルとMSセンチュリオがいる。
ゲームオリジナルのモノアイガンダムズのシナリオが収録されていて、更に別解釈エピソードもある。

・全部で3ルート分のストーリーが入っている。
メインの2ルートは24時間ずつ、あとひとつは10時間掛かる。

・たまに難所があって、それ以外は簡単すぎて退屈なレベル。
SPの回復が早いので3機といわず2機のIDを使った全体攻撃で敵の攻撃を受ける前に一方的に倒せる。強化と捕獲禁止縛りで余裕だったけど、今回のプレイは加入イベント全回収でやったから、その情報が無いと苦戦することは考えられる。
キャラが加入するとMSも一緒に戦力になるけど、Bルートは加入が少ないし、行動封印ID持ちが少ないし、強化済みで加入するのがストライクだけだったので縛った結果難しかった。

・コンプ要素は図鑑。
差分が多いので回収が面倒。2周目必須だったり、レベル上げが必要で、フラグの回収には知識を要する。しかし技術的な難度は高くない。

・原作から外れた全部乗せのオリジナルストーリーなので楽しめた。キャラクターがたくさんいて、機械的に使用キャラが増えていくのではなく、ストーリーの中に仲間になるまでの流れがあるのが良い。そこに意外性があるときはもっと良い。
ゲーム部分は気軽に改造・分解ができなくなって、使用MSが固定気味に感じた。
難易度が低いのもストーリーを楽しむためだと思えば納得。過去作はイベントの消化とクリアの両立が面倒だったので、ストレスが無かったのは確か。世間的に評判が良い理由にはクリアできる人が多いからというのもありそう。
戦闘シーンスキップは1回クリアするまで使用不能だが、このシリーズでようやく付いた。
ボリュームは文句ない。
音楽はシリーズ通して良い。

 
 
参戦キャラ
ファースト
ゼータ
ZZ
逆襲のシャア
ポケット
スターダスト
08MS
Vガン
Gガン
ウイング
エックス
ターンA
シード
シードD
クロスボーン
CDA
MSV
ギレンの野望ジオンの系譜
モノアイ

クロスボーンがいる代わりにF91がいない。

Continue reading "【DS】GジェネレーションDS の情報"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2018

【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その4

GジェネDSのライバルルートのストーリーまとめ

分岐前の序盤はこちら(リンク)
宇宙世紀ルートはこちら
平成ガンダムルートはこちら

このルートのリーダーはナタルで、なんと副官がティターンズ所属になったシーマ。
宇宙世紀ルートに引き続き、シーマはこちらでも結構な出番がある。

ライバルルートは他の2ルートよりもステージ数は少ないが、原作にない話ばかりで内容は濃い。
「ライバル」かどうかは置いといて、報われなかった敵キャラが多数生存しているという意味では救済ルートと呼びたい。

Ds_c
このメンバー、原作での死亡率がほぼ50%ある。 

このルートで気を付けたいのはターンX月光蝶の継承者
レベルを30まで上げないといけないのがキツイ。
参考として私は索敵34回目でひとり。42回目で全員LV30以上にできた。
ゲーム内で8時間経過していた

 
戦艦は
ドミニオン
リーンホースJr.(コッセル)
マザーバンガード
エターナル

 
 
【原作成分】
6話 ファースト
7話 シード
8話 シード
9話 オリジナル
EX モノアイ
10話 シード
11話 DS
SPクロスボーン

一年戦争でアムロが死ぬのは小説版由来。
このルートのモノアイガンダムズはDSオリジナルのif展開になっている。セラが死んだルートのその後という設定。


 
【戦争の流れ】

OZとザフトの戦争
クルーゼは黒歴史のデータをドミニオンにリーク
それによりデビルガンダムやNJCを扱えるようになる
OZのトレーズ派が決起してアズラエル派と衝突
暴走したアズラエル派がプラントに核攻撃
ジェネシスを撃とうとしたパトリックは身内に撃たれて死亡

ラスボス
ジェネシスを破壊する

クリア後

木星帝国の核攻撃を事前に阻止

 
大筋だけでいえば全ルート共通の後半部分でできている。
 
 

【敵対勢力】

アズラエル上司期間
7話 OZ・ティターンズvsザフト
8話 OZ・ティターンズvsザフトvsディアナカウンター

アズラエル敵対後
9話 ドミニオン・トレーズvsOZvsザフト
10話 ドミニオン・エゥーゴ・AAvsOZvsザフトvsギンガナム
アズラエル・パトリック・ギンガナム戦死
11話 vsクルーゼ
平和維持軍vs木星帝国

このルートだとジオンの姿が無い。
 

Continue reading "【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その4"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2018

【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その3

GジェネDSの平成ガンダムルートのストーリーまとめ
分岐前の序盤はこちら(リンク)
宇宙世紀ルートはこちら
ライバルルートはこちら
 

このルートのリーダーはマリュー。
平成ガンダムルートというのはゲーム中の呼称であるが、実際はガンダムSEEDとガンダムWだけが目立ちすぎている。
あとは条件を満たせばGガンダムが本筋に絡まないけど付いてくる感じだ。

平成ルートへ分岐することで、別の視点からストーリーを見ることができるような仕組みになってはいるが、中盤のターンAパートは宇宙世紀と同じ展開だったりするので、明確なパラレル扱いである。



Ds_b


こっちはフィルがパイロットで加入することがない。
21話でフレイを助けるかどうかでキラとマリューのIDに影響する。


戦艦は
アークエンジェル
ソレイユ(ディアナ2)
マザーバンガード
エターナル
 
16話でフラグを立てない場合
アルマイヤー(ディアナ1)
 
 
【原作成分】
10話 シード ウイング
 EX Gガン
11話 ターンA DS
 EX Gガン エックス
12話 シード ウイング
13話 シード
14話 ウイング シード
15話 ターンA
16話 ターンA
17話 ターンA
18話 シード ウイング
19話 シード
 EX Gガン
20話 ウイング
21話 ウイング シード
22話 シード
23話 DS
24話 DS
SP1~2 エンドレスワルツ
SP3 Gガン
SP4~7 クロスボーン



ガンダムSEEDは宇宙世紀ルートでも扱いが大きいので、平成ガンダムルートの旨味はあんまり無い。
だって平成の作品であるガンダムXとターンAは宇宙世紀と共有で、Vガンダムはこちらに絡まない。ガンダムWからは主人公格がヒイロしか出てこない。シードデスティニーも最後のオマケでいるだけ。

SEEDはキラが死んだ後の後半部からスタートするので知っている前提で進む。よく言えば原作を見るきっかけになるといえよう。
でもよく考えたらGガンもウイングも前半部分を飛ばしてるんだね。

ドモンがデビルガンダムを追っているのは同じでも、原作のような暗い部分はない。なぜならキョウジが出てこなくて、父親はアルティメットガンダムを作ったことに触れられるだけで、現状どうなっているのか不明で、母と兄の存在については言及がないからだ。AAが宇宙に上がるときもデビルガンダムは地球にいるけど、別にいいか。ってなってるし。
 
 
 
 
 
【戦争の流れ】


OZによる平和主義国家への進撃
アラスカの支援にクワトロ自らが向かう
エゥーゴ・カラバは連邦軍から切り捨てられたアークエンジェルと合流
アラスカの自爆でザフトの戦力が大きく削られる
OZのクーデターで各地の連邦軍基地が制圧される
OZによるオーブ侵攻に反対したトレーズが更迭される
ブルーコスモスのアズラエルの指揮によってオーブは崩壊する
OZによる攻撃を受けてリリーナはサンクキングダムの解体を宣言

ムーンレィスの内乱
ディアナを擁して月の混乱を収拾しに行くエゥーゴ
地球を滅ぼしたというターンXの封印を解いていたアグリッパ
クルーゼは月から黒歴史のデータを持ち出しアグリッパを暗殺

OZとザフトの戦争
ホワイトファングが発足してザフトに協力
クルーゼは黒歴史のデータをドミニオンにリーク
それによりデビルガンダムやNJCを扱えるようになる
OZのトレーズ派が決起してアズラエル派と衝突
暴走したアズラエル派がプラントに核攻撃
ジェネシスを撃とうとしたパトリックは身内に撃たれて死亡

ラスボス
ミリアルドはジェネシスを破壊し生死不明になる
プラントの降伏で戦争終結の瞬間
ギレンがリーブラで登場
思いの強さで勝利
破壊されたリーブラと共にギレンは戦死

クリア後
マリーメリア軍を鎮圧
DG細胞で復活したアズラエルとデビルガンダムを破壊
木星帝国の核攻撃を事前に阻止 
 
 
 
 
【敵対勢力】
10話 カラバvaOZvsザフト
EX 暴走したデビルガンダム
11話 ミリシャがカラバに味方
14話 カラバは地球に残留
15話 AA・ミリシャvsギンガナム・ディアナカウンターvsOZvsザフト
 ディアナがエゥーゴと行動を共にする
16話 ミリシャのグエン離反しギンガナムに付く
17話 クロスボーンがAAに味方
18話 ホワイトファングがザフトに協力 ラクスがAAに味方
19話 デビルガンダムはアズラエルOZの制御化に
 トレーズOZが別組織化
20話 AAvsアズラエルOZvsトレーズOZvsザフト・WFvsギンガナム
 トレーズ戦死
22話 パトリック死亡
23話 ギレン登場
プリベンターvsマリーメイア軍
プリベンターvs木星帝国

ティターンズという名前は最初こそ出てくるものの、いつの間にか敵はOZだけになっている。吸収されたのかよく分からない。
 
 
 

Continue reading "【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2018

【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2

GジェネDSの宇宙世紀ルートのストーリーまとめ
分岐前の序盤はこちら(リンク)
平成ルートはこちら
ライバルルートはこちら

このルートだとリーダーがブライトで、アムロとかカミーユとかジュドーが使える。
所謂王道といえるでしょう。
ということは残り2/3ルートではアムロたちがいない訳で、それで成立するくらいガンダムの世界は広がっているんだなと実感しますね。

宇宙世紀に絞ったところで、結局詰め込みすぎて、細かい設定とか曖昧になっているものもある。

Ds_a

最終的に仲間になるキャラをまとめてみた。
最終的に加入するタイミングなので気を付けて欲しい。
表にしてみると条件で仲間になるキャラが多いと分かる。
ゼロ・カミーユ・シグ・ジュドー・ロラン・ガロード・ディアナがイベントでID変化する。

戦艦は
ラーカイラム
ネェルアーガマ (ヘンケン)
マザーバンガード
エターナル
 
ヘンケンが死んだ場合
アルマイヤー (ディアナ)

21でフィルと交信した場合
ソレイユ (ディアナ2)
ディアナ2はフィルが副官をしている状態のこと
 
ヘンケンが抜けた場合はディアナとポゥが加入できて、カミーユ3にできる。
ヘンケンが抜けてない場合はフィルとポゥが加入できるので人数は多くなる。カミーユ2までの強化で終わる。(エマかプルの死で代用すればカミーユ3になります)

平成ルートの戦艦がソレイユ(アルマイヤー)なので差別化のためにヘンケンにするのも悪くないと思う。
 
 
 
 
【原作成分】
 EX モノアイ
10話 ゼータ
11話 ゼータ
12話 ZZ
13話 ターンA DS
 EX モノアイ エックス
14話 ZZ
15話 ZZ モノアイ
16話 ターンA
17話 ターンA
18話 ターンA
19話 ゼータ モノアイ
 EX モノアイ
20話 シード ZZ
21話 ゼータ ターンA
22話 シード ZZ
23話 DS
24話 DS
SP1~3 逆襲のシャア
SP4~7 クロスボーン

ストーリーはWSCのモノアイガンダムズネオジオンルートに沿っている。なのでダブルゼータ成分が多い。
そこにGジェネDS独自のムーンレィス未来人設定とギレンが作らせたレギオンが絡んで後半にシードが追加されているのがDSの宇宙世紀ルート。

24話のあとにスタッフロールがあって、残りはおまけシナリオなので内容は薄い。逆襲のシャアの後のクロスボーンシナリオは3ルート共通だけど、そのあとにルート別のエンディングがある。

宇宙世紀ルートとはいってもシードはヤキンが最終決戦の場になるくらいに絡んでくる。加入するキラとアスランは明らかに強キャラで、強制加入なのは救済措置として使われている感じがある。

モノアイのストーリーは条件を満たさないとに出ないようになっているにしても、扱いが良くて存在感が大きい。

Vガンの成分は登場人物がウッソとハンゲルグとカテジナ、EDにシャクティが出る。MSはV2のみで戦艦は別ルートにリーンホースJrがいる。空気参戦。いるだけ有難いけど。
 
 
 
 
【戦争の流れ】


エゥーゴ 対 ティターンズ 対 ネオジオン
ミネバを後継者にネオジオン発足
サダラーンでの首脳会談でクルーゼが暗躍
結果的にジャミトフとブレックスが死亡

ネオジオンの地球侵攻
アラスカを攻撃したザフト側が大きな被害を受ける
地球に降下したネオジオンとザフトが同盟を組む
ネオジオンはダカールを占拠するがグレミーが反乱
ダカールはエゥーゴが解放
クワトロの演説もあって連邦議会の支持を得る

ムーンレィスの内乱
ディアナに対してフィルが反乱
ディアナを擁して月の混乱を収拾しに行くエゥーゴ
地球を滅ぼしたというターンXの封印を解いていたアグリッパ
クルーゼは月から黒歴史のデータを持ち出しアグリッパを暗殺

ジェネシスの攻防
クルーゼの得た情報からザフトがジェネシスを完成させる
ジェネシスの被害を受けたティターンズは核で応酬
ティターンズとザフトの戦いにエゥーゴ・ラクス派が介入
ヤキンの防衛についていたグレミー軍とティターンズが壊滅
隙をついてジェネシスを占領していたハマーン軍だったがエゥーゴの攻撃で壊滅
ジェネシスを地球に向けて撃とうとしたパトリックは身内に撃たれて死亡

ラスボス
エゥーゴ勝利の瞬間
ギレンが登場して大量のレギオンとセンチュリオでジェネシスを掌握
エゥーゴは思いの強さでレギオンに勝つ
ギレンは戦死

クリア後
シャアが地球に5thルナを落とす
アクシズ落としは阻止される
木星帝国の核攻撃を事前に阻止 
 
 
 
 
【敵対勢力】
10話 エゥーゴvaティターンズvsネオジオン
12話 デラーズフリートがネオジオンに味方
13話 ミリシャがエゥーゴに味方
14話 エゥーゴ・ミリシャvsティターンズvsハマーン・デラーズフリート・ディアナカウンターvsグレミー・ザフト

15話 デラーズ戦死
16話 敵対勢力にギンガナム軍追加
 ディアナがエゥーゴと行動を共にする
18話 クロスボーンがエゥーゴに味方
20話 グレミー戦死 ラクスがエゥーゴに味方
21話 シロッコ戦死 ギンガナム戦死
22話 ハマーン加入(戦死もある) パトリック死亡
23話 ギレン登場
ロンドベルvsシャアネオジオン
ロンドベルvs木星帝国

 
 

Continue reading "【DS】GジェネレーションDS のストーリーまとめ その2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧