August 17, 2017

細かいとこをコマ送りしつつ見た ガンダム00 (1期)

ガンダムダブルオーが今年10周年と聞いたので全話見返しました。
通しで見るのは4周目くらいか
もともと好きだったけど、そもそもアニメとして出来が良い上に、ガンダムとしても面白い。
TVシリーズでこの完成度なら文句ないですよ。

 
 

2周目以降ということで、謎めいたキャラについて把握した状態で視聴に臨めるのは利点だ。
敵か味方かチームトリニティについては敵も味方もなくアレハンドロに踊らされてただけだし、なんでも知ってる風な国連大使は何者なんだについては野心を持ってしまった 計画を監視する一族にすぎなかった。ラグナに関しても気にするまでもなく消えた小物であった。ワンリューミンも便利な情報屋以上の役割は無かった。緑の髪の子は終始意味深なままでセカンドシーズンまで居なくても同じ。とにかく謎めいたキャラが多くて混乱を招きがち。そのために複数回の視聴に耐えうると言っていいのかもしれない。

で、何回も見てると、もう主要キャラとか気にならなくなる。本質以外の余計なものの方が気になったりする余裕が出てくる。
ガンダムの動きを追う時期はもう終わって、量産機に目が向いてくるようになるわけですが、ダブルオーって敵側のメカにも ちゃんと力を入れてくれてるから見応えがあって良かった。

それとコマ送りしてモニターの文字を読むつもりだったけど、ダブルオーのモニターテキストって文字がボケてることが多くてブルーレイじゃ読めなかった。まあ大体NULLって書いてんだけど。読めるものは全部まじめ文章で、スタッフの落書き系は見つからなかった。
博士号取得者の名前とか、エレベーターに取り残された人のリストとか情報として、わざわざ作られてるんだなって見るのは楽しかった。
 
 

 
01_heli
1話で注目したいのは、ヘリオン宇宙型。しかもテロリスト仕様だとか。
イナクトの前期モデルでレアな宇宙タイプで色が黒くて、MSV心をくすぐられる。
ヘリオンといえば捕獲タイプに陸戦タイプと頭部の形状が違って、どれがどれだか分かりません。19話には黄色のライデンラカラーヘリオンも登場。

02_jnn
これも1話。
絹江という主要キャラの姉が報道局の人間だったことで、ニュース画面がやたら多かったガンダム00。そんなJNNのアナウンサーを女性だけ集めてみた。
同じ人が7話と14話にも登場していた眼鏡の人。

Continue reading "細かいとこをコマ送りしつつ見た ガンダム00 (1期)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2017

電撃ホビー2004~2006 にあるガンダム資料

webという自由な発言場所があると自分の普段から思ってることを軽い気持ちで簡単に発表できてしまう。実は普段から思ってることの大部分が愚痴の類だと気づかなければ、初めは自分が良いと思うものに対しての賛同であったのに、 同じようなリアクションを期待して愚痴を吐くだけになりかねない。
でも自分の中の正義に反するものには厳しく接していたいもんです。

Dscf0820

2004年1月~2006年12月まで、合計35冊を積み上げた。12月と1月で合併号だから35冊。

今は出版からWEBに移行した電撃HOBBYマガジン。
ガンダムの資料目当てに購入したものの、補完するとなると厚いし、紙質が良かったりして重い。特に9月号は夏休み企画でぶ厚い。

雑誌であればガンダム記事だけ切り取ろうと思ったけど、電穂って前半の100ページくらいガンダム関連でまとめてあるんですね。
プラモの作例に始まり、当時発売のガンダムの立体物の紹介。主にコンビニなどで発売される完成済みフィギュアの紹介記事。捨てることもないなと思ってガンダムものを軒並み残して、気になるロボット記事も多いのでそういうのも残しておいたら、期待していたほど厚みは減らず、

Continue reading "電撃ホビー2004~2006 にあるガンダム資料"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2017

久々に見返して、Vガンダムで気になった細かい点2

今振り返ってもVガンダムは正直言って面白かった。
どうしても監督からの否定的な意見を意識してしまうので、手放しに褒めるのがはばかられるけど、ああいうのって当時のサンライズが譲渡された状況から出てくるもので、バンダイから口を出されて嫌々受け入れて作ったものを面白いと言われたら本人は面白くないでしょうから、駄目な部分があると言いたくもなるのでしょう。それでも至って真面目に作られた作品なので、ちゃんと面白い。

 
話数構成
01-10 カミオン編
11-14 ジブラルタル編
15-21 カイラスギリー編
22-27 サイド2編
28・29 マケドニアで捕虜
30-36 地球クリーン作戦編
37-40 休戦中
41-51 エンジェルハイロゥ編

俯瞰してみると主人公の親探しがストーリーの主軸にある。
ジブラルタル編でウッソの父親の名前が出てきて宇宙へ出る動機となる。
カイラスギリー編ではシャクティが密航して勝手に漂流してしまうので探すハメになる。
サイド2編ではシャクティが母親と再会し、バイク戦艦編ではウッソが母と再会する。
そしてAH編で父親と会うことができる。
両親を見つけた後は、残り最終回までシャクティに振り回されることになる。

こうしてブロック毎に主人公の親が絡んでいるのでVガンダムって親探しの旅なんだなと再認識できた。ただ、その物語の着地点に親が不在でスタート地点に帰ってきてるのが旅の収穫が見えないので、話として歪な気もする。

 
 
では細かい点の後半

34b01
34話B
ただの色ミス。
Vガンダムの頭部がお馴染みの色になってる。

 
35
35話前回のおさらい
実は34話本編で使われた時は、もっとぼかしが強かった。
なんでぼかしてたかというと別作品のキャラだからで、色は違うけど
このキャラクターはおそらく「ママは小学4年生」のものだと思う。
監督も一部関わってるやつだ。

 
35b02
35話B
3人分の体重を紐で支えるウッソの指が痛そう。
あとシャクティの足の絡め方がエロいなー。

 
36b01
36話B
ただの作画ミス。
ゾリディアの脚が復活してる。

 
39a03
39話A
ただの塗りミス。
スージィがマルチナカラーになってる。


Continue reading "久々に見返して、Vガンダムで気になった細かい点2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2017

久々に見返して、Vガンダムで気になった細かい点

去年からガンダムシリーズをブルーレイで見返すのがブームっぽいです。
ブルーレイを買った時に全部は見返しませんから、いつか見なきゃいけない使命感は抱えてました。
もうVガンダムを半分まで終えたので、次はターンAかビルドファイターズを見たいとか思ってるけどいいんだろうか。
オルフェンズをまだ1分も見てないから見てみたいのに。

ガンダムゲーム全クリアの方も止まってるからファミコンの続きを終わらせたいし、久々にニコ動にアップする動画も作ってるし、れんザポータブルのレベル上げは半年前から継続して未だに終わらない。オペレーションUCも ほぼまとめ終わってるのに、サバイバルモードをできるだけクリアしようと挑戦している途中で放棄してしまっている。今プレイしているゲームは侍道2。どうしてこうなった。

いろんなことを並行してやるのは無理。新しいのを始めるたびに戻って来なくなってしまう。
 
 

で、本題のVガンダムです。
最低でも5周は見てるんですが、今回気付いたことも結構ありました。

 
(画像なし)
2話Aパートのシャッコーのモニターが結構面白いので読んでみるといい。「ゴッド頼み・オブ・困ったとき」どうこう と、英語とローマ字の日本語が混同したマニュアルが流れる。

02a01
2話Aパート
序盤はマーベットの足の怪我を原因にしてウッソがガンダムに乗る動機付けをしています。その期間は長くて、カミオンで移動している10話ぐらいまで包帯を巻いたり、松葉杖を突いたりしていました。
でも、その怪我の原因を見返すと割と地味だった。傷もそんな深くないように見える。

02b04
これは2話Bパート
ウッソがカテジナに宛てたメール。こんなのは静止しないと読めないし、VHSとかLDで読めたか定かではないが、ウッソのスペルが現在のものと違う。『Uso Ewin』が現在の設定で、ここのは『Uso Ebbing』とある。
あとletterがleller

16a02
16話Aパート
シャクティといえばトラブルメーカーでお馴染みで、ここではリーンホースに密航したことで宇宙を漂流した結果ザンスカールの本国に連れて行かれますね。Vガンの1話の構成は人が死んで欝っていう暗い終わり方が多い。そして割とシャクティのために人が死ぬ。

ここの場面で面白かったのは別の話で、躊躇いなく部屋のロック解除番号を入力して「開いたわ」とか言って自分で驚いてること。クワトロ大尉がグリーンノアのドアをハッキングの機械を使って開けてたのを思い出します。シャクティの勘は異常。


30b01_nt
30話Bパート
この回は半分以上回想シーンで占めてる総集編第2弾です。
絵を流用している訳ですが、尺を縮めるためにセリフも変えてるのが続けてみたので良く分かった。つまり声は全部録り直してるんでしょうね。たしか「いっぱい怖がるんだ」ってところが「戦争は怖いんだ」になってたんじゃないかな。

同じシーンなのに違うセリフ で思い出すのが、これはファーストなんだけど、TV版でキッカが壊した蛇口を直したアムロのセリフ。「もう完全?」と聞かれて、ちゃんと直してもらわないと駄目だと返すところを、劇場版だと「はい」の一言で会話を強制終了させている。とっとと会話を切り上げてやろう感が妙に面白い。

それで、このシーンで気になったのは、白い光が胎内に宿ってNTを授けるという夢を見たって話だけど、そんな設定はこれ限りで全く広げてないのがすごい。富野アニメの作風ってまるで記号的でなくてセオリーとかテンプレートらしいものから外れたがるから、新鮮で好き。
あの現実主義のハンゲルグでさえ信じたくらいだし、ウッソには何かあるんだろうけど、実はウッソはシャアとかアムロの生まれ変わりだったとか勝手にファンが妄想したらいい話だし、身勝手な親が大きすぎる期待を押し付けてるだけとも取れるが、とりあえずウッソはスペシャルなんだなって思った。

話がそれるけどガンダムXのOPでティファが持ってる光の玉はD.O.M.E.ってNT だったね。


32a03
32話Aパート
ファーストと後のGガンにも出演しているダイターン3。これはブルーレイでなくても普通に気付いた記憶がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2017

コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点2 恋人たち

前回の続き
今週は更新が楽でいいなあ

25a06
25話A
食堂のシーンに出てくるモブが妙にキャラ立ってる。
同じ世界のキャラにしては目が大きくて、同じフレーム内のファとどっちがヒロインぽいっかって聞きたい。このシーンには他にも2人女性モブが出てるけど、全員赤系の制服でノースリーブなんだな。

 
25a07
25話A
上とおなじ話。ファがパンツ穿いてなかった。
他の人はタイツ着用なのにファだけはタイツはおろかパンツすら穿かない。
いや、22・28・33話で3回パンチラあるのは知ってるけど。
それと32話のはパンチラともノーパンとも取れなくもない。
42話は黒塗りだったから穿いてなかったかもしれないよね。
なんだ俺は。


Continue reading "コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点2 恋人たち"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 15, 2017

コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点

今まで「ガンダムW」と「Gガンダム」でやってきたシリーズ。
コマと細が掛かってるんですよ。

ブルーレイくらいの画質で一時停止しないと見過ごしてしまうような描写などの脇道に焦点を当てて語りたいと思います。実際はもっと多くの点で言いたいことがあるんだけど、多すぎると画像だらけになって問題なので、そのなかでも特に気になるのをまとめてみました。

「脚なんて飾りです」と言ってる人を見つけては、正確には「あんなの飾りです」だけどねと訂正しちゃうようなマニアックな人向けです。

 
 
【Zガンダムの話数とその内容】
1-4 親
5-7 ライラ
8-9 グラナダ編
10-12 ジャブロー編
13-16 シャトル打ち上げ
17-20 ホンコン
21-23 アポロ作戦
24-31 月周辺のグダグダ
32・33 アクシズ接近
34 レコア回
35・36 キリマンジャロ
37 ダカール
38 レコア回
39 13バンチに寄り道
40-50 グリプスの攻防編

{ストーリーの固まりについて}
Gガンダムの○○編みたいにZガンダムも纏めてみようと思ったのだけど、分かり難さに定評があるZガンダムだけあって纏まりませんでした。

特に24話以降が顕著で、この辺からアーガマが防戦に回ります。主人公側が受動的な立場になると、こうもグダグダになるのかと。劇場版で削られたようにキリマンジャロに行くのも流れ的に偶然でしかないので流れが見えてこないし、その間に挟まれるレコアが敵に回るためだけに存在する戦闘にもストーリーの孤立感がある。ここの固まりが何をやってるか一番分からない。宇宙が舞台だというのも少し関係するだろうな。

40話からは少し早いけど、もう最終決戦が始まっていて、グリプス2ってコロニーレーザーが敵の拠点ってわけでもないから分かり難い。ゼダンの門なんて要塞があるのにアクシズぶつけられてお終いでエゥーゴとは絡まないなんて。

そして、劇中で出て来た敵は最終回には倒されるのが常識的な考えだと思うけど、アクシズは残ったまま放置。ZガンダムってそんなTVシリーズだ。

劇場版の1だけが上手くまとまっていて、すごく分かり易いのも、そうしたストーリーのかたまりが理由だろう。
 
 
 
【以下、気になった画面と説明】

01a07
01話A

コロニー内でのタバコ描写は実はタブーなんだけど、Zの1話に存在した。
タバコ自体が富野ガンダムでは珍しいことではなかろうか。
海外展開を意識するとレギュレーションうんぬん。
それでも実際の喫煙シーンはないからいいじゃなかろうか。

02a03
02話A

リックディアスのコクピット、というか座席。
スイッチの位置が変じゃないですか?このスイッチを使ったのはこの話数限りのはずです。ちなみに このスイッチを押すと・・?

02b01
02話B

カミーユの部屋の機械。と謎のフィギュア。
ちょっと心当たりがありませんけど、あの人型メカは自作なのか、アニメのメカなのか?
中にはマイクらしいものも見当たります。実況放送でもしてるんでしょうかね。
 

Continue reading "コマ送りで見る、Zガンダムで気になった細かい点"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2017

鉄血のオルフェンズの全巻収納ボックス

鉄血のオルフェンズのBD2巻に付いてくる全巻収納ボックスが全巻収納できないということで交換して貰ったら奥と横を間違えていたと分かって笑った。

不具合のある方が 横14.4x縦19.7x奥15.5
交換して貰った方が 横15.7x縦19.6x奥14.4
センチだった。

測り方が適当なのは目を瞑って欲しいが、原因は横幅と奥行きを逆にして作ってしまったからだろうと思いました。
無理に全巻入れきった状態の画像も見つけたけど、実際は幅が約1.3センチ分不足していたわけか。それどうやって取りだすの。

Dscf0813

これが修正版のボックスで、前のものより絵の写りが大きい。
通常のボックスは右端にある三本の溝の三本目まで見えていない。
なんか先週も似たようなこと書いたな。

Rsadbe8_2


でもまあ、2巻のコンテもそうだし、6・7・9巻のオマケが厚くて、ボックスを変えた所で購入時のままで全巻収納できない。一応7巻まで収めたけど、9巻は高さが違うから完全に無理です。同じ意見の人は他にもいるはずだ。

交換の受け付けは今月の31日までだ。もともと期間限定版に付属しているボックスなので、今回の交換分しか流通しないのだろうから交換後のボックスの方が価値があるだろうなと思って交換した。

ただのコレクターだから。
もうすぐ終わるらしいし、そろそろ中身が気になってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2016

Gガンダムで気になった細かい点を幾つか

Gガンダム。先月発売になったブルーレイで改めて見終わったんですけど良い話ですね。
内容はもう何回も見て知ってるんで、画面の細かいところばかり追ってましたが。

ブルーレイ特典としては2巻目のチャップマンとバードマンのシナリオが良かったです。
あの構想はLDの読み物で語られてた様に思いますが、そんな初期の頃から気になっていたものが形となったので念願かなったという感じです。アレンビーのはそんなに。

・Gガンダムの構成は島本作画のコミックで放浪編、新宿編、香港編、決戦編と区切られたが、アニメでの区切りはこんな風になると思う。

キョウジ探し 1-11
新宿編 12-17
ギアナ高地編 18-24
本戦 25-31
ウォンの野望デビルガンダム編 32-40
決勝バトルロイヤル 41-45
デビルコロニー編 46-49

見返す前に思ってたことがあって、2クールまでシャイニングガンダムで3クール目からゴッドガンダムになるはずだけど、ガンダムファイト本戦って2クールも何やってたっけ?って。
最後4話はガンダムファイトじゃないのは分かってる。話数にして21話分も香港にいるのか。
シャッフル同盟の主役回が4話分あるとして、ドモンが17話も毎回戦ってるはずがない。
そもそも対戦相手がそんなにいない。と、見終わった後でも思うんですよね。いったい何やってたんだっけって。それくらい話の内容が簡潔な作品なんだと思う。
 
1話
レインの秘密道具、コンパクトバリア
シャイニングガンダムが煙幕を使用
レインの秘密道具、リップスティック型遠隔操作機

01b02
Gガン序盤のレインは生身のドモンに対して、いろんな道具でサポートをすることが多くありました。ドモンと一緒に戦う もう一人の戦士って感じがありましたね。

2話
昔はファイティングスーツじゃなかった説
スカッドガンダムは最終回にも出る
レインの秘密道具、スタンライフル

02a02_c

このファイターの姿をご覧ください。まさしくU.C.123年頃のパイロットスーツではありませんか。つまりガンダムファイトでモビルトレースシステムが採用されたのは途中からだったんですね。適当言ってるけど。


Continue reading "Gガンダムで気になった細かい点を幾つか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2016

機動戦士ガンダム 鉄○隠ぺいの歴史

サプライズプレゼントやりたがる人って思慮に欠けてる感が多いって思ってる。
相手のこと思ってるつもりで相手のスケジュールは無視してる訳だし
月並みな言葉で善意の押しつけだといえる。
人は誤解されると苛立つからサプライズにあたって事前に情報収集するのは最低限必要でしょう。更に、それに対して身構える準備は与えなければいけないと思う。つまりサプライズがあるということを教えても良いと思う。知っていても聞かされた方は十分楽しめるはずだし。
そして、期待を上回るプレゼントが出来てはじめてサプライズ成功というのが受け手にとって理想的な形なんじゃないかって思う。


 
 
 
 
リマスターで鮮明になっている「機動戦士ガンダム」の映像で汚いままの部分はどこでしょう?

という質問にどれだけの人が、この場面を挙げてくれるだろうか。
実際に聞いたことが無いので分かりませんが、私の中の解答としてはこの場面しかありえません。

Kameo

この場面は最終回43話の始めの方で、ジオングを見失ってから再戦するまでの間の戦闘シーンです。
鉄人28号らしいメカが後ろを通り過ぎていくので、ここをクリアにするわけにはいかなかったのでしょう。それで、ここだけ変に汚いままなのです。

なんと同じ場面が劇場版にも使われたため、両方に渡って修正が必要な問題が発生している。せっかく劇場用にする時に修正できたのに何故スルーしたのか、もしくは気付かなかっただけなのか分かりません。この場面についての富野監督のコメントは聞いたことが無いはずだ。

鉄人28号らしいメカが出てくるのは43話だけではありません。
35話でジムに紛れる形で初めて出て来て、42話にもそれと同じ絵が使われた上に、それとは別のカットでも別の鉄人らしいメカがいるので、合計4回も画面に映っています。
その中で修正を受けたのはこのカットだけ。ジムに紛れてもいないし、ここまでやってしまうとアウトという判断になるんですね。

ダイターンとライディーンもいるぞ と言いたそうな人が目に浮かびます。
幸いそれらは日本サンライズアニメキャラなわけで。

そういえば「映像が公式」という言葉が迷走して独り歩きしてる感あるけど、未だ拘ってる人は この辺の遊びをどう捉えるんだろう。
 
 
本題はここからになりまして、リマスター前の映像は修正されてないからLDだと、まあまあ綺麗に見れるんだよ、と。劇場版の比較研究の成果を是非見て下さい。私の投資と努力が無駄にならないでください。

01_b

「大きめの画像」をダウンロード



Continue reading "機動戦士ガンダム 鉄○隠ぺいの歴史"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2016

ガンダムWで気になった細かい点を幾つか

一時停止しないと見逃すような細かい画像を挙げていく。
ガンダムWのトリビア

 
ひとつめ
02a01

2話より
連合軍カラーのキャンサーは青緑色。
そして大きな違いはハサミが無いこと。
2話限定のこの機種は連合軍機というよりは初期生産型と予測できる。

Continue reading "ガンダムWで気になった細かい点を幾つか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧